相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数4482件 716~720件目を表示

2017年01月05日4日 海外貴金属相場

【4日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1165.30ドル(+3.30ドル)

銀:1655.20セント(+14.30セント)

パラジウム:738.80ドル(+28.90ドル)

プラチナ:947.20ドル(+3.00ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2017年01月03日【12月29日-1月3日】海外貴金属相場

【1月3日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1162.00ドル(+10.30ドル)

銀:1640.90セント(+42.00セント)

パラジウム:709.90ドル(+26.65ドル)

プラチナ:944.20ドル(+38.50ドル)



【12月30日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1151.70ドル(-6.40ドル)

銀:1598.90セント(-22.90セント)

パラジウム:683.25ドル(+7.60ドル)

プラチナ:905.70ドル(+3.30ドル)



【12月29日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1158.10ドル(+17.20ドル)

銀:1621.80セント(+18.00セント)

パラジウム:675.65ドル(+8.80ドル)

プラチナ:902.40ドル(+0.20ドル)


本日は冬季休業の為、通常業務は行っておりません。お休み中に頂きました各お問い合わせは、連休明け1月5日(木)に順次ご対応させて頂きます。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2016年12月29日年末年始の地金相場更新に関するお知らせ

2016年の地金相場更新は12月27日(火)までとなり、翌年は1月5日(木)より更新再開となります。

■更新終了:2016年12月27日(火)
■更新再開:2017年 1月 5日(木)午前10時頃更新


2016年も残り僅かとなりました。本年中のご愛顧に社員一同心より御礼申し上げますと共に、明くる年も変わらぬお付き合い・御取引きを賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

尚、誠に勝手ながら弊社では12月30日(金)~1月4日(水)迄を年末年始休業とさせて頂きます。皆様にはご不便をお掛けしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2016年12月29日NY貴金属は薄商いの中、売り買いまちまちの展開に↑↓金は3日続伸し、パラジウムは反落。

【金相場】28日のNY金相場は、年末を前に市場参加者が少なく商いが細る中、ドル安による割安感や米国株の下落を受けた買いが入り上伸。中心限月の2月限は1トロイオンス1140.90ドル(+2.10ドル)と、3営業日続伸して取引きを終了。この日の金相場は、年末を控え市場参加者も少く閑散商いとなる中、序盤はドル高や、原油相場の堅調さを受け、米国株も上昇スタートしたことを受けて売りが先行した。しかし、その後、米国株が利益確定売りに押されて反転下落。また、米国の11月中古住宅販売成約指数が予想外かつ大幅に落ち込み低調な内容となった事から、外為市場ではドル売り・ユーロ買いに反転し、金商品は割安感から買い戻される展開となった。



【パラジウム相場】28日のNYパラジウム相場は、年末を控え薄商いとなる中、前日の大幅高に対する利益確定売りや、米国株の軟調さが重しなり反落。中心限月の3月限は1トロイオンス666.85ドル(-6.95ドル)と、この日はマイナス圏で取引きを終了。この日のパラジウムは、買いが優った前日相場の流れを引き継ぎ、序盤は買いが先行した。一方、年末を前に市場参加者が少なく商いは全体的に閑散とする中、発表された米国経済指標(11月中古住宅販売成約指数)が低調な内容となった事や、米国株の下落が意識されたほか、持ち高調整売りも圧迫要因となり、次第にマイナス圏に反転した。


13:10現在の金相場は1トロイオンス1151.80ドル、パラジウムは675.15ドル、為替は1$116円63銭前後の値動きで推移。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2016年12月29日28日 海外貴金属相場

【28日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1140.90ドル(+2.10ドル)

銀:1603.80セント(+4.90セント)

パラジウム:666.85ドル(-6.95ドル)

プラチナ:899.60ドル(-4.50ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4482件 716~720件目を表示