相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数4535件 3321~3325件目を表示

2015年01月05日年明け2日の海外貴金属相場

【金相場】年明け2日のNY金相場は反発。中心限月の2月限は1トロイオンス1186.20ドル(+2.10ドル)と、小幅に値を上げて取引を終了。この日の金相場は前日の値を下げた事による反動買いや、発表された米の経済指標(12月ISM製造業景況指数)が低調な内容となった事から、金は買いが優勢の展開で推移。また、株式相場が軟調に推移した事も、金を買う動きにつながり小幅ながら反発して週末の取引を終えた。




【パラジウム相場】年明け2日のNYパラジウム相場は続落。中心限月の3月限は1トロイオンス794.85ドル(-3.55ドル)と、4営業日続落して取引を終了。この日の貴金属市場は売り買いまちまちの値動きとなり、パラジウムは値を下げた前日相場の流れから軟調に推移。途中、最近の下落を受けた安値反動から買いが入った事で一時800ドルを越える場面もあったが、米の経済指標の12月ISM製造業景況指数が市場予想、前回値を共に下回った事を受けて相場は反転。そのまま売りが優勢の展開に相場を戻し、マイナス圏で週末の取引を終えた。




《12月26日~1月2日の海外貴金属相場》

【12月26日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1195.30ドル(+21.80ドル)

銀:1614.70セント(+43.70セント)

パラジウム:818.60ドル(+10.80ドル)

プラチナ:1218.50ドル(+27.40ドル)




【12月29日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1181.90ドル(-13.40ドル)

銀:1577.90セント(-36.80セント)

パラジウム:812.00ドル(-6.60ドル)

プラチナ:1201.70ドル(-16.80ドル)




【12月30日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1200.40ドル(+18.50ドル)

銀:1627.60セント(+49.70セント)

パラジウム:804.20ドル(-7.80ドル)

プラチナ:1218.10ドル(+16.40ドル)




【12月31日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1184.10ドル(-16.30ドル)

銀:1559.90セント(-67.70セント)

パラジウム:798.40ドル(-5.80ドル)

プラチナ:1208.90ドル(-9.20ドル)




【1月2日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1186.20ドル(+2.10ドル)

銀:1576.80セント(+16.90セント)

パラジウム:794.85ドル(-3.55ドル)

プラチナ:1203.00ドル(-5.90ドル)


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。12:30現在の金相場は1トロイオンス1193.15ドル、パラジウムは799.85ドル、為替は1$120円50銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年01月05日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,907円(+27円)、パラジウム3,267円(-76円)、銀64.91円(-0.22円)、プラチナ4,970円(+32円)と、国内貴金属はまちまち。金は続伸し、昨年22日相場ぶりの高値へ上伸。パラジウムは値を下げ直近高値圏から反落し、銀も軟調に推移。プラチナは上伸し、先月15日相場以来およそ3週間ぶりの高値をつけました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年01月05日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取り価格35,000円(-300円)、その他の歯科用12%金パラの買取り価格は34,600円(-300円)、開封品の金パラジウム買取り価格が1,091円(-10円)と、本日地金の金は上伸したものの、パラジウムが値を下げた事を受けて、歯科用金パラも反落しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年12月26日歯科用12%金パラ-2014年の価格動向

本日地金が揃って値を上げた事から、歯科用金パラも反発。GCキャストウェルM.C.の買取り価格は35,300円/個、その他の12%金パラの買取り価格は34,900円/個(共に前日比+100円)。

本日までの12月の金パラ相場(キャストウェルベース)は、最高値35,650円/個(8日・10日相場)、最安値34,350円/個(17日相場)、平均価格35,134円/個。米日両国の政策方針の違いから円安・ドル高が加速し、為替要因から国内貴金属はここ最近高騰を続けており、下値は堅く下げ辛い相場展開が続いております。

世界情勢や為替要因から、国内地金が高騰した事により歯科用12%金パラも年初来から価格水準を一段切り上げ上昇。月毎の平均でみると前月を下回ったのは10月相場のみとなっており、年間を通しては4月の消費税率改定や、需給の締まりを受けたパラジウムの高騰、11月以降は円安要因が重なり連日で高値を記録するなど、過去最高値水準で推移。また、年初来から本日までに1個当たり+6400円と、率ではおよそ18%の上昇となりました。

【2014年 金パラ月別価格動向】※キャストウェルベース

(1月)
最高値:29,750円(1/20相場)
最安値:28,600円(1/31相場)
平均価格:29,382円
※前月比:1個+324円(+1.1%)
※前年比:1個+1071円(+3.6%)


(2月)
最高値:30,200円(2/25相場)
最安値:28,250円(2/4相場)
平均価格:29,413円
※前月比:1個+31円(+0.1%)
※前年比:1個-340円(-1.1%)


(3月)
最高値:31,200円(3/7相場)
最安値:30,100円(3/3相場)
平均価格:30,753円
※前月比:1個+1,340円(+4.3%)
※前年比:1個+882円(+2.8%)


(4月)
最高値:31,900円(4/15相場)
最安値:31,150円(4/1相場)
平均価格:31,583円
※前月比:1個+830円(+2.6%)
※前年比:1個+2796円(+8.8%)


(5月)
最高値:32,250円(5/27相場)
最安値:31,500円(5/9相場)
平均価格:31,888円
※前月比:1個+305円(+0.9%)
※前年比:1個+2788円(+8.7%)


(6月)
最高値:32,600円(6/30相場)
最安値:31,800円(6/2相場)
平均価格:32,202円
※前月比:1個+314円(+0.9%)
※前年比:1個+4823円(+14.9%)


(7月)
最高値:33,700円(7/31相場)
最安値:32,750円(7/1相場)
平均価格:33,248円
※前月比:1個+1,046円(+3.1%)
※前年比:1個+6153円(+18.5%)


(8月)
最高値:34,200円(8/29相場)
最安値:32,950円(8/6相場)
平均価格:33,619円
※前月比:1個+371円(+1.1%)
※前年比:1個+5901円(+17.5%)


(9月)
最高値:34,550円(9/2相場)
最安値:33,100円(9/29相場)
平均価格:33,853円
※前月比:1個+234円(+0.7%)
※前年比:1個+6140円(+18.1%)


(10月)
最高値:33,100円(10/9相場)
最安値:32,000円(10/17相場)
平均価格:32,670円
※前月比:1個-1183円(-3.4%)
※前年比:1個+5546円(+16.9%)


(11月)
最高値:34,950円(11/28相場)
最安値:33,100円(11/6相場)
平均価格:34,033円
※前月比:1個+1,363円(+4%)
※前年比:1個+5218円(+15.3%)


(12月)
最高値:35,650円(12/8・10日相場)
最安値:34,550円(12/1相場)
平均価格:35,134円
※前月比:1個+1,101円(+3.2%)
※前年比:1個+6076円(+17.3%)


(2014年の金パラ相場価格推移)
年間最高値:35,650円(12/8・10日相場)
年間最安値:28,250円(2/4相場)
年間平均価格:32,309円 
※前年比:1個+3913円(+12.1%)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年12月26日国内パラジウム相場-2014年価格動向

25日のNYパラジウム相場はクリスマス休暇の為、休場。


国内のパラジウム相場は為替要因から反発。買取では1gあたり3,343円(+17円)と昨日の下げ幅を戻し、再び年初来高値水準まで上昇しました。

3月以降、ウクライナ情勢の悪化を受け需供逼迫の警戒感から高騰を始めたパラジウムは国内相場では9月2日に直近高値を上抜き、2001年3月19日相場以来およそ13年5カ月ぶりの高値を更新。その後、ウクライナ・親ロシア派間で休戦協定が締結された事により過度な供給懸念が緩和されたほか、中国・欧州圏の経済成長が鈍化した事から、世界経済の先行き不安が台頭した事により10月に入りパラジウムは2月以降では初めてマイナス圏に軟化するなど上昇基調が一服。17日には4月ぶりの価格水準まで値を下げるなど調整されましたが、10月末より円安要因から再び相場は急伸。12月に入っては連日で高値を上抜き、24日には再び年初来高値を更新し2001年2月23日相場以来およそ13年10カ月ぶりの高値を記録しました。今年は需供逼迫の要因に加え、年後半からは円安が一段と進行した事が重なり国内のパラジウムは高騰。年初来から本日までには1gあたり+928円(+27.7%)と、年間を通して一段高の価格水準で推移しました。

(1月)
最高値:2,588円(1/20相場)
最安値:2,405円(1/31相場)
平均価格:2,533円
※前月比:gあたり+118円(+4.6%)
※前年比:gあたり+432円(+17%)


(2月)
最高値:2,520円(2/26相場)
最安値:2,352円(2/3相場)
平均価格:2,457円
※前月比:gあたり-76円(-3%)
※前年比:gあたり+140円(+5.7%)


(3月)
最高値:2,699円(3/24相場)
最安値:2,510円(3/3相場)
平均価格:2,627円
※前月比:gあたり+170円(+6.4%)
※前年比:gあたり+262円(+9.9%)


(4月)
最高値:2,824円(4/28相場)
最安値:2,695円(4/8相場)
平均価格:2,767円
※前月比:gあたり+140円(+5%)
※前年比:gあたり+485円(+17.5%)


(5月)
最高値:2,916円(5/29相場)
最安値:2,781円(5/8相場)
平均価格:2,852円
※前月比:gあたり+85円(+3%)
※前年比:gあたり+446円(+15.6%)


(6月)
最高値:3,002円(6/12相場)
最安値:2,835円(6/17相場)
平均価格:2,911円
※前月比:gあたり+59円(+2%)
※前年比:gあたり+599円(+20.5%)


(7月)
最高値:3,100円(7/31相場)
最安値:2,927円(7/1相場)
平均価格:3,029円
※前月比:gあたり+118円(+3.9%)
※前年比:gあたり+671円(+22.1%)


(8月)
最高値:3,186円(8/29相場)
最安値:2,970円(8/6相場)
平均価格:3,086円
※前月比:gあたり+57円(+1.8%)
※前年比:gあたり+694円(+22.4%)


(9月)
最高値:3,245円(9/2相場)
最安値:2,932円(9/29相場)
平均価格:3,105円
※前月比:gあたり+19円(+0.6%)
※前年比:gあたり+787円(+25.3%)


(10月)
最高値:2,965円(10/9相場)
最安値:2,727円(10/17相場)
平均価格:2,865円
※前月比:gあたり-240円(-7.7%)
※前年比:gあたり+517円(+18%)


(11月)
最高値:3,229円(11/28相場)
最安値:2,965円(11/7相場)
平均価格:3,078円
※前月比:gあたり+213円(+7%)
※前年比:gあたり+649円(+21%)


(12月)
最高値:3,343円(12/24・26相場)
最安値:3,132円(12/17相場)
平均価格:3,260円
※前月比:gあたり+182円(+5.9%)
※前年比:gあたり+815円(+25%)


(2014年 パラジウム相場価格推移)
年間最高値:3,343円(12/26相場)
年間最安値:2,352円(2/4相場)
年間平均価格:2,880円/g

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4535件 3321~3325件目を表示