相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数4257件 1811~1815件目を表示

2015年12月07日一段高となった週末の海外相場を映して、国内金相場はおよそ3週間ぶりの高値に回復↑

週末4日のNY金相場は、米雇用情勢の改善を受けて月内の利上げ観測が強まったにも関わらず買い戻しが殺到し大幅続伸。中心限月の2月限は1トロイオンス1084.10ドル(+22.90ドル)と、中心終値では11月11日相場(1084.90ドル)以来およそ3週間ぶりの高値を付けて取引を終了。朝方発表された米の11月雇用統計で、非農業部門雇用者数が予想を上回る増加となったことを受けて、連邦準備理事会(FRB)の今月利上げは確実との見方かが強まった。もっとも、外国為替市場ではユーロなど主要通貨に対するドル買いが限定的となったため、ドルの代替資産とされる金は持ち高調整を目的とした買いが入ったほか、足元では米の利上げが近づいている事を背景に相場が水準を切り下げていたことも、目先の戻りを見込んだ買いを誘い急速に上げ幅を拡大した。また、市場では12月利上げを既に織り込んでいる感があり、利上げ開始後は緩やかなペースになるとの見方も上値追いの材料となり、この日はおよそ3週間ぶりの高値となった。中心2月限の値動きは、高値1088.30ドル、安値1057.20ドル、終値1084.10ドル。

今週5営業日の金相場は、引き続き米の早期利上げを意識され2日にはおよそ5年10ヶ月ぶりの安値に沈むも、週末にかけて買い戻しが殺到し急上昇。ここ最近の安値水準から切り返し、先月11日相場(1084.90ドル)以来およそ3週間ぶりの高値に戻す展開となった。週末終値(1084.10ドル)では、前週末終値(27日相場1056.20ドル)に対して、1トロイオンス+27.90ドル(+2.5%)と、7週ぶりにプラスで越週。また、5営業日の平均相場は1065.58ドルとなり、5日間の値動きは以下の通り。

《NY金相場 週間の値動き(11月30日~12月04日)

11/30   1065.30ドル (+9.10ドル)

12/01   1063.50ドル (-1.80ドル)

12/02   1053.80ドル (-9.70ドル)

12/03   1061.20ドル (+7.40ドル)

12/04   1084.10ドル (+22.90ドル)

※前週末27日相場比:1トロイオンス+27.90ドル(+2.5%)

5営業日の金平均価格:1トロイオンス1065.58ドル





国内の金相場は、大幅高となった週末の海外相場や、円安要因から大きく上伸。買取ベースでは1gあたり4,595円(+100円)と、ここ最近の安値から急速に切り返し、11月17日相場以来およそ3週間ぶりの高値に値戻しました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

12/07   4595円 (+100円) ※最高値

12/04   4495円 (+24円)

12/03   4471円 (-59円) ※最安値

12/02   4530円 (+4円)

12/01   4526円 (+47円)

11/30   4479円(-56円)

11/27   4535円 (±0円)

11/26   4535円 (-1円)

11/25   4536円 (+10円)

11/24   4526円 (-55円)

直近10日間の金相場平均価格:4523円/g


11:00現在の金相場は1トロイオンス1087.10ドル、為替は1$123円26銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年12月07日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取り価格29,550円(+850円)、その他の12%金パラの買取り価格は29,250円(+850円)、開封品の金パラジウム買取り価格が911円(+28円)と、本日地金が軒並み大幅高となり、それぞれおよそ1ヶ月ぶりの高値圏に値戻した事から、12%金パラも大きく上伸。11月12日相場以来(およそ1ヶ月ぶり)の高値を付け、ここ最近の安値推移から切り返す展開となりました。

現在、日相場の価格変動が非常に激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年12月07日本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,595円(+100円)、パラジウム2,354円(+91円)、銀61.13円(+1.94円)、プラチナ3,737円(+133円)と、国内貴金属は大幅高となった週末のNY市場を映して総じて一段高へ。金はここ最近では最大の上げ幅を示し、11月17日相場以来およそ3週間ぶりの高値となったほか、銀はおよそ1ヶ月ぶり(11月10日相場来)の高値に値戻しました、また、白金族もそれぞれ上げ幅を拡大し続伸。パラジウム・プラチナ共に11月12日相場来(およそ1ヶ月ぶり)の高値となるなど、最近の安値圏から切り返す展開となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年12月05日週末4日 海外貴金属相場

【4日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1084.10ドル(+22.90ドル)

銀:1452.80セント(+45.10セント)

パラジウム:566.85ドル(+30.05ドル)

プラチナ:880.60ドル(+33.10ドル)

本日は当社定休日の為、通常業務は行っておりません。お休み中に頂きました各お問い合わせは、週明け月曜日に順次ご対応させて頂きます。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年12月04日18:00現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1061.60ドル、パラジウムは538.95ドル、為替は1$122円83銭前後の値動きで推移しております。

明日土曜日は当社定休日の為、休業となります。また今夜は米の雇用統計発表が控えており、内容によっては貴金属・為替相場共に大きく値動く場合が御座いますので、週明けの相場動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4257件 1811~1815件目を表示