相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数4254件 4021~4025件目を表示

2014年04月08日18:00 現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金は1トロイオンス1311.85ドル、パラジウムは776.10ドル、為替は1$102円61銭前後と、金は1310ドルを挟んだ展開で堅調に推移。為替は円高・ドル安傾向の値動きとなっております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年04月08日為替が円高に推移した事もあり、国内の金・パラジウムは本日反落↓

週明け7日のNY金相場は、先週末に急伸した反動から値動きは乏しいながらも、利益確定売りが出た事で小反落。中心月の6限月は1トロイオンス1298.30ドル(前営業日-5.20ドル)で取引を終了。7日は中国が清明節に伴い休場だった事で、金の実需買いも少なく狭いレンジ内での取引となり、閑散な商いにつながった模様。一方ウクライナ情勢への懸念もくすぶっており、ウクライナ東部ドネツクで州庁舎を占拠していた親ロシア派のデモ隊が、ドネツク人民共和国の樹立を宣言し、5月11日までに共和国創設の是非を問う住民投票を実施するとのニュースが伝わる中、米の恐怖指数(VIX)は15.57(+11.53%)と上昇し、リスク回避の動きが高まっている模様。

国内の金も本日為替が円高に推移した事もあり反落。買取ベースでは1g4,586円(-40円)と、昨日の上昇分を消した形に。直近10日間の平均は4,543円となっております。

NYパラジウムは直近の高値反動から7営業日ぶりに急反落。中心物の6限月は1トロイオンス767.65ドル(-23.10ドル)と、前営業日-2.9%値を下げ取引を終了。儒供バランスの懸念から790ドルを超えるなど、値を伸ばし高騰していたパラジウムは、高値警戒感から利益確定売りが進んだ事で値を下げた形に。

国内のパラジウムも為替が円高に振れた事もあり続落。買取では2,695円と、前日比-86円の大幅安となっており、4月に入って初めて2,700円を割りました。直近10日間のパラジウムの値動きは、最高値2,786(4/3)、最安値2,583(3/28)、平均では2,707円。

現在、地金相場は地政学リスクや、世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。12:00現在の金は1トロイオンス1300.10ドル、パラジウムは770.45ドル、為替は1$102円95銭前後の値動きで推移しております。 

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年04月08日歯科用12%金パラ-価格相場推移

本日国内の金・銀・パラジウム地金が揃って値を下げた事で、歯科用金パラは1個あたり-500円と反落。GCキャストウェルM.C.の買取り価格は31,250円/個、その他の12%金パラの買取り価格は30,850円/個(共に前日比-500円)。

パラジウムが直近で高値水準で推移していた事による反動から、利益確定売りが進んだ事や、金も本日値を下げた事で、歯科用12%金パラ(キャストウェル)も前日比-1.5%の大幅安となりました。直近10日間の金パラの値動きは、最高値31,750円(4/7)、最安値30,100円(3/28)、平均では31,070円となっております。

現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、相場が大幅に値動く場合が御座います。為替相場との兼ね合いからも日相場の価格変動が非常に激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年04月08日地金流通協会発表-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金4,586円(-40円)、パラジウム2,695円(-86円)、銀70.10円 (-0.32円)、プラチナ5,028円(-88円)と、本日地金は揃って値を下げ、金は再び4,500円台へ。パラジウムも続落し、4月では初めて2,700円を割っております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年04月08日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取り価格31,250円(-500円)、その他の歯科用12%金パラの買取り価格は30,850円(-500円、開封品の金パラジウム買取り価格が958円-17円)と、本日国内の貴金属地金が揃って値を下げた事で、歯科用金パラも1個あたり-500円と反落となりました↓

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4254件 4021~4025件目を表示