相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数4541件 3986~3990件目を表示

2014年07月11日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,654円(+19円)、パラジウム3,024円(-11円)、銀74.22円(+0.98円)、プラチナ5,246円(+1円)と、金は2日続伸し3月18日相場(4,662円/g)以来およそ4ヶ月ぶりの高値を更新。銀も高く2月25日相場(74.34円/g)以来の高値となり、同月ぶりの74円台へ上伸。パラジウムは為替がドル安・円高に推移した事で反落。プラチナはほぼ横ばいながら小幅に続伸し、昨日に続き再び昨年2月20日相場以来の高値となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年07月11日歯科用12%金パラが3日続伸↑昨日つけた高値を上抜き、連日過去最高値を更新。

GC キャストウェル M.C.の買取り価格33,350円(+50円)、その他の歯科用12%金パラの買取り価格は32,950円(+50円)、開封品の金パラジウム買取り価格が1,024円(+1円)と、本日地金のパラジウムは為替との兼ね合いから反落したものの、金・銀が値を上げ続伸した事で、歯科用金パラも3日続伸。昨日つけた金パラ高値を上抜き、本日も最高値を更新。地金の金・銀・パラジウムが高値圏で推移している事で、連日で過去最高値を更新中。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年07月10日18:00 現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1330.90ドル、パラジウムは874.45ドル、為替は1$101円40銭前後と、為替は円高・ドル安傾向の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年07月10日国内金が5営業日ぶりに反発↑直近高値を上抜き、およそ3ヶ月ぶりの高値へ。

《金相場》9日のNY金相場は、最近の安値反動から買われ4営業日ぶりに反発。中心の8限月は1トロイオンス1324.30ドル(+7.80ドル)で取引きを終了。前3営業日に続落し、軟調に推移していた事で安値拾いの買いが入ったほか、外為市場でドル安・ユーロ高が進み、ドル建ての金相場に割安感が生じた事が金への強材料となり、4営業日ぶりにプラス圏に転じこの日取引きを終了した。また、依然として地政学リスクが強く意識されており、安全資産として金を求める動きも相場を支えた要因に。
この日の午後(取引き時間外)に、米連邦準備理事会(FRB)が6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を発表。発表内容を受け市場では、「早期利上げの観測が後退した」との受け止めが多く、金市場への資金流入が続くとの期待感の強まりから、一時1333.40ドルまで上昇する場面もあった。

国内の金相場も海外相場がプラスに転じた流れを受け反発。買取ベースでは1gあたり4,635円(+34円)と、5営業日ぶりに値を上げ直近高値(7月3日相場:4,633円)を上抜き、4月15日相場以来およそ3ヶ月ぶりの高値をつけました。

 

《パラジウム相場》9日のNYパラジウム相場は、12営業日ぶりに値を下げ小反落。中心限月の9月物は1トロイオンス872.70ドル(-0.20ドル)と、小幅ながら値を下げ12営業日ぶりにマイナス圏で取引きを終了。この日は取引き材料も乏しく、レンジ内での値動きとなった中、ここ最近の連続高から利益確定を目的とした売りが出やすかった事で、パラジウムは値を下げた形に。ただ、中国の今年上半期の自動車販売数が前年同期比で11.2%増加し、年間では史上最高に達するとの見方から、儒供逼迫を意識した買いが入った事で下値は抑えられ、ほぼ横ばい圏となった。

国内のパラジウムは前日比変わらずの横ばい。買取では3,035円(±0円)と、昨日つけた2001年4月3日相場以来およそ13年3ヶ月ぶりの高値で高止まりとなっております。


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:20現在の金は1トロイオンス1329.90ドル、パラジウムは875.55ドル、為替は1$101円51銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年07月10日歯科用12%金パラが続伸↑地金高騰を背景に、本日再び過去最高値を記録。

本日地金のパラジウムは横ばいとなったものの、金・銀が反発し直近高値圏まで上伸した事を受け、歯科用金パラは続伸。GCキャストウェルM.C.の買取り価格は33,300円/個、その他の12%金パラの買取り価格は32,900円/個(共に前日比+100円)。

海外の金相場が反発した事を受け、国内でも5営業日ぶりに反発。最近つけた直近高値(7月3日相場:4,633円)を上抜いて、およそ3ヶ月ぶりの高値圏まで値を上げた事で、金パラも昨日までの高値を再び更新し、過去最高値をつけました。年初来より毎月高値を更新し、価格水準を切り上げている金パラは、昨年末の営業日比でみると本日までに1個あたり+4,400円(+13.2%)の上昇。更に、7月に入ってからも一段高で推移しており、先月末比でみると本日までの8営業日で1個あたり+700円(+2.1%)となっております。

【2014年 1月-7月現在の金パラ平均価格推移(当社キャストウェル買取ベース)】

1月平均価格:29,382円 (前月平均比+324円)+1.1%

2月平均価格:29,413円 (前月平均比+31円)+0.1%

3月平均価格:30,753円 (前月平均比+1,340円)+4.3%

4月平均価格:31,583円 (前月平均比+830円)+2.6%

5月平均価格:31,888円 (前月平均比+305円)+0.9%

6月平均価格:32,202円 (前月平均比+314円)+0.9%

7月現在までの平均価格:33,088円 (前月平均比+886円)+2.6%

2014年 1月-7月現在までの平均価格:31,187円/個 ※キャストウェル

現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、相場が大幅に値動く場合が御座います。為替相場との兼ね合いからも日相場の価格変動が非常に激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4541件 3986~3990件目を表示