相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数4361件 3101~3105件目を表示

2015年01月19日国内金相場は急伸↑直近高値を上抜いて2013年4月相場以来およそ1年9か月ぶりの高値へ。

【金相場】週末16日のNY金相場は続伸。中心限月の2月限は1トロイオンス1276.90ドル(+12.10ドル)と、6営業日続伸し昨年8月末相場以来およそ4ヶ月半ぶりの高値で取引きを終了。この日の金相場は、リスク回避姿勢の高まりから大幅高を付けた前日相場の流れを引き継ぎ序盤から堅調に推移。また、朝方発表された米の経済指標(12月消費者物価指数)が予想外に下振れたほか、鉱工業生産も低調な内容となった事も相場の支援材料となり、一時1280ドル超まで上げ幅を拡大する場面もあった。その後、外為市場ではドルがユーロに対して上昇したが、旧正月を控えた実需筋の買いも手伝って金買い優勢の流れは変わらず高値圏を維持して週末の取引きを終えた。世界経済不安の台頭から安全資産として金は買い進められ週間では一段高を記録。週末や祝日(キング牧師誕生日)など連休を前にした持ち高調整からも買われ6営業日続伸と、昨年6月(18日~25日相場)以降では最長の連続高となった。

今週5営業日の金相場は、リスク回避姿勢の高まりを背景に全日プラス圏で推移。週末(16日)のNY金相場は、前週末(9日)終値比 1トロイオンス+60.80ドル(+4.8%)と、3週連続で前週比プラスで越週。5営業日の値動きは以下の通り。

《NY金相場 先週の値動き(12日~16日)》

01/12   1232.80ドル (+16.70ドル)

01/13   1234.40ドル (+1.60ドル)

01/14   1234.50ドル (+0.10ドル)

01/15   1264.80ドル (+30.30ドル)

01/16   1276.90ドル (+12.10ドル)
※前週末比:1トロイオンス+60.80ドル(+4.8%)

(5営業日の金平均価格:1トロイオンス1248.68ドル)


国内の金相場は海外相場高や、為替が円安に振れた事を映して大幅続伸。買取ベースでは1gあたり5,164円(+125円)と直近高値を上抜き、2013年4月12日相場以来およそ1年9か月ぶりの高値を更新しました。




【パラジウム相場】週末16日のNYパラジウム相場は続落。中心限月の3月限は1トロイオンス754.30ドル(-12.05ドル)と、3営業日続落して取り引きを終了。この日も前日相場同様に貴金属市場はパラジウムを除いて堅調に推移。パラジウムは前日のスイスフランショックを背景に為替市場が混乱した事や、欧州経済のリセッション懸念、このほか世界経済全体の先行き不安の強まりを受け序盤から軟調に推移。また、この日発表された米の経済指標の1つ、12月鉱工業生産が低調な内容となった事も嫌気され、一時750ドルを割り込むなど下げ幅を拡大した。その後、金・プラチナが上伸した事や、株式相場が堅調に推移した事もあって引けにかけては再び買い戻されるも、結局終値では年初来安値をつけ11月6日相場以来およそ2ヶ月半ぶりの安値水準に調整されて週末の取引きを終えた。

週間5営業日では値を上げた日が2日(12日・13日)、下げた日が3日(14日・15日・16日)と週前半は買いが優勢となり13日には直近高値(昨年12月26日相場来)を上抜いたものの、中盤から週末にかけて相場は一転し売りが加速。週末終値(16日:754.30ドル)では、前週末終値(9日:800.15ドル)に対して1トロイオンス-45.85ドル(-5.7%)とマイナスで越週。5営業日のパラジウム平均価格は1トロイオンス786.21ドルと、前週平均795.86ドルに対して-9.65ドル(-1.2%)となり、週間の値動きは以下の通り。

《NYパラジウム相場 先週の値動き(12日~16日)》

01/12   814.10ドル  (+13.95ドル)

01/13   815.70ドル  (+1.60ドル)

01/14   780.65ドル  (-35.05ドル)

01/15   766.35ドル  (-14.30ドル)

01/16   754.30ドル  (-12.05ドル)
※前週末比:1トロイオンス-45.85ドル(-5.7%)

(5営業日のパラジウム平均価格:1トロイオンス786.21ドル)


国内のパラジウム相場は先週末の海外相場が軟調に推移した事を映して続落。買取では1gあたり3,040円(-22円)と、この日の貴金属では唯一値を下げ3営業日続落しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年01月19日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取り価格34,800円(+250円)、その他の歯科用12%金パラの買取り価格は34,400円(+250円)、開封品の金パラジウム買取り価格が1,084円(+8円)と、本日パラジウムは軟調に推移したものの、金が直近高値を上抜きおよそ1年9ヵ月ぶり(2013年4月12日相場)の高値を付けた事や、銀も一段高へ急伸した事から、金パラも反発。3営業日ぶりに値を上げ、最近の安値から持ち直しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年01月19日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金5,164円(+125円)、パラジウム3,040円(-22円)、銀71.82円(+4.21円)、プラチナ5,102円(+95円)と国内貴金属はパラジウムを除いて急伸し、それぞれ年初来高値を更新。金は先週末の海外相場が昨年8月末以来およそ4か月半ぶりの高値を付けるなど急騰した事や為替が円安に振れた事を受けて続伸。直近高値を上抜き、2013年4月12日相場以来およそ1年9か月ぶりの高値を付けるなど一段高へ。銀は1日の上げ幅では+5%超と3営業日ぶりに大幅反発し、昨年7月末以来およそ6か月ぶりの高値を記録。パラジウムは軟調に推移した海外相場を映して本日貴金属では唯一続落。一方、プラチナは大きく値を伸ばし昨年9月2日相場以来およそ4か月半ぶりの高値水準へ上伸し、買取では5,100円台へ価格をのせました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年01月19日先週末16日 海外貴金属相場

【16日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1276.90ドル(+12.10ドル)

銀:1775.00セント(+64.80セント)

パラジウム:754.30ドル(-12.05ドル)

プラチナ:1269.40ドル(+6.60ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年01月16日海外相場高を映し、国内金相場はおよそ1年8ヶ月ぶりの高値水準へ↑パラジウムは調整安↓

【金相場】15日のNY金相場は大きく値を上げ5日続伸。中心限月の2月限は1トロイオンス1264.80ドル(+30.30ドル)と、昨年6月25日相場以来では最長の5営業日続伸し、終値では2014年9月8日相場以来およそ4カ月ぶりの高値を付けて取引きを終了した。スイス国立銀行(中央銀行)がフランの対ユーロ相場上限(1ユーロ=1.20フラン)を撤廃したことを受けて、この日為替市場をはじめ金融市場全般が混乱。逃避先として安全資産とされる金の需要が高まった事から、相場は時間外の電子取引から急伸した。また、この日発表された米の経済指標の一つ、新規失業保険申請件数(週間)が、前週値や事前予想を上回り増加した事や、米フィラデルフィア連銀発表の製造業景況感指数が2014年2月以来11カ月ぶりの低水準となった事を受け、プラス圏で推移していた株式相場が反転した事も、金相場にとってはプラスに働き上値追いの展開となった。
スイス国立銀行(中央銀行)は15日、自国通貨スイスフランの上昇を抑えるために対ユーロで設けていた1ユーロ=1.20スイスフランの上限を撤廃すると発表。2011年9月以降、外国為替市場で無制限にスイスフランを売りユーロを買ってフラン高を防いできたが、市場ではスイス国立銀行が耐えられないほど大規模なQEを、来週ECBが発表する可能性があり、中央銀行は先手を取る形で異例政策の継続を断念したとみている。

国内の金相場は海外相場がおよそ4か月ぶりの高値を付けた事を映して反発。買取ベースでは1gあたり5,039円(+63円)と年初来高値を上抜いて、昨年12月10日に付けた直近高値(2013年4月12日相場以来およそ1年8か月ぶり)と並び一段高となりました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

01/16  5039円(+63円) ※最高値

01/15  4976円(-19円)

01/14  4995円(-18円)

01/13  5013円(+26円)

01/09  4987円(+8円)

01/08  4979円 (+11円)

01/07  4968円 (+21円)

01/06  4947円 (+40円)

01/05  4907円 (+27円)

12/26  4880円 (+11円) ※最安値

10日間の金平均価格:4,969円/g




【パラジウム相場】15日のNYパラジウム相場は続落。中心限月の3月限は1トロイオンス766.35ドル(-14.30ドル)と、2営業日値を下げ昨年11月10日相場以来およそ2ヶ月ぶりの安値で取引きを終了。この日スイス国立銀行(中央銀行)が、1ユーロ=1.20スイス・フランに設定していたフラン相場の上限を撤廃すると発表した事を背景に、金融市場は混乱。パラジウムは序盤、ドルの値動きにつられ強弱まちまちの展開で推移。途中、金の急伸を眺めプラス圏に転じ一時790ドルにのせる場面もあったが、この日米のフィラデルフィア連銀が発表した製造業景況感指数が2014年2月以来11カ月ぶりの低水準となった事を受け、株式相場が軟化。株価下落につられた事や、原油安への警戒感、世界経済全体の先行き不安の強まりから、リスク回避姿勢が継続した事も相場の圧迫材料となり、パラジウムはこの日貴金属市場では唯一値を下げて取引きを終えた。市場では低迷しているユーロ圏経済を支える為、ECBが来週の会合で追加緩和に動くのではとの観測が強まっており、動向を注視している。

国内のパラジウム相場は海外相場が軟調に推移した事を映して続落。買取では1gあたり3,062円(-70円)と2営業日続落し、昨年11月10日相場以来およそ2ヵ月ぶりの安値水準へ調整されました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

01/16  3062円 (-70円) ※最安値

01/15  3132円 (-151円)

01/14  3283円 (+16円)

01/13  3267円 (+22円)

01/09  3245円 (+10円)

01/08  3235円 (-16円)

01/07  3251円 (+16円)

01/06  3235円 (-32円)

01/05  3267円 (-76円)

12/26  3343円 (+17円) ※最高値

10日間のパラジウム平均価格:3,232円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4361件 3101~3105件目を表示