相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数4253件 3271~3275件目を表示

2014年10月29日18:00 現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1229.45ドル、パラジウムは798.95ドル、為替は1$108円02銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年10月29日パラジウムの地合いが改善した事で、歯科用12%金パラはおよそ3週間ぶりの高値へ上伸↑

本日国内の貴金相場は前日の海外相場や、為替が円安に振れた事を映し総じて上昇。中でもパラジウムが3週間ぶり(10日相場)の高値まで回復した事から、歯科用金パラも一段高へ。GCキャストウェルM.C.の買取り価格は33,000円/個、その他の12%金パラの買取り価格は32,600円/個(共に前日比+250円)。

NYパラジウムが8連日高と直近では最長(8月以来)の上伸を示し、国内相場でもおよそ3週間ぶり(10日相場)の高値までパラジウムの地合いが改善した事から、12%金パラも上伸。10日相場以来およそ3週間ぶりの高値をつけ、キャストウェルでは再び33,000円台に価格をのせるなど、最近のレンジ内の値動きから一段高に価格水準を切り上げました。

本日までの10月の金パラ(キャストウェル)の値動きは、最高値:33,100円(9日相場)、最安値:32,000円(17日相場)、平均価格:32,648円となっております。※因みに前年の10月では最高値:28,000円(23日相場)、最安値:26,600円(8日相場)、平均価格:27,124円。


【本日までの10月の金パラ相場価格】※キャストウェルベース

10/29   33000円 (+250円)

10/28   32750円 (-50円)

10/27   32800円 (-50円)

10/24   32850円 (+350円)

10/23   32500円 (-100円)

10/22   32600円 (+300円)

10/21   32300円 (+50円)

10/20   32250円 (+250円)

10/17   32000円 (-200円)※最安値

10/16   32200円 (-600円)

10/15   32800円 (±0円)

10/14   32800円 (-200円)

10/10   33000円 (-100円)

10/09   33100円 (+350円)※最高値

10/08   32750円 (+100円)

10/07   32650円 (+550円)

10/06   32100円 (-550円)

10/03   32650円 (-350円)

10/02   33000円 (+150円)

10/01   32850円 (-350円)

10月本日までの金パラ平均価格(キャストウェル):32,648円


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、相場が大幅に値動く場合が御座います。為替相場との兼ね合いからも日相場の価格変動が非常に激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年10月29日パラジウムは海外相場が8連日続伸した事を映し、国内相場も一段高へ↑

【金相場】28日のニューヨーク金相場は売り買いまちまちの展開の中、小幅に値を上げて反発。中心限月の12月物は1トロイオンス1229.40ドル(+0.1ドル)と、ほぼ横ばいながらプラス圏で取引きを終了。この日の金相場は強弱まちまちの内容となった米の経済指標を眺め、売り買いが交錯。序盤は予想を下振れた米国の耐久財受注や、S&Pケース・シラー住宅価格指数を嫌いドル売りが加速した事から、相対的に金は買われプラス圏で推移。その後、10月の米消費者信頼感指数が景気後退(リセッション)入りする前の水準に戻した事を好感し再びドルが上昇に転じた事から、金は相場を圧迫され上げ幅を縮小した。29日に米連邦公開市場委員会(FOMC)声明を控えて、内容を見極めたいとの思惑から様子見ムードも強く、持ち高を一方に傾ける取引きは手控えられた事から、結局前日とほぼ横ばい圏で取引きを終えた。
・ケース・シラー住宅価格指数/8月
全米20都市を対象にした8月のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)/ケース・シラー住宅価格指数は前年同月比5.6%と、市場予想の5.8%を下回り、2012年11月以降で最小となった。また、全米の住宅市場の活動を示す指数は、前年比の伸びが5.1%に鈍化した。

・米製造業耐久財受注/9月
9月の米製造業耐久財受注 は予想外に前月比で減少し、2ヶ月連続マイナスとなった。商務省の発表によると、9月の製造業耐久財受注は前月比-1.3%と、予想値の+0.5%も下回った。また、前月は18.3%減少していた事から2ヶ月連続の減少となり、機械やコンピューターの需要が減退し、企業が設備投資に消極的な可能性が示された。

・米消費者信頼感指数/10月
10月の消費者信頼感指数は94.5と、市場予想(87.0)や、前月(86.0)を大きく上回った。


国内の金相場は為替が円安・ドル高に振れた事もあり反発。買取ベースでは1gあたり4,572円(+24円)と、前日の下げ幅を値戻し5営業日ぶりにプラスに転じました。




【パラジウム相場】28日のニューヨークパラジウム相場は続伸。中心限月の12月限は1トロイオンス793.35ドル(+6.20ドル)と8月以来最長の連続高となる8営業日続伸し、およそ2週間ぶり(14日相場来)の高値で取引きを終了。この日の貴金属市場は総じて堅調に推移し、パラジウムも序盤から買いが優勢となった。途中、ドル高や金相場の下げに連動し上値を抑えられたが、堅調に推移したプラチナの値動きやドル売りが加速した事から、再び上値を伸ばし一時800ドル超まで上伸する場面もあるなど急伸。結局中心終値では8月以来最長の8日連続高となり、790ドルを回復してこの日の取引きを終えた。中心限月12月限の値動きは安値780.05ドル、高値801.95ドル、終値793.35ドル。

国内のパラジウム相場は海外相場の上伸や、為替との兼ね合いから大きく上昇。買取では1gあたり2,921円(+43円)と、10日相場以来およそ3週間ぶりの高値をつけ、同日ぶりに2,900円台へ回復しました。


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。12:00現在の金は1トロイオンス1230.35ドル、パラジウムは796.80ドル、為替は1$108円15銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年10月29日地金流通協会発表ー金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,572円(+24円)、パラジウム2,921円(+43円)、銀63.83円(+0.65円)、プラチナ4,695円(+52円)と、国内貴金属は為替が円安に振れた事から総じて堅調に推移。金は昨日の下げ幅を値戻し5営業日ぶりにプラス圏へ。銀も値を下げた前2営業日の下げ幅を上抜き反発。パラジウムは海外相場が8月以来となる8連日高と地合いが改善し上伸した事を映し国内相場も上昇。10日相場以来およそ3週間ぶりの高値をつけ、同日ぶりに2,900円台へ。プラチナは大きく続伸して、4,700円圏内まで値を伸ばしました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年10月29日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取り価格33,000円(+250円)、その他の歯科用12%金パラの買取り価格は32,600円(+250円)、開封品の金パラジウム買取り価格が1,014円(+9円)と、本日地金が揃って値を上げた事から金パラは3営業日ぶりに大きく反発。パラジウムの地合いが改善した事から、金パラも10日相場以来およそ3週間ぶりの高値へ上伸し、キャストウェルでは再び33,000円台に価格をのせました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4253件 3271~3275件目を表示