相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数4237件 3876~3880件目を表示

2014年05月19日本日金は続落↓パラジウムは小幅ながら反発しました↑

《金相場》先週末16日の金相場は、米の経済指標が良好な内容だった事で小幅続落。中心限月の6月物は1トロイオンス1293.40ドルと、前営業日-0.2ドルで取引きを終了。この日発表された米の4月住宅着工件数が、前月から大幅に増えた事を背景に、米の早期利上げ観測が改めて意識された事で金は値を下げた形に。一方で、5月の米消費者景況感が前月から低下した事や、依然として先行きの不透明感が強いウクライナ問題への警戒感から安全資産として買い戻され、取引き終盤には下げ幅を縮小し下値を支えた展開に。先週(12日~16日)の金相場は以下の通り。

【NY金 先週の値動き(12日~16日)】

5/12   1295.80ドル (+8.20ドル)

5/13   1294.80ドル (-1.00ドル)

5/14   1305.90ドル (+11.1ドル)

5/15   1293.60ドル (-12.3ドル)

5/16   1293.40ドル (-0.20ドル)

国内の金も本日値を下げ続落。買取ベースでは1gあたり4,526円(-16円)と、2日続落となりました。

 

《パラジウム相場》16日のパラジウムは反発。中心の6限月は1トロイオンス815.00ドル(+2.90ドル)で取引きを終了。前日に高値反動から売られた事による買い戻しが入った事で値を上げた形に。ウクライナ情勢の混乱や、南アの鉱山ストがいずれも長期化している事を背景に、市場在庫が危機的水準にまで低下。供給への懸念が一層高まっている事で、先週は週間では全日800ドル台で推移するなど水準を一段切り上げ高騰。14日には828.80ドルをつけ、中心6月物では2年9ヶ月ぶりの高値を更新し、週間平均は1トロイオンス816.39ドルと、直近では最高値圏で推移。

【NYパラジウム 先週の値動き(12日~16日)】

5/12   808.75ドル (+9.00ドル)

5/13   817.30ドル (+8.55ドル)

5/14   828.80ドル (+11.50ドル)

5/15   812.10ドル (-16.70ドル)

5/16   815.00ドル (+2.90ドル)

国内のパラジウムも本日小幅ながら値を上げ反発。買取では2,835円(+5円)。先週13日より買取りでは2,800円台と、高値圏で推移しているパラジウムの直近10営業日の値動きは最高値:2,873円(5/15)、最安値:2,781円(5/8)、平均では2,821円となっております。

現在、地金相場は地政学リスクや、世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:30現在の金は1トロイオンス1294.50ドル、パラジウムは816.35ドル、為替は1$101円54銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年05月19日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の国内地金は買取ベースで金4,520円(-16円)、パラジウム2,835円(+5円)、銀67.29円(-0.65円)、プラチナ5,097円(-15円)と、本日金・銀・プラチナが値を下げ続落。パラジウムのみ値を上げ小反発しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年05月19日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取り価格31,800円(±0円)、その他の歯科用12%金パラの買取り価格は31,400円(±0円)、開封品の金パラジウム買取り価格が971円(±0円)と、本日国内の金・銀は続落したものの、パラジウムが小幅ながら反発した事で、歯科用金パラは前日比変わらずとなりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年05月16日18:15 現在の金・パラジウム・為替相場

18:15現在の金相場は1トロイオンス1294.35ドル、パラジウムは808.05ドル、為替は1$101円53銭前後の値動きで推移しております。

週明けの相場動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年05月16日金・パラジウム-今週5営業日の値動き

《金相場》15日のNY金相場は、良好だった米の経済指標を背景に反落。取引き中心の6月物は1トロイオンス1293.6ドル(-12.3ドル)で取引きを終了。この日朝方発表された米新規失業保険申請件数が7年ぶりの低水準となり、景気回復が示唆される中、安全資産としての金買いが減退。また、昨日1週間ぶりの高値をつけた事による高値反動から、利益確定を目的とした売りが出た事も値を下げた要因に。

国内の金相場は海外相場の流れや、為替が円高・ドル安に振れた事で反落。買取ベースでは1gあたり4,536円(-37円)。今週5営業日(12日~16日)の金の価格推移は、値を上げた日が2日、下げた日が3日となり、週明けの12日はウクライナ東部のドネツク、ルガンスク両州で11日、自治権に関する住民投票が実施された事による地政学的リスクの警戒から下値を支えながらも、ECBの金融緩和の見通しから金は小幅ながら下落。翌営業日13日はウクライナ情勢の混乱が強まる観測や、直近の値を下げた反動から、安値拾いの買いが入った事で国内では前日比+54円/gと大きく反発。翌日はほぼ横ばいながらも小安く推移。昨日15日は再びウクライナの緊張の高まりを受けおよそ1週間ぶりの高値水準(5月7日相場)まで値を上げ反発。本日は米の経済指標が良好な内容だった事や、昨日の高値反動から売られ値を下げました。

5営業日の金平均は4,545.4円と、先週の3営業日平均(4,537円)に対し1g+8.4円と、プラスとなりました。  

【今週5営業日 金の値動き(買取ベース)】

05/16 4536円 -37円

05/15 4573円 +17円

05/14 4556円 -2円

05/13 4558円 +54円

05/12 4504円 -2円

今週5日間の金平均相場:4,545.4円(買取)

 

《パラジウム相場》NYパラジウムは4営業日ぶりに値を下げ反落。中心限月6月物は812.10ドル(-16.70ドル)で取引きを終了。パラジウムは昨日2011年8月以来となる2年9ヶ月ぶりの高値をつけた反動から利益を確定する調整売りや、4月の米鉱工業生産指数が1年8カ月ぶりの大幅な低下となった事でパラジウムは値を下げた形に。

国内のパラジウムも為替が円高に推移した事で反落。買取では2,830円(-43円)と、8日相場以来の下げに転じました。今週5日間の国内パラジウムは、週明け12日は為替相場との兼ね合いから前営業日比で変わらず。翌営業日の13日は、11日に実施されたウクライナ東部ドネツク州とルガンスク州の住民投票の結果を受け、パラジウムは上昇。5月7日相場以来およそ1週間ぶりの高値へ。その後2日間(14日・15日)もウクライナ問題や、長期化している南アの鉱山ストを背景に、市場在庫が枯渇し供給への影響が一層不安視された事で値を伸ばし一段高へ。昨日国内では直近の高値を上抜き、2001年4月19日相場以来およそ13年ぶりの高値を更新。本日は直近の高値反動から一時調整売りが出た事で先週8日相場以来の下げとなりました。

5営業日では値を上げた日が3日(5/13・5/14・5/15)、下げた日が1日(5/16)、変わらなかった日が1日(5/12)となり、今週5営業日のパラジウム平均は2,827.6円と、先週3営業日平均(2,799円)に対し+28.6円(+1%)と、プラスとなりました。

【今週5営業日 パラジウムの値動き(買取ベース)】

05/16 2830円 -43円
 
05/15 2873円 +27円
 
05/14 2846円 +38円
 
05/13 2808円 +27円
 
05/12 2781円 ±0円
 
今週5日間のパラジウム平均相場:2,827.6円(買取)

現在、地金相場は地政学リスクや、世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。12:15現在の金は1トロイオンス1296.60ドル、パラジウムは814.40ドル、為替は1$101円48銭前後の値動きで推移しております。 

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4237件 3876~3880件目を表示