相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数7160件 6~10件目を表示

2019年11月15日国内金相場は小幅ながら値を上げ続伸したほか、パラジウムは3営業日続伸し上げ幅を拡大↑

【金相場】14日のNY金相場は、米中貿易協議をめぐる不透明感に加え、中国経済指標の低下などを背景に買われ続伸。中心限月の12月限は1トロイオンス1473.40ドル(+10.10ドル)と、プラス圏で推移し先週6日相場以来およそ1週間ぶりの高値で取引きを終了。中国商務省の高峰報道官は14日の記者会見で、米中貿易協議「第1段階」合意をめぐり、両国が追加関税撤回について「深く議論している」としながらも、撤回に関する合意の有無には触れなかった事から、協議への先行き不透明感が広がったほか、発表された中国の10月鉱工業生産など低調な経済指標が意識され買いが旺盛となった。さらに、外国為替市場では対ユーロでドルが下落したことも、ドル建てで取引される金商品の支えとなり、この日も買い優勢で取引きを終えた。

国内の金相場は、堅調なNY相場を映し上伸。買取ベースでは1gあたり5,597円(+1円)と、横ばい圏ながら小幅高となり続伸しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

11/15  5597円 (+1円)

11/14  5596円 (+10円)

11/13  5686円 (+2円)

11/12  5584円 (-19円)

11/11  5603円 (-23円)

11/08  5626円 (-64円)

11/07  5690円 (+10円)

11/06  5680円 (-61円)

11/05  5741円 (+21円)

10日間の金相場平均価格:5,642円/g


【パラジウム相場】14日のNYパラジウム相場は、堅調な他貴金属や、ドル安の進行、持高調整買いが入り急伸。中心限月の12月限は1トロイオンス1702.10ドル(+27.00ドル)と、3営業日続伸し、大台の1700ドル台に乗せて取引きを終了。この日のパラジウムは、買い優勢となった前日相場の流れを引き継ぎ序盤より堅調となった。また、他貴金属の上昇や、最近の値頃感が意識され上げ幅を拡大。加えて、ドル安の流れも支援材料となり、1700ドル台に再浮上して取引きを終えた。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

11/15  6622円 (+88円)

11/14  6534円 (+16円)

11/13  6518円 (+39円)

11/12  6479円 (-259円)

11/11  6738円 (-176円)

11/08  6914円 (+66円)

11/07  6848円 (+44円)

11/06  6804円 (±0円)

11/05  6804円 (-5円)

10日間のパラジウム相場平均価格:6,707円/g


12:55現在の金相場は1トロイオンス1469.70ドル、パラジウムは1709.55ドル、為替は1$108円59銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年11月15日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取価格58,500円(+500円)、その他の12%金パラの買取り価格は58,300円(+500円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1311円(+16円)と、本日金が横ばいながらプラス圏で推移したほか、パラジウムが3連騰し上げ幅を拡大した事を受け、金パラも値を伸ばし3日続伸となりました。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年11月15日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金5,597円(+1円)、パラジウム6,622円(+88円)、銀63.80円(±0円)、プラチナ3,355円(+13円)と、買い優勢となったNY相場を映して、国内貴金属は軒並み値を伸ばし上伸。金は米中協議への先行き不透明感などを背景に買いが入ったNY相場を受け、国内でも横ばいながらプラス圏で推移し3日続伸。また、白金属のパラジウム・プラチナも共に値を伸ばし、パラジウムは上げ幅を拡大。6,600円台に値戻す展開となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年11月15日14日 海外貴金属相場

【14日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1473.40ドル(+10.10ドル)

銀:1702.80セント(+11.50セント)

パラジウム:1702.10ドル(+27.00ドル)

プラチナ:882.80ドル(+8.00ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年11月14日国内貴金属は軒並み値を上げ上昇↑金・パラジウムは共に値を伸ばし続伸。

【金相場】13日のNY金相場は、米中通商協議を巡る一部報道を意識した買いが入り5日ぶりに反発。中心限月の12月限は1トロイオンス1463.30ドル(+9.60ドル)と、買い優勢で取引きを終了。上下両院合同経済委員会で行なわれたパウエル議長の証言で低金利が続くとの観測が強まった事から、金は序盤より買いが先行し上昇した。また、トランプ米大統領は12日午後に行った講演で、米中貿易協議「第1段階」の合意文書の署名は「近いうちに実現する」と言明。しかし、署名の場となる首脳会談の開催時期や場所について具体的な言及を避けたほか、合意できなかった場合には追加関税を発動するとの強硬姿勢を明らかにした。また、13日には米下院がトランプ氏のウクライナ疑惑をめぐる初の公聴会を開催し、こうした弾劾訴追に向けた動きに加え、香港で激化する抗議活動なども安全資産とされる金買いを後押しし、相場は終日プラス圏で推移した。ただ、米株価が史上最高値圏を維持する中、上値を追う勢いは抑えられた。

国内の金相場は、買い優勢となったNY相場を映して上伸。買取ベースでは1gあたり5,596円(+10円)と、プラス圏で推移し続伸しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

11/14  5596円 (+10円)

11/13  5686円 (+2円)

11/12  5584円 (-19円)

11/11  5603円 (-23円)

11/08  5626円 (-64円)

11/07  5690円 (+10円)

11/06  5680円 (-61円)

11/05  5741円 (+21円)

11/01  5720円 (+24円)

10日間の金相場平均価格:5,652円/g


【パラジウム相場】13日のNYパラジウム相場は、米国株の最高値更新や、堅調な他貴金属の値動きが好感され続伸。中心限月の12月限は1トロイオンス1675.10ドル(+5.00ドル)と、買い優勢で取引きを終了。上下両院合同経済委員会で行なわれたパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言を受け、米経済が堅調な中でも低金利が続くとの見方が広がったほか、米株が上昇したのにつれ、パラジウムにも買いが入った。また、調整地合いとなった先週末や週明け相場の安値も意識され、反動買いから相場は一時1700ドル近辺まで上昇した。その後、上げ幅をやや縮小するもプラス圏を維持し、この日も買い優勢で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、引き続き堅調となったNY相場を映し続伸。買取では1gあたり6,534円(+16円)と、プラス圏で推移し上伸しました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

11/14  6534円 (+16円)

11/13  6518円 (+39円)

11/12  6479円 (-259円)

11/11  6738円 (-176円)

11/08  6914円 (+66円)

11/07  6848円 (+44円)

11/06  6804円 (±0円)

11/05  6804円 (-5円)

11/01  6809円 (-138円)

10/31  6947円 (+121円)

10日間のパラジウム相場平均価格:6,740円/g


12:15現在の金相場は1トロイオンス1468.75ドル、パラジウムは1681.20ドル、為替は1$108円74銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7160件 6~10件目を表示