相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数4763件 4266~4270件目を表示

2014年06月25日18:00 現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1314.25ドル、パラジウムは825.55ドル、為替は1$101円92銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年06月25日貴金属が揃って上伸↑金は反発、パラジウムも3営業ぶりに値を上げました。

《金相場》24日のNY金相場は5日続伸。中心の8月物は1トロイオンス1321.30ドル(+2.90ドル)と、前営業日に続きおよそ2ヶ月ぶりの高値水準で取引きを終了。緊迫化しているイラク情勢や、ウクライナ問題など地政学リスクの高まりを背景に、リスクヘッジを目的とした買いが入った事や、米住宅価格の伸びが市場予想を下回ったほか、ドイツの企業景況感指数が低下した事で、金への支援材料となりプラス圏でこの日の取引も終了。一時1326.60ドルと4月15日相場以来の高値をつける場面もあった。ただ、取引時間午後に米の経済指標である5月の新築住宅販売と、6月の消費者景気信頼感指数が発表され、市場予想を上回る内容だった事から上値は抑えられた形に。

また、ウクライナ東部スラビャンスク近郊で24日、親ロシア派武装集団がウクライナ政府軍のヘリコプターを撃墜し、搭乗していた9人全員が死亡したとの報道を受け、安全資産として金を買う動きもあった。ウクライナ政権と親ロ派は27日までの停戦に合意しているものの、東部では検問所が襲撃されるなど実際には戦闘は止まっておらず、事態は流動的。

国内の金相場は反発。買取ベースでは4,616円(+16円)と、4連日で4,600円台で推移し、4月15日相場以来の高値を再び更新しました。

 

《パラジウム相場》24日のNYパラジウム相場は続伸。中心限月の9月物は1トロイオンス830.40(+7.75ドル)と、再び830ドルに価格をのせ取引きを終了。最近下落した安値反動から買われ値を伸ばした形に。先日、南アフリカの鉱山で今年1月からストライキを続けていた主要労働組合の組合員が、会社側の賃上げ提案を受け入れたと伝わり高値反動から下落。一方で、需要が大幅に増加している関係から、生産を再開しても供給安定へは当面時間を要す事が予想されており、相場は一進一退。ウクライナ情勢の今後の動向にも引き続き注視が必要。

国内のパラジウムは海外相場の上昇の流れを受けて反発。買取では1gあたり2,884円(+22円)と3営業日ぶりに値を上げました。


現在、地金相場は地政学リスクや、世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:40現在の金は1トロイオンス1316.30ドル、パラジウムは823.65ドル、為替は1$101円88銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年06月25日歯科用12%金パラが3日ぶりに反発↑再び最高値圏内まで上伸。

本日金・銀・パラジウムが揃って値を上げ反発した事で、歯科用金パラも3営業日ぶりに値を上げ反発しました。GCキャストウェルM.C.の買取り価格は32,500円/個、その他の12%金パラの買取り価格は32,100円/個(共に前日比+150円)。

海外相場が続伸した流れを受け、本日国内の金・パラジウム地金も反発。歯科用金パラも前日比+150円/個と、3日ぶりに値を上げ反発しました。金・パラジウムが高値圏で推移している事に加え、銀も国内では3月上旬~中旬辺りの高値水準と堅調に推移している事もあり、金パラも上伸↑先日20日に記録した金パラの最高値に次いで、本日は過去2番目の高値となり再び最高値圏内まで浮上しました。

直近10日間の金パラ(キャストウェル)の価格推移は、最高値:32,600円(6/20相場)、最安値:31,800円、平均では32,220円となっております。

【直近10日間の金パラ(キャストウェル)相場推移】

06/25 32500円 (+150円)

06/24 32350円 (-50円)

06/23 32400円 (-200円)

06/20 32600円 (+500円) ※最高値

06/19 32100円 (+200円)

06/18 31900円 (+100円)

06/17 31800円 (-250円) ※最安値

06/16 32050円 (±0円)

06/13 32050円 (-400円)

06/12 32450円 (+50円)

直近10日間の金パラ(キャストウェル)平均相場価格:32,220円


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、相場が大幅に値動く場合が御座います。為替相場との兼ね合いからも日相場の価格変動が非常に激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年06月25日地金流通協会発表ー金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,616円(+15円)、パラジウム2,884円(+22円)、銀73.01円(+0.21円)、プラチナ5,115円(+43円)と、貴金属は揃って値を上げ反発↑金は4連日で4,600円台で推移し4月15日相場以来の高値を再び更新。銀も73円にのせるなど高く、3月上旬?中旬辺りの高値水準で推移。白金族のパラジウム・プラチナも本日3営業日ぶりに値を上げ反発しました↑

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年06月25日今日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取り価格32,500円(+150円)、その他の歯科用12%金パラの買取り価格は32,100円(+150円)、開封品の金パラジウム買取り価格が998円(+5円)と、本日金・銀・パラジウムが揃って反発した事で、歯科用金パラも+150円と3営業日ぶりに値を上げ反発しました。先日20日に記録した金パラの最高値に次いで、過去2番目となり再び最高値圏内まで浮上↑

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4763件 4266~4270件目を表示