相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数7881件 116~120件目を表示

2020年06月05日国内貴金属は横ばいとなったパラジウムを除いて堅調に↑金相場は前日の下げを埋め2週間ぶりの高値水準へ浮上。

【金相場】4日のNY金相場は、ドル安要因やポジション調整の一巡から買い戻しが入り反発。中心限月の8月限は1トロイオンス1727.40ドル(+22.60ドル)と、4営業日ぶりに値を上げて取引きを終了。欧州中央銀行(ECB)が新型コロナウイルス危機への対応を強化し、パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の購入額を6000億ユーロ(約73兆5000億円)増やすとともに、少なくとも2021年6月末まで継続すると発表。予想より大幅な債券購入増額を発表したことを受け、債券相場は上昇し、株式相場は軟化。これを背景に金は買い戻しが旺盛となり、時間外取引より堅調となった。また、外国為替市場ではユーロが対ドルで8日続伸と9年ぶりの連続高となり、3カ月ぶりのユーロ高水準で推移。ドル建ての金商品は割安感が意識されたほか、前日までの下げに対する割安感も意識され、この日は買いが優勢となった。

国内の金相場は、買い戻されたNY相場や円安進行を受け反発。買取ベースでは1gあたり6,580円(+74円)と、前日の下げをほぼ埋めて、再度5月20日相場(6,587円)水準に値戻しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

06/05  6580円 (+74円)

06/04  6506円 (-76円)

06/03  6582円 (+9円)

06/02  6573円 (+11円)

06/01  6562円 (+77円)

05/29  6485円 (+26円)

05/28  6459円 (+31円)

05/27  6428円 (-90円)

05/26  6518円 (-10円)

10日間の金相場平均価格:6,522円/g


【パラジウム相場】4日のNYパラジウム相場は、欧米株価の伸び悩みや、持ち高調整売りが継続し3日続落。中心限月の9月限は1トロイオンス1922.80ドル(-35.40ドル)と、売り優勢で取引きを終了。前日までの下げに対する安値反動から、この日のパラジウムは時間外取引では買いが先行した。また、欧州中央銀行(ECB)が予想より大幅な債券購入増額を発表した事や、これに伴い外国為替市場では3ヵ月ぶりのユーロ高・ドル安水準で推移した事も割安材料となった。しかし、欧州経済成長の見通しを大幅に下方修正したほか、欧米株式が鈍化すると流れは反転。持ち高調整売りも出やすく、相場は次第にマイナス圏に反転する展開となった。なお、引け後には値頃感から買い戻しが入り、アジア時間では1950ドル超まで再浮上した。

国内のパラジウムは、NY市場では売りが優ったものの、引け後の戻しや、円安要因から下げを埋めて横ばい。買取では1gあたり7,431円(±0円)と、前日比変わらずの展開となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

06/05  7431円 (±0円)

06/04  7431円 (-66円)

06/03  7497円 (+94円)

06/02  7403円 (+22円)

06/01  7381円 (+33円)

05/29  7348円 (-72円)

05/28  7420円 (-5円)

05/27  7425円 (-237円)

05/26  7662円 (+171円)

05/25  7491円 (-275円)

10日間のパラジウム相場平均価格:7,449円/g


11:15現在の金相場は1トロイオンス1724.05ドル、パラジウムは1961.85ドル、為替は1$109円13銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年06月05日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格72,200円(+200円)、その他の12%金パラの買取り価格は72,000円(+200円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1,660円(+11円)と、本日地金のパラジウムは値動きがなく横ばいで推移したものの、金が前日の下げを埋め戻し反発した事から、金パラもプラス圏で推移し反発しました。

現在、貴金属は世界情勢や為替動向など様々な要因から価格変動が激しくなっており、金パラ相場も値動きが荒く乱高下する場合が御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年06月05日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金6,580円(+74円)、パラジウム7,431円(±0円)、銀66.66円(+0.55円)、プラチナ3,219円(+43円)と、国内貴金属はNY相場の値動きや為替要因から、値動きがなかったパラジウムを除いて上昇。金はリスクオンの流れが一巡し安値反動からNY相場が4営業日ぶりに上昇した事を映し、国内でも大幅反発。前日の下げをほぼ埋めて、再度5月20日相場(6,587円)水準に値戻したほか、銀もプラス圏に反転し3営業日ぶりに反発。また、プラチナも3営業日ぶりに反転上昇し、5月21日相場(約2週間)ぶりの高値となりました。なお、本日パラジウムは前日比変わらずの横ばい推移。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年06月05日4日 海外貴金属相場

【4日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1727.40ドル(+22.60ドル)

銀:1806.10セント(+10.30セント)

パラジウム:1922.80ドル(-35.40ドル)

プラチナ:865.00ドル(+4.50ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年06月04日18:45現在の金・パラジウム・為替相場

18:45現在の金相場は1トロイオンス1715.10ドル、パラジウムは1968.85ドル、為替は1$108円99銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7881件 116~120件目を表示