相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5171件 156~160件目を表示

2017年12月29日歯科用12%金パラ-今週5営業日の値動き

今週5営業日の金パラは、週初より金・パラジウムが共に値を上げ、中でもパラジウムが一代高値(2001年2月9日相場来)を更新し約16年10ヵ月ぶりの高値を連日で記録した事から、12%金パラも価格水準を切り上げ一段高へ。キャストウェルでは42,000円にのせるなど、過去最高値を記録する展開となりました。※27日以降は地金相場が年内の更新を終了した為、横ばいでの推移。

週間5日間では値を上げた日が2日(25日・27日)、下げた日が1日(26日)、変わらなかった日が2日(28日・29日)となり、週間高値は42,150円(27日・28日29日同額:キャストウェルベース)、安値は41,900円(26日)。
平均価格42,070円/個では、前週平均41,610円/個に対して+460円/個となり、5週連続プラス推移となりました。(4週の上げ幅+1320円/個) なお、週間では過去最高値で推移した前週12月18日-12月22日相場の平均を上抜いて、週間平均最高値を更新。月間ベースでも昨年10月以降、14ヵ月連続の上昇(上げ幅+11477円/個)となり、過去最高値水準で推移しました。5日間の値動きは以下の通り。

《今週5営業日の12%金パラ価格推移(キャストウェルベース)》

12/29   42150円 (±0円)

12/28   42150円 (±0円)

12/27   42150円 (+250円)

12/26   41900円 (-100円)

12/25   42000円 (+150円)

5営業日の金パラ相場(平均):42,070円
前週平均比:+460円/個



2016年10月~2017年12月現在までの値動きは以下の通り。※キャストウェルベース


(2016年 10月)
最高値:31,050円(10/3相場)
最安値:29,550円(10/12相場)
平均価格:29,978円


(2016年 11月)
最高値:33,450円(11/30相場)
最安値:29,800円(11/4相場)
平均価格:31,738円


(2016年 12月)
最高値:33,900円(12/1相場)
最安値:31,950円(12/29相場)
平均価格:32,815円


(2017年 1月)
最高値:34,500円(01/23相場)
最安値:32,900円(01/27相場)
平均価格:33,778円


(2017年 2月)
最高値:34,750円(02/16相場)
最安値:33,350円(02/06相場)
平均価格:34,070円


(2017年 3月)
最高値:34,600円(03/02相場)
最安値:33,400円(03/15相場)
平均価格:34,075円


(2017年 4月)
最高値:34,750円(04/28相場)
最安値:33,500円(04/19相場)
平均価格:34,228円


(2017年 5月)
最高値:34,800円(05/16相場)
最安値:33,650円(05/19相場)
平均価格:34,325円


(2017年 6月)
最高値:36,050円(06/23相場)
最安値:34,800円(06/01相場)
平均価格:35,566円


(2017年 7月)
最高値:36,400円(07/31相場)
最安値:35,350円(07/07相場)
平均価格:35,880円


(2017年 8月)
最高値:37,800円(08/31相場)
最安値:36,250円(08/07相場)
平均価格:36,900円


(2017年 9月)
最高値:39,000円(09/04相場)
最安値:37,700円(09/11相場)
平均価格:38,265円


(2017年 10月)
最高値:39,800円(10/16相場)
最安値:38,050円(10/03相場)
平均価格:39,160円


(2017年 11月)
最高値:41,200円(11/29相場)
最安値:40,000円(11/01相場)
平均価格:40,750円


(2017年 12月)
最高値:42,150円(12/29相場)
最安値:40,600円(12/06相場)
平均価格:41,455円

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2017年12月29日ドルの軟化を受けてNY金は買いが旺盛となり6日続伸↑また、パラジウムも上げ幅を拡大し一代高値を再更新。

【金相場】28日のNY金相場は、ドル安進行による割安感や、テクニカル要因から買われ6営業日続伸。中心限月の2月限は1トロイオンス1297.20ドル(+5.80ドル)と、中心終値では11月29日相場以来1ヵ月ぶりの高値を付けて取引きを終了。引き続き外国為替市場ではドル安が進行していることや、北東アジアにおける地政学的リスク増大に対する警戒感が高まったことを受けて、安全資産としての金はこの日も買いが優勢となり序盤より堅調な動きとなった。また、銅相場の上伸による波及買いや、100日移動平均を11月末以来では初めて上回ったことから、テクニカル要因による買いに弾みがついた事も上昇要因となった。ただ、年末年始を控えて休暇を取っている市場参加者が多く、昼ごろからは狭いレンジでの商いとなった。

年内の国内金相場は27日で更新終了となりました。2018年は1月5日(金)より更新再開となります。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

12/27   4994円 (+30円)

12/26   4964円 (+3円)

12/25   4961円 (+21円)

12/22   4940円 (+2円)

12/21   4938円 (+27円)

12/20   4911円 (+19円)

12/19   4892円 (+14円)

12/18   4878円 (+20円)

12/15   4858円 (-19円)

12/14   4877円 (+8円)

直近10日間の金相場平均価格:4,921円/g


【パラジウム相場】28日のNYパラジウム相場は、ドル安進行による割安感や、銅相場上昇による波及買い、供給逼迫を背景に買いが旺盛となり3日続伸。中心限月の3月限は1トロイオンス1063.45ドル(+7.10ドル)と、前日記録した直近高値を上抜いて、連日で2001年2月相場(約16年10ヵ月)ぶりの高値を更新して取引きを終了。この日のパラジウムは、外国為替市場でドルが主要通貨に対して軟調となった事による割安感が意識され、序盤より買いが先行した。また、銅先物相場の上昇が続いており、パラジウムにも買いが波及した面もあったほか、供給逼迫による需給バランスの観点、米国株の上昇も買い要因となり上げ幅を拡大。高値では1064.50ドルまで値を伸ばすなど一段高となった。

年内の国内パラジウム相場は27日で更新終了となりました。2018年は1月5日(金)より更新再開となります。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

12/27   4055円 (+54円)

12/26   4001円 (-27円)

12/25   4028円 (+21円)

12/22   4007円 (+33円)

12/21   3974円 (+27円)

12/20   3947円 (+16円)

12/19   3931円 (-27円)

12/18   3958円 (-11円)

12/15   3969円 (+38円)

12/14   3931円 (-6円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:3,980円/g


10:10現在の金相場は1トロイオンス1297.65ドル、パラジウムは1061.90ドル、為替は1$112円81銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2017年12月29日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取価格42,150円(±0円)、その他の12%金パラの買取り価格は41,950円(±0円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1,309円(±0円)と、年内の地金相場更新が終了した為、金パラ相場も変わらず。前日と同額でのお買取りとさせて頂きます。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2017年12月29日28日 海外貴金属相場

【28日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1297.20ドル(+5.80ドル)

銀:1692.30セント(+16.70セント)

パラジウム:1063.45ドル(+7.10ドル)

プラチナ:931.50ドル(+7.80ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2017年12月29日年末年始の地金相場更新に関するお知らせ

平素は当社Webサイトをご覧頂き、 誠にありがとうございます。2017年の地金相場の更新は12月27日(水)で終了となります。なお、2018年は1月5日(金)午前10時前後に更新再開とさせて頂きます。

更新終了:2017年12月27日(水)
更新開始:2018年 1月 5日(金)午前10時前後

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5171件 156~160件目を表示