相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数7443件 156~160件目を表示

2020年01月07日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格64,800円(+600円)、その他の12%金パラの買取り価格は64,600円(+600円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1502円(+20円)と、本日地金の金・銀・パラジウムが揃って値を伸ばし、中でも金とパラジウムが歴代高値を上抜いて、それぞれ史上最高値を更新するなど一段高となった事から、金パラも堅調地合いが継続し上げ幅を拡大。前日に付けた歴代高値を抜いて、連日で史上最高値を更新しました。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年01月07日本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金5,931円(+4円)、パラジウム7,695円(+121円)、銀68.42円(+0.11円)、プラチナ3,630円(-44円)と、国内貴金属はNY相場の値動きを映しプラチナを除いて堅調地合いが継続。金はNY相場がリスク回避から買われ約7年ぶりの高値まで急伸した事から、国内でも小幅ながらプラス圏で推移し3日続伸。前日に記録した歴代高値を上抜き、史上最高値を再更新したほか、銀も3日続伸し9月24日相場以来およそ3ヶ月半ぶりの高値を更新。また、パラジウムはNY相場が一代高値を更新するなど価格水準を切り上げた事から、国内でも上げ幅を拡大し7,700円圏内に浮上。歴代最高値を記録した2019年12月17日相場(7,612円)を上抜き、史上最高値を更新しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年01月07日週明け6日 海外貴金属相場

【6日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1568.80ドル(+16.40ドル)

銀:1817.90セント(+2.80セント)

パラジウム:1989.60ドル(+33.90ドル)

プラチナ:966.20ドル(-24.10ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年01月06日16:15現在の金・パラジウム・為替相場

16:15現在の金相場は1トロイオンス1579.05ドル、パラジウムは1989.45ドル、為替は1$108円05銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年01月06日連休明けの国内金相場は史上最高値を記録したほか、パラジウムも上げ幅を拡大し一段高に↑

【金相場】週末3日のNY金相場は、中東情勢の緊迫化を背景とした買いが膨らみ、直近では最長の8営業日続伸。中心限月の2月限は1トロイオンス1552.40ドル(+24.30ドル)と、終値では2019年9月4日(1560.40ドル)以来およそ4ヶ月ぶりの高値で取引きを終了。米国防総省は2日夜、トランプ大統領の指示により、イラン革命防衛隊コッズ部隊のソレイマニ司令官を殺害したと発表した。これに対し、イランの最高指導者ハメネイ師は3日、「厳しい報復」を宣言。米イラン間の対立が一層激化するとの懸念が台頭する中、この日は世界的にリスク回避の流れが強まり、金商品は円やスイス・フラン、米国債などの安全資産とともに選好された。また、米サプライ管理協会(ISM)が3日午前に発表した12月の米製造業景況指数が47.2と10年半ぶりの低水準に沈み、景気拡大・縮小の節目とされる50を5カ月連続で割り込んだことも投資家心理を圧迫。相場は午後にかけ、1550ドル台の高値圏にのせるなど一段高の様相となった。

連休明け国内の金相場は、リスク回避から急騰した年末年始のNY相場高を映し急伸。買取ベースでは1gあたり5,927円(+137円)と、5,900円台を記録するなど大幅続伸し、昨年末27日に付けた歴代高値を上抜き、史上最高値を更新しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

01/06  5927円 (+137円)

12/27  5790円 (+43円)

12/26  5747円 (-1円)

12/25  5748円 (+51円)

12/24  5697円 (+25円)

12/23  5672円 (+2円)

12/20  5670円 (±0円)

12/19  5670円 (±0円)

12/18  5670円 (-1円)

12/17  5671円 (+13円)

10日間の金相場平均価格:5,726円/g



【パラジウム相場】週末3日のNYパラジウム相場は、金の急伸や供給逼迫を背景とした買いが進み急騰。中心限月の3月限は1トロイオンス1955.70ドル(+27.70ドル)と、3連日で2桁高となり、史上最高値を記録した2019年12月16日相場(1963.60ドル)以来およそ2週間ぶりの高値で取引きを終了。米国防総省が2日に、イラン革命防衛隊の精鋭組織「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を空爆で殺害したと発表した。イランが報復を表明していることもあって米とイランの関係が悪化するとの見方が広がり、外為市場ではドルが軟調に推移する中、パラジウムは割安感から買いが先行した。また、リスク回避ムードから金が大幅高となった事に連れたほか、引き続き供給逼迫の観点から上げ幅を拡大し、価格水準を一段切り上げる展開となった。

連休明けの国内パラジウムは、急伸した年末年始のNY相場を映し一段高に。買取では1gあたり7,574円(+259円)と、7,500円台にのせるなど急伸。史上最高値を記録した2019年12月17日相場(7,612円)以来およそ3週間ぶりの高値を付け価格水準を切り上げる展開となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

01/06  7574円 (+259円)

12/27  7315円 (+77円)

12/26  7238円 (-22円)

12/25  7260円 (+71円)

12/24  7189円 (+83円)

12/23  7106円 (-336円)

12/20  7442円 (+39円)

12/19  7403円 (-61円)

12/18  7464円 (-148円)

12/17  7612円 (+159円)

10日間のパラジウム相場平均価格:7,360円/g


11:40現在の金相場は1トロイオンス1579.45ドル、パラジウムは1985.60ドル、為替は1$108円05銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7443件 156~160件目を表示