相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数6093件 1171~1175件目を表示

2017年12月05日週明け4日 海外貴金属相場

【4日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1277.70ドル(-4.60ドル)

銀:1637.30セント(-1.50セント)

パラジウム:991.75ドル(-24.50ドル)

プラチナ:ドル926.00ドル(-14.60ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2017年12月04日18:55現在の金・パラジウム・為替相場

18:55現在の金相場は1トロイオンス1276.50ドル、パラジウムは1013.85ドル、為替は1$112円90銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2017年12月04日国内金相場は週末のNY相場高を映して上昇↑また、パラジウムも急反発し年初来高値圏まで再浮上。

【金相場】週末1日のNY金相場は、米政治リスクを背景にドル安・株安の流れが金買いを促し3営業日ぶりに反発。中心限月の2月限は1トロイオンス1282.30ドル(+5.60ドル)と、買い優勢で取引きを終了。フリン氏がロシア疑惑をめぐり、連邦捜査局(FBI)に虚偽の証言をしたことを理由に訴追され、同氏は法廷で訴追内容を認めた。これを受けて、トランプ政権のロシア疑惑が深まったことから、投資家のリスク回避姿勢が強まり米国株価が急落。相対的に安全資産とされる金に買いが集まった。また、この報を受けて外国為替市場でドル売り・ユーロ買いが進行し、ドル建てで取引される金商品に割安感が生じたことも押し上げ材料となった。米上院で1日に最終調整に入った税制改革法案をめぐっては、与党共和党トップのマコネル院内総務は「票数を確保した」と明言、可決に自信を示した。約30年ぶりの抜本改革に向け期待が高まっているが、審議の行方を見極めたいとの思惑も広がったため、終盤にかけては小幅な値動きとなった。

国内の金相場は、リスク回避目的から週末のNY市場が堅調に推移した事を映して上昇。買取ベースでは1gあたり4,961円(+9円)と、3営業日ぶりに値を上げ反発しました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

12/04   4961円 (+9円)

12/01   4952円 (-4円)

11/30   4956円 (-23円)

11/29   4979円 (+15円)

11/28   4964円 (+8円)

11/27   4956円 (+2円)

11/24   4954円 (-8円)

11/22   4962円 (-3円)

11/21   4965円 (-29円)

11/20   4994円 (+17円)

直近10日間の金相場平均価格:4,964円/g


【パラジウム相場】週末1日のNYパラジウム相場は、ドル安の流れや、金の堅調さが好感され上昇。中心限月の3月限は1トロイオンス1016.25ドル(+12.70ドル)と、3営業日ぶりに反発して取引きを終了。この日のパラジウムは、序盤は売り買いが交錯し小動きな展開となった。その後、フリン前大統領補佐官がロシア疑惑で有罪を認め、トランプ大統領の関与を証言すると伝わった事を受けて、外国為替市場ではドル売りが進行。ドル建てのパラジウムは割安感から買いが入ったほか、安値を拾う動きもあって相場は急上昇した。一方、米政治リスクが再燃した事で株価が軟調に推移すると、上値を抑えられる場面もあったが、逃避需要から金が堅調となった事や、週末を控えた持ち高調整の買いにも支えられ、そのまま高値圏で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、急反発した週末のNY相場高を映して堅調に推移。買取では1gあたり3,942円(+54円)と、3営業日ぶりに値を上げ、先月9日に記録した直近高値(2001年2月9日相場以来およそ16年9ヵ月ぶりの高値)水準まで再浮上しました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

12/04   3942円 (+54円)

12/01   3888円 (-5円)

11/30   3893円 (-17円)

11/29   3910円 (+103円)

11/28   3807円 (+16円)

11/27   3791円 (-38円)

11/24   3829円 (-5円)

11/22   3872円 (+38円)

11/21   3796円 (±0円)

11/20   3796円 (-16円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:3,849円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:55現在の金相場は1トロイオンス1276.85ドル、パラジウムは1017.85ドル、為替は1$112円74銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2017年12月04日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格41,350円(+350円)、その他の12%金パラの買取り価格は41,150円(+350円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1,286円(+11円)と、本日地金の金・パラジウムがそれぞれ値を上げプラスに転じた事から、12%金パラも3営業日ぶりに反発。先月末29日に付けた年初来高値を上抜き、過去最高値を記録しました。

なお、本日は到着日に相場が上昇した為、未開封の金パラは+100円/個でのお買取りとさせて頂きます。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2017年12月04日本日の地金価格-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4.961円(+9円)、パラジウム3,942円(+54円)、銀63.18円(±0円)、プラチナ3,642円(-19円)と、国内貴金属は週末のNY市場を映してまちまちの展開に。金はリスク回避目的から買いが優勢となった週末のNY相場を受けて、国内でもプラス圏に反転し3営業日ぶりに反発。また、パラジウムも3営業日ぶりに値を上げるなど堅調に推移し、年初来高値を記録した先月9日相場以来およそ1ヶ月ぶりの高値に再浮上。一方、本日プラチナはマイナス圏に転じ反落しました。銀は値動きなしの横ばいとなり連続安が一服。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6093件 1171~1175件目を表示