相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5486件 326~330件目を表示

2018年02月16日15日 海外貴金属相場

【15日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1355.30ドル(-2.70ドル)

銀:1679.60セント(-8.20セント)

パラジウム:1006.65ドル(+9.35ドル)

プラチナ:1001.10ドル(+2.00ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年02月15日17:05現在の金・パラジウム・為替相場

17:05現在の金相場は1トロイオンス1356.85ドル、パラジウムは1007.55ドル、為替は1$106円41銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年02月15日国内貴金属は総じて値を上げプラス圏へ↑金は8営業日ぶりに値を上げ、パラジウムも小高く推移。

【金相場】14日のNY金相場は、予想以上の米国消費者物価指数を受けて下落する場面も見られたが、米国小売売上高の落ち込みを受けて、ドル安に転じたことから地合いを引き締めて急伸。中心限月の4月限は1トロイオンス1358.00ドル(+27.60ドル)と、年初来高値となった先月25日相場(1362.90ドル)以来およそ3週間ぶりの高値を付けて取引きを終了。この日の金相場は、発表された1月の消費者物価指数(CPI)が市場予想を上回り堅調な内容となった事から、インフレを抑制する為に米連邦準備理事会(FRB)が利上げを急ぎかねないとの思惑が広がり、序盤は売りが先行した。また、発表に伴い外国為替市場ではドル高が進んだ事も、金への重しとなり相場は一時1319ドル近辺まで値を落とす場面もあった。しかしその後、統計内容が消化されると、為替相場の流れが反転。CPIと同時刻に発表された1月の米小売売上高が予想に反して減少したことや、12月実績が前月比+0.4%から0.0%に下方修正されたことがドル売りに繋がり、金は買い戻しに反転した。このほか、米財政赤字増大に対する懸念が浮上していることも意識され、株高が進んだにも関わらず金も上げ幅を拡大し、一段高で取引きを終えた。なお、1日の上げ幅では昨年3月中旬以来およそ11ヶ月ぶりの大きさとなった。

国内の金相場は、NY相場が一段高となった事を映して8営業日ぶりに上昇。買取ベースでは1gあたり4,975円(+25円)と、このところの連続安が一服し、先週7日相場以来およそ1週間ぶりの高値に値戻しました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

02/15   4975円 (+25円)

02/14   4950円 (-4円)

02/13   4954円 (-2円)

02/09   4956円 (-3円)

02/08   4959円 (-41円)

02/07   5000円 (-37円)

02/06   5037円 (-7円)

02/05   5044円 (-28円)

02/02   5072円 (+15円)

02/01   5057円 (+46円)

直近10日間の金相場平均価格:5,000円/g


【パラジウム相場】14日のNYパラジウム相場は、発表された米経済指標が強弱まちまちの展開となる中、ドル安が進んだ事による割安感や、米国株の上昇が買い材料となり上伸。中心限月の3月限は1トロイオンス997.30ドル(+16.60ドル)と、4営業日続伸し、6日相場(約1週間)ぶりの高値に戻して取引きを終了。この日のパラジウムは、買いが優勢となった前日までの流れを引き継ぐも、一部で利確売りが出るなど、序盤は前日終値を挟んで売り買いが交錯した。その後、発表された1月のインフレ指標が市場予想を上回ったことを受けて、外国為替市場ではドル買い・ユーロ売りが進行。ドル建てのパラジウムは他貴金属同様に割高感が意識されたほか、金融当局が利上げペースを加速させるとの懸念が広がり、一時マイナス圏に沈むなど相場を圧迫された。ただ、CPIと同時に発表された1月の米小売売上高が予想に反して低調な内容となった事でドル高が一服。ドルの軟化を眺めてプラスサイドに転じた後、金やプラチナの急伸や、米国株が堅調となった事も好材料となり、パラジウムも一時1000ドル圏内(高値999.75ドル)まで値を伸ばすなど、上げ幅を拡大した。なお、清算値確定後はドル安の進行を受けて、パラジウムは上げ幅を拡大し1000ドルを超える水準まで上伸した。

国内のパラジウムは、円高の進行に上げ幅を抑えられるも、堅調となったNY相場の値動きを眺めてプラス圏に浮上。買取では1gあたり3,650円(+5円)と、前日の下げを戻して小反発しました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

02/15   3650円 (+5円)

02/14   3645円 (-5円)

02/13   3650円 (+59円)

02/09   3591円 (-92円)

02/08   3683円 (-102円)

02/07   3785円 (-27円)

02/06   3812円 (-98円)

02/05   3910円 (+33円)

02/02   3877円 (+21円)

02/01   3856円 (-91円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:3,746円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:30現在の金相場は1トロイオンス1355.75ドル、パラジウムは1003.05ドル、為替は1$106円62銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年02月15日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取価格40,150円(+150円)、その他の12%金パラの買取り価格は39,950円(+150円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1,207円(+5円)と、本日地金の金が8営業日ぶりに値を上げ反発したことや、パラジウムが前日の下げを戻すなど上昇したことで、金パラもプラス圏で推移し上伸。前週までの軟調地合いが一服し、7日相場(1週間)ぶりの高値に値戻しました。

なお、本日は相場が上昇した為、本日到着の未開封の金パラは+100円/個でのお買取りとさせて頂きます。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年02月15日本日の地金価格-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,975円(+25円)、パラジウム3,650円(+5円)、銀61.46円(+0.33円)、プラチナ3,671円(+42円)と、国内貴金属は堅調な動きとなったNY相場高を映して、総じてプラス圏で推移。金はNY相場が4日上伸し約3ヶ月ぶりの高値を付けるなど一段高となった事から、国内でも8営業日ぶりにプラスサイドに転じ反発。先週7日相場以来およそ1週間ぶりの高値に戻したほか、銀も値を上げ同様に7日相場ぶりの高値に回復。また、本日は白金族のパラジウム・プラチナも共に上昇し、パラジウムは前日の下げを埋めて小反発。プラチナは金同様に8営業日ぶりに値を上げ反発しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5486件 326~330件目を表示