相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数7067件 381~385件目を表示

2019年06月03日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金4,885円(+28円)、パラジウム4,963円(-167円)、銀54.00円(-0.11円)、プラチナ2,978円(-3円)と、国内貴金属は金を除いてマイナスサイドに反転。金はリスクオフの流れから週末のNY相場が約1ヶ月半ぶりの高値を付けた事を映して、国内でも前営業日と同額を値上げ3日続伸。直近高値を抜いて、5月16日相場以来およそ2週間ぶりの高値となった一方、銀は3営業日ぶりに値を下げ反落。また、本日はパラジウムも利確売りから6営業日ぶりに反落し、前営業日に付けた1ヶ月ぶりの高値圏から反転しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年06月03日週末31日 海外貴金属相場

【31日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1311.10ドル(+18.70ドル)

銀:1456.70セント(+7.60セント)

パラジウム:1331.50ドル(-34.20ドル)

プラチナ:794.20ドル(+0.10ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年05月31日20:20現在の金・パラジウム・為替相場

20:20現在の金相場は1トロイオンス1298.85ドル、パラジウムは1369.10ドル、為替は1$108円84銭前後の値動きで推移しております。

明日土曜日は当社定休日のため休業となります。週明けの相場動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年05月31日国内貴金属はプラチナを除いて上昇↑金は続伸し、パラジウムは1ヵ月ぶりの高値を更新。

【金相場】30日のNY金相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)による利下げ観測が浮上したことなどを背景に買われ上伸。中心限月の8月限は1トロイオンス1292.40ドル(+6.10ドル)と、15日相場以来およそ2週間ぶりの高値に戻して取引きを終了。米商務省が朝方に発表した2019年1-3月期の実質GDP(国内総生産)改定値では、個人消費支出(PCE)物価指数のコアが1.0%上昇と、速報値の1.3%上昇から下方修正されたほか、4月の米中古住宅販売成約指数は市場の予想に反して低下するなど、米経済指標では景気の向かい風が強まっていることが示された。また、クラリダFRB副議長はこの日、ニューヨークで講演し、インフレ率がFRBの目標2%を長期的に下回れば、「FRBは適切な金融政策運営スタンスを考慮に入れるだろう」と発言。利下げを含めた金融緩和を検討する考えを示唆した。これを受けて、FRBによる次の一手は利下げになるのではないかとの観測が浮上し、金は買いが優勢となった。 また、米中貿易懸念から米国株が安寄りした事も支援材料となり、買いが活発化する展開となった。ただ、外国為替市場ではドル高・ユーロ安基調が継続し、ドル建てで取引される金商品に割高感が生じたため、相場の上値は限定的だった。

国内の金相場は、利下げ観測の思惑からNY相場が買い優勢で推移した事を映して上伸。買取ベースでは1gあたり4,857円(+28円)と、プラス圏で推移し続伸しました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

05/31  4857円 (+28円)

05/30  4847円 (+8円)

05/29  4821円 (-38円)

05/28  4859円 (+16円)

05/27  4843円 (-10円)

05/24  4853円 (+12円)

05/23  4841円 (-19円)

05/22  4860円 (+17円)

05/21  4843円 (-9円)

05/20  4852円 (-17円)

直近10日間の金相場平均価格:4,846円/g


【パラジウム相場】30日のNYパラジウム相場は、FRBによる利下げ観測が浮上したほか、他貴金属の上昇が好感され急騰。中心限月の9月限は1トロイオンス1365.70ドル(+21.80ドル)と、4営業日続伸し、中心終値では4月30日相場以来およそ1ヶ月ぶりの高値を付けて取引きを終了。この日のパラジウムは、前日まで3連騰していた反動から、序盤は利益確定の売りなども出やすく安寄りした。しかし、売り一巡後は引き続き供給への先行き不安が意識され、安値では買い戻しが入ったほか、FRBによる利下げ観測が浮上すると相場は一気に急騰。ドル高・株安にも関わらず、上げ幅を拡大したパラジウムは、一時1370ドル超まで値を伸ばした。その後、一部で調整売りが出る場面もあったが、金など他貴金属の上昇が意識され、そのまま高値圏で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、約1ヵ月ぶりの高値を記録したNY相場高を映して上伸。買取では1gあたり5,130円(+38円)と、月初来高値を抜いて、先月26日相場以来およそ1ヵ月ぶりの高値となりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

05/31  5,130円 (+38円)

05/30  5,092円 (+32円)

05/29  5,060円 (±0円)

05/28  5,060円 (+38円)

05/27  5,022円 (+59円)

05/24  4963円 (-32円)

05/23  4995円 (-38円)

05/22  5033円 (-27円)

05/21  5060円 (+65円)

05/20  4,995円 (-59円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:5,041円/g


10:40現在の金相場は1トロイオンス1293.85ドル、パラジウムは1366.20ドル、為替は1$109円36銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年05月31日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格48,800円(+300円)、その他の12%金パラの買取り価格は48,600円(+300円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1088円(+10円)と、本日地金の金・銀・パラジウムが軒並み上伸し、金が約2週間ぶり、パラジウムが1ヵ月ぶりの高値となった事から、金パラも値を伸ばし上げ幅を拡大。ここ最近の高値を抜いて、月初の7日相場以来およそ3週間ぶりの高値となりました。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7067件 381~385件目を表示