相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数7737件 171~175件目を表示

2020年04月02日国内金相場は6営業日ぶりに上昇し反発↑一方、パラジウムはマイナス圏で推移し続落↓

【金相場】1日のNY金相場は、全体的に小動きな展開となる中、小幅安で推移。中心限月の6月限は1トロイオンス1591.40ドル(-5.20ドル)と、3営業日続落して取引きを終了。米サプライ管理協会(ISM)がこの日朝方に発表した3月の米製造業景況指数は49.1(前月50.1)と、景気拡大と縮小の節目とされる50を3カ月ぶりに下回ったほか、米民間雇用サービス会社のADP(オートマティック・データ・プロセッシング)が発表した3月の全米雇用報告も、非農業部門の民間就業者数が前月比2万7000人減と、2017年9月以来2年半ぶりに就業者数がマイナスとなった。新型コロナウイルスの世界的流行が深刻化する中、こうした低調な内容の米経済指標を受けて景気減速懸念が高まり、安全資産とされる金に「質への逃避買い」が入った。ただ、対ユーロでドル高が進んだ事や、引けにかけては他の貴金属相場に追随する形で軟調に推移し、結局小幅安で取引きを終えた。

国内の金相場は、引け後の海外相場の戻しや為替が円安に傾斜した事を受けプラスサイドに反転。買取ベースでは1gあたり5,965円(+53円)と、6営業日ぶりに値を上げ反発しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

04/02  5965円 (+53円)

04/01  5912円 (-174円)

03/31  6086円 (-12円)

03/28  6098円 (-91円)

03/27  6189円 (-29円)

03/26  6218円 (-138円)

03/25  6356円 (+264円)

03/24  6092円 (+296円)

03/23  5796円 (+114円)

03/19  5682円 (-114円)

10日間の金相場平均価格:6,039円/g


【パラジウム相場】1日のNYパラジウム相場は、前日の急騰に対する反動売りや、低調な米経済指標を受けた株安進行を背景に圧迫されマイナス圏に反転。中心限月の6月限は1トロイオンス2140.80ドル(-164.00ドル)と反落し、売り優勢で取引きを終了。前日急騰して引けた後、高値反動から時間外取引きのアジア時間では売り戻しが優勢となり上げ幅を消化してスタート。その後、発表されたドイツの2月小売売上高がまずまずな内容となった事から、相場は次第に買い戻しに反転し2288ドルまで上昇した。しかし、新型コロナウイルス感染による米国の死者数が拡大するとの予測が報じられたほか、発表された米国経済指標(3月米製造業景況指数、3月ADP雇用統計)が、それぞれ冴えない内容となった事を受け米国株が下げ幅を広げると、パラジウムも相場を圧迫され、結局マイナス圏で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、マイナスサイドに転じたNY相場を映し続落。買取では1gあたり8,613円(-259円)と、マイナス圏での値動きとなりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

04/02  8613円 (-259円)

04/01  8872円 (-49円)

03/31  8921円 (+203円)

03/30  8718円 (-220円)

03/27  8938円 (-170円)

03/26  9108円 (+1452円)

03/25  7656円 (+753円)

03/24  6903円 (+638円)

03/23  6265円 (+17円)

03/19  6248円 (+27円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,024円/g


11:50現在の金相場は1トロイオンス1592.05ドル、パラジウムは2217.30ドル、為替は1$107円48銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年04月02日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格73,050円(-1250円)、その他の12%金パラの買取り価格は72,850円(-1250円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1,754円(-44円)と、本日地金の金はプラス圏に転じ6営業日ぶりに反発したものの、パラジウムが値を下げ続落した事から、金パラもマイナス圏で推移し続落となりました。

現在、貴金属は世界情勢や為替動向など様々な要因から価格変動が激しくなっており、金パラ相場も値動きが荒い展開が続いております。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年04月02日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金5,965円(+53円)、パラジウム8,613円(-259円)、銀51.81円(±0円)、プラチナ2,732円(+1円)と、国内貴金属はまちまちな展開に。金はNY相場では小安く引けたものの、その後の戻りや円安要因から国内ではプラス圏で推移し上昇。6営業日ぶりに値を上げ反発したほか、プラチナも横ばい圏ながら上昇に転じ4営業日ぶりに小反発。一方、パラジウムはNY相場が前営業日からの売り戻しが優勢となった事を映し、国内でも値を下げ続落しました。なお、銀は前日比変わらずの値動きとなっております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年04月02日1日 海外貴金属相場

【1日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1591.40ドル(-5.20ドル)

銀:1398.40セント(-17.20セント)

パラジウム:2140.80ドル(-164.00ドル)

プラチナ:717.80ドル(-12.10ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年04月01日17:00現在の金・パラジウム・為替相場

17:00現在の金相場は1トロイオンス1600.15ドル、パラジウムは2245.20ドル、為替は1$107円62銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7737件 171~175件目を表示