相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数7443件 46~50件目を表示

2020年02月10日19:50現在の金・パラジウム・為替相場

19:50現在の金相場は1トロイオンス1579.25ドル、パラジウムは2259.80ドル、為替は1$109円79銭前後の値動きで推移しております。

明日11日は祝日休業の為お休みとなります。明後日13日(水)の相場動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年02月10日国内金相場は最高値圏に再浮上した一方、パラジウムは続落し軟調に推移。

【金相場】週末7日のNY金相場は、リスク回避目的として買いが入り3日続伸。中心限月の4月限は1トロイオンス1573.40ドル(+3.40ドル)と、買い優勢で取引きを終了。朝方発表された1月の米雇用統計で、非農業部門の雇用者数の増加幅が市場予想を大幅に上回り良好な内容となった事で、金は相場を圧迫され一時的に軟調となった。しかし、小売りの雇用減少が個人消費の縮小懸念を招いたほか、世界的な株安や新型肺炎の世界的な広がりに対する警戒感も強く、その後相場はプラス圏に切り返すなど買い優勢に反転した。

国内の金相場は、買い優勢となった週末のNY相場を映し3日上伸。買取ベースでは1gあたり6,053円(+18円)と、月初来高値を抜いて、歴代最高値を記録した1月8日相場(6,061円)以来およそ1ヶ月ぶりの高値に値戻しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

02/10  6053円 (+18円)

02/07  6035円 (+40円)

02/06  5995円 (+36円)

02/05  5959円 (-44円)

02/04  6003円 (-33円)

02/03  6036円 (+27円)

01/31  6009円 (-14円)

01/30  6023円 (+26円)

01/29  5997円 (-35円)

01/28  6032円 (+11円)

10日間の金相場平均価格:6,014円/g


【パラジウム相場】週末7日のNYパラジウム相場は、世界的な株安などリスクオフムードの中、持高調整売りに押され3日続落。中心限月の3月限は1トロイオンス2210.20ドル(-27.00ドル)と、マイナス圏で取引きを終了。米労働省が朝方発表した1月の雇用統計が良好な内容となった事から、外国為替市場ではドル買いが台頭。ドル建てのパラジウムは割高感が意識され序盤より小安く推移した。また、米連邦準備理事会(FRB)が議会に半年に一度提出する金融政策報告書の中で、新型肺炎の感染拡大が新たな脅威になり中国経済に混乱を招き、世界経済に波及する可能性を警告したことから、投資家のリスク回避ムードが再燃。米国株が反落した事に連れてパラジウムも売られたほか、週末を控えて持高調整も出やすかった事で、売り優勢となった。

国内のパラジウムは、軟調となった週末のNY相場を映し続落。買取では1gあたり8,905円(-187円)と、マイナス圏での推移となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

02/10  8905円 (-231円)

02/07  9092円 (-231円)

02/06  9323円 (+66円)

02/05  9257円 (+446円)

02/04  8811円 (+192円)

02/03  8619円 (-135円)

01/31  8754円 (-38円)

01/30  8792円 (+30円)

01/29  8762円 (-5円)

01/28  8767円 (-292円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,908円/g


12:50現在の金相場は1トロイオンス1574.35ドル、パラジウムは2230.70ドル、為替は1$109円80銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年02月10日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格72,400円(-700円)、その他の12%金パラの買取り価格は72,200円(-700円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1652円(-35円)と、本日地金の金はプラス圏で推移し上伸したものの、パラジウムが値を下げ続落した事から、金パラもマイナス圏で推移し続落しました。

金やパラジウムの急騰を背景に、昨年末27日から価格水準を切り上げて推移している金パラは、本日までに1個あたり+10,350円(+14.3%)となっております。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年02月10日地金流通協会発表-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金6,053円(+18円)、パラジウム8,905円(-187円)、銀67.65円(-0.44円)、プラチナ3,713円(-3円)と、国内貴金属は金を除いて軟調な展開に。金は買い優勢で引けた週末のNY相場を映し、国内でも値を上げ3日続伸。月初来高値を抜いて、歴代最高値を記録した1月8日相場(6,061円)以来およそ1ヶ月ぶりの高値に値戻した一方、銀やパラジウム、プラチナはそれぞれ値を下げ、マイナス圏での値動きとなりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年02月08日週末7日 海外貴金属相場

【7日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1573.40ドル(+3.40ドル)

銀:1769.20セント(-12.60セント)

パラジウム:2210.20ドル(-27.00ドル)

プラチナ:969.20ドル(+1.80ドル)

本日は当社定休日のため通常業務は行なっておりません。お休み中に頂きました各お問い合わせは、週明け月曜日に順次ご対応させて頂きます。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7443件 46~50件目を表示