相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数7071件 316~320件目を表示

2019年06月24日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金5,190円(+55円)、パラジウム5,573円(+81円)、銀56.49円(-0.21円)、プラチナ3,015円(+9円)と、週末のNY相場を映して銀を除いて上昇。金は週末のNY相場が約5年9ヶ月ぶりの高値となった事から、国内でも上げ幅を拡大し5日続伸。2015年1月29日相場以来およそ4年5ヶ月ぶりの高値を記録し価格水準を一段切り上げたほか、白金族のパラジウム・プラチナも共に値を上げ反発。パラジウムは直近高値を更新するなど一段高となった週末のNY相場を受けて、国内でも大幅高となり急騰。前営業日の下げを埋めて、3月27日相場以来およそ3ヵ月ぶりの高値となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年06月22日週末21日 海外貴金属相場

【21日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1400.10ドル(+3.20ドル)

銀:1529.00セント(-20.20セント)

パラジウム:1499.60ドル(+19.00ドル)

プラチナ:811.00ドル(+5.40ドル)

本日は当社定休日のため、通常業務は行っておりません。お休み中に頂きました各お問い合わせは、週明け月曜日に順次ご対応させて頂きます。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年06月21日国内金相場は約4年4か月ぶりの高値を記録し急騰↑一方、パラジウムは利確売りから11営業日ぶりに反落↓

【金相場】20日のNY金相場は、前日発表された連邦公開市場委員会(FOMC)の声明がハト派的な内容となったほか、中東リスクの警戒感が意識され急騰。中心限月の8月限は1トロイオンス1396.90ドル(+48.10ドル)と、大幅高となり、中心終値では2013年9月3日相場以来およそ5年9ヶ月ぶりの高値を記録して取引きを終了。米連邦準備理事会(FRB)が前日19日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で早期利下げを示唆しハト派的な内容となった事から、金は発表直後の時間外取引きより買いが殺到し上昇した。また、外国為替市場でドルが主要通貨に対して下落し、ドル建ての金は割安感が生じたほか、イランが米軍の無人偵察機を撃墜したと伝えたことから、米国とイランの軍事衝突に対する警戒感が高まり、地政学的リスクへの警戒感からも安全資産としての金買いに繋がり、この日は約5年9ヶ月ぶりの高値を記録するなど一段高で取引きを終えた。

国内の金相場は、約5年9ヵ月ぶりの高値となったNY相場を映して休診。買取ベースでは1gあたり5,135円(+89円)と、2015年2月5日相場以来およそ4年4ヶ月ぶりの高値を記録し一段高となりました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

06/21  5135円 (+89円)

06/20  5046円 (+20円)

06/19  5026円 (+23円)

06/18  5003円 (+2円)

06/17  5001円 (-5円)

06/14  5006円 (+28円)

06/13  4978円 (+20円)

06/12  4958円 (+1円)

06/11  4957円 (-28円)

06/10  4985円 (+10円)

直近10日間の金相場平均価格:5,010円/g


【パラジウム相場】20日のNYパラジウム相場は、1525ドル超まで急伸した後、利確売りが出た事で反落。中心限月の9月限は1トロイオンス1480.60ドル(-12.00ドル)と、3営業日ぶりに値を下げ、高値一服で取引きを終了。前日発表された連邦公開市場委員会(FOMC)声明から、利下げ観測が高まったことを受けて、外国為替市場ではドル安が進行。ドル建てのパラジウムは発表直後の時間外取引より買いが先行し上昇した。また、金など他貴金属の上昇や、テクニカル要因からも買いが入り上げ幅を拡大。相場は午前中には1500ドルを突破し、一時1525.10ドルまで急騰するなど一段高となった。ただ、直近では3ヶ月ぶり(3月26日相場来)の高値圏で推移するなど、価格水準を切り上げていたことから利益確定の売りも出やすかったほか、発表された6月フィラデルフィア連銀製造業景気指数が予想に反して低調な結果となった事、イランによる米軍の無人偵察機撃墜の報を受けると、上昇も一服となり相場はマイナス圏に沈下した。

国内のパラジウムは、円高要因や利確売りに押されたNY相場を受けて上値追いが一服。買取では1gあたり5,492円(-65円)と、11営業日ぶりに反落し、本日はマイナス圏での値動きとなりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

06/21  5,492円 (-65円)

06/20  5,557円 (+17円)

06/19  5,540円 (+108円)

06/18  5,432円 (±0円)

06/17  5,432円 (+59円)

06/14  5,373円 (+103円)

06/13  5,265円 (+76円)

06/12  5,189円 (+43円)

06/11  5,146円 (+70円)

06/10  5,076円 (+49円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:5,350円/g


12:25現在の金相場は1トロイオンス1409.25ドル、パラジウムは1488.75ドル、為替は1$107円06銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年06月21日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格51,200円(-100円)、その他の12%金パラの買取り価格は51,000円(-100円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1165円(-3円)と、本日金が約4年4ヶ月ぶりの高値を記録するなど一段高となった一方、パラジウムが利確売りに押され11営業日ぶりに反落した事から、金パラも前日までの連騰が一服し、11営業日ぶりに反落となりました。

現在、日相場の価格変動が激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年06月21日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金5,135円(+89円)、パラジウム5,492円(-65円)、銀56.70円(+0.86円)、プラチナ3,006円(-18円)と、国内貴金属はまちまちの展開に。金はNY相場が約5年9ヶ月ぶりの高値を記録するなど急騰した事から、国内でも上げ幅を拡大し急伸。年初来高値を抜いて、2015年2月5日相場以来およそ4年4ヶ月ぶりの高値を記録し価格水準を一段切り上げたほか、銀も3連騰と値を伸ばし4月26日相場(約2ヶ月半)ぶりの高値を更新。一方、本日は白金族のパラジウム・プラチナが共に値を下げマイナス圏へ。パラジウムは前日までの急騰を受けNY相場が利確売りに押された事を映して、国内でも高値一服となり11営業日ぶりに反落。プラチナは3営業日ぶりに値を落としました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7071件 316~320件目を表示