相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数7071件 151~155件目を表示

2019年08月22日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金5,502円(-2円)、パラジウム5,378円(-49円)、銀62.32円(+0.11円)、プラチナ3,142円(+32円)と、国内貴金属はまちまちの展開に。金は値動きがなかったNY相場を受け、国内でも横ばい圏での値動きとなった一方、銀は連日で年初来高値を抜いて、昨年6月18日相場以来およそ1年2ヵ月ぶりの高値を更新。パラジウムは利確売りに押されたNY相場を映して、国内でも5営業日ぶりに反落し、プラチナは反発しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年08月22日21日 海外貴金属相場

【21日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1515.70ドル(±0ドル)

銀:1715.10セント(+0.30セント)

パラジウム:1465.50ドル(-24.20ドル)

プラチナ:858.10ドル(+5.30ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年08月21日国内貴金属はプラチナを除いて上昇↑金は5,500円台に再浮上し、パラジウムは3週間ぶりの高値を継続。

【金相場】20日のNY金相場は、ドル安が支援材料となり上昇。中心限月の12月限は1トロイオンス1515.70ドル(+4.10ドル)と、3営業日ぶりに小反発して取引きを終了。中国の華為技術(ファーウェイ)を巡る米中の対立や、英国の合意なき欧州連合(EU)離脱に対する懸念を受けて、金は安全資産として序盤より買いが入り上昇した。また、前日までの下げに対する安値拾いが入ったほか、外国為替市場ではドルが下落した事で、割安感が意識された事も金への買い材料となった。ただ、翌21日に発表を控える7月30、31日両日の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨や、週末のパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演を控えて様子見ムードも広がり、相場の値動きは限定的だった。

国内の金相場は、買い優勢となったNY相場を映して反発。買取ベースでは1gあたり5,504円(+26円)と、プラス圏に反転し、再度5,500円台に浮上しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

08/21  5504円 (+26円)

08/20  5478円 (-32円)

08/19  5510円 (+41円)

08/09  5469円 (-18円)

08/08  5487円 (+87円)

08/07  5400円 (+48円)

08/06  5352円 (+74円)

08/05  5278円 (-40円)

08/02  5318円 (+37円)

08/01  5281円 (-57円)

10日間の金相場平均価格:5,408円/g


【パラジウム相場】20日のNYパラジウム相場は、ドル安やテクニカル要因から買い地合いが継続し4日続伸。中心限月の9月限は1トロイオンス1489.70ドル(+15.40ドル)と、月初来高値を抜いて、先月末31日相場以来およそ3週間ぶりの高値で取引きを終了。堅調となった前3日間の買い地合いを引き継ぎ、この日のパラジウムも時間外取引より値を伸ばし上昇した。また、外国為替市場ではドルがユーロに対して下落した事や、テクニカルな買いも入り上げ幅を拡大。相場は一時1490.90ドルまで上昇するなど一段高となった。途中、株安を受けて上値を重くする場面も見られたが、引き続き買い地合いが継続し、この日もプラス圏で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、引き続き堅調地合いとなったNY相場を映して4日上伸。買取では1gあたり5,427円(+16円)と、前日相場同様に1日以来およそ3週間ぶりの高値を更新しました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

08/21  5,427円 (+16円)

08/20  5,411円 (+103円)

08/19  5,308円 (+129円)

08/09  5,179円 (+6円)

08/08  5,173円 (-65円)

08/07  5,238円 (+81円)

08/06  5,157円 (+27円)

08/05  5,130円 (-200円)

08/02  5,330円 (-335円)

08/01  5,665円 (+6円)

10日間のパラジウム相場平均価格:5,302円/g


12:25現在の金相場は1トロイオンス1506.70ドル、パラジウムは1483.15ドル、為替は1$106円48銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年08月21日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取価格52,000円(+150円)、その他の12%金パラの買取り価格は51,800円(+150円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1141円(+5円)と、本日地金の金がプラス圏に転じ反発した事に加え、パラジウムが4営業日続伸し約3週間ぶりの高値を付けるなど堅調地合いが継続した事から、金パラも値を伸ばし3営業日続伸。キャストウェルでは52,000円台に浮上し、7月31日相場以来およそ3週間ぶりの高値となりました。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年08月21日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金5,504円(-32円)、パラジウム5,427円(+16円)、銀62.21円(+0.86円)、プラチナ3,110円(-18円)と、国内貴金属はプラチナを除いて上昇。金はNY相場がプラス圏に転じた事を映して、国内でも値を上げ反発。再度5,500円台に浮上したほか、銀も値を上げ昨年6月18日相場以来およそ1年2ヵ月ぶりの高値を更新。また、パラジウムは引き続き買い優勢地合いとなったNY相場を受け、国内でも連日堅調な展開となり上げ幅を拡大。4営業日続伸し、前日相場同様に1日以来およそ3週間ぶりの高値を更新しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7071件 151~155件目を表示