相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数4890件 1761~1765件目を表示

2016年06月24日歯科用12%金パラ-今週5営業日の値動き

本日地金の金が円安要因からプラス圏に転じた事に加え、パラジウムが上げ幅を拡大した事から、12%金パラも堅調に推移し上伸。GC キャストウェル M.C.の買取り価格28,200円(+250円)、その他の12%金パラの買取り価格は27,900円(+250円) と続伸し、10日相場以来およそ2週間ぶりの高値に値戻しました。

今週5営業日の金パラは、横ばいとなった22日相場を除いて全日プラス圏で推移するなど堅調に推移。EU離脱懸念の緩和から金が利益確定売りに押された一方で、先週まで売りが進んだパラジウム安が一服し上昇に反転した事から、金パラも反発。週初めより値を上げ、本日は金・パラジウムが共に値を上げた事から、金パラもおよそ2週間ぶり(10日相場来)の高値に値戻す展開となりました。

週間高値は28,200円(24日:キャストウェルベース)、安値は27,700円(20日相場)、平均価格は27,890円/個となっており、平均では前週平均27,940円/個に対して1個あたり-50円と、小幅ながら値を落としマイナス推移となりました。5日間の値動きは以下の通り。

《今週5営業日の12%金パラ価格推移(キャストウェルベース)》

06/24   28200円  (+250円)

06/23   27950円  (+150円)

06/22   27800円  (±0円)

06/21   27800円  (+100円)

06/20   27700円  (+50円)

5営業日の金パラ平均相場:27,890円
(前週平均比:-50円/個)


昨年末12月~6月現在までの値動きは以下の通り。※キャストウェルベース

(昨年12月)
最高値:29,550円(12/7相場)
最安値:28,400円(12/3相場)
平均価格:28,860円


(1月)
最高値:28,100円(1/5相場)
最安値:26,400円(1/13相場)
平均価格:27,181円


(2月)
最高値:28,300円(2/15相場)
最安値:27,300円(2/25相場)
平均価格:27,888円


(3月)
最高値:30,000円(3/23相場)
最安値:27,700円(3/1相場)
平均価格:29,343円


(4月)
最高値:30,050円(4/28相場)
最安値:27,850円(4/8相場)
平均価格:28,765円


(5月)
最高値:29,600円(5/12相場)
最安値:27,850円(5/26相場)
平均価格:28,934円


(6月 ※18営業日現在)
最高値:28,300円(6/10相場)
最安値:27,550円(6/3相場)
平均価格:27,958円


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、相場が大幅に値動く場合が御座います。為替相場との兼ね合いからも日相場の価格変動が非常に激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2016年06月24日国内金相場は4営業日ぶりに反発したほか、パラジウムは上げ幅を拡大し2週間ぶりの高値圏へ↑

【金相場】23日のNY金相場は、英国の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票が実施される中、引き続きEU残留への思惑が強まった事から投資家のリスク回避意欲が後退し軟調に推移。中心限月の8月限は1トロイオンス1263.10ドル(-6.90ドル)と、5営業日続落し、中心終値では8日相場以来およそ2週間ぶりの安値で取引きを終了。英国の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票がこの日より始まり、投票直前に公表された複数の世論調査で残留派がややリードしているとの結果が出たことから、市場では投資意欲が回復しリスクオンの展開に。リスク資産とされる原油や株式には買いが入って上伸する一方、安全資産とされる金商品はこの日も売りが進み概ね軟調に推移した。また、発表された米国の週間新規失業保険申請件数が大幅に減少するなど雇用改善が示された事もあり、金相場の下押し要因となった。ただ、外為市場ではドル売り・ユーロ買いが進行し、ドル建てで取引される金は割安感から買い戻される場面も見られ一時プラス圏に浮上したほか、英国民投票の結果を見極めたいとした動きもあって、下値は限定的だった。

国内の金相場は、NY市場が引き続きリスクオンの流れに押される中、為替が円安・ドル高に振れたことを受けて反発。買取ベースでは1gあたり4,583円(+34円)と、4営業日ぶりに値を上げ、ここ最近の連続安が一服する展開となりました。

《本日までの6月の金相場価格推移(買取)》

06/24   4583円 (+34円)

06/23   4549円 (-22円)

06/22   4571円 (-49円)

06/21   4620円 (-15円)

06/20   4635円 (+21円)

06/17   4614円 (-90円)

06/16   4704円 (+24円)

06/15   4680円 (-8円)

06/14   4688円 (±0円)

06/13   4688円 (+25円)

06/10   4663円 (+20円)

06/09   4643円 (+58円)

06/08   4585円 (-18円)

06/07   4603円 (+7円)

06/06   4596円 (+49円)

06/03   4547円 (-26円)

06/02   4573円 (-67円)

06/01   4640円 (+12円)

6月現在の金相場平均価格:4,621円/g


【パラジウム相場】23日のNYパラジウム相場は、英国の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票が行われる中、残留派が優勢との報に市場では安心感が広がり買いが優勢となった。中心限月の9月限は1トロイオンス565.90ドル(+3.65ドル)と4営業日続伸し、中心終値では前日相場同様に5月18日以来およそ5週間ぶりの高値継続で取引きを終了。この日のパラジウムは、上げ幅を拡大した前日相場の反動から利益確定売りが進んだほか、金やプラチナなど他貴金属の軟調さも意識され、序盤は安寄りした。一方、英国ではEU残留・離脱を問う国民投票が開始され、投票直前に公表された複数の世論調査で残留派がリードしているとの結果が出たことから、残留を織り込むなど投資意欲が回復。原油や株式相場が上昇しリスクオンの展開となる中で、パラジウムも買いが入ったほか、発表された独・ユーロ圏の6月製造業PMIがそれぞれ前月値・市場予想を上回る良好な内容となった事も意識されプラス圏に浮上した。その後は、プラチナの弱さが意識されたほか、投票結果を見極めたいとした様子見から上値は抑えられ、そのまま小幅高で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、上値追いの展開となった海外相場高や円安要因が加わり4日続伸と上げ幅を拡大。買取では1gあたり1,987円(+21円)と、10日相場以来およそ2週間ぶりの高値に回復しました。

《本日までの6月のパラジウム相場価格推移(買取)》

06/24   1987円 (+21円)

06/23   1966円 (+27円)

06/22   1939円 (+27円)

06/21   1912円 (+27円)

06/20   1885円 (-5円)

06/17   1890円 (-5円)

06/16   1895円 (±0円)

06/15   1895円 (-44円)

06/14   1939円 (-5円)

06/13   1944円 (-54円)

06/10   1998円 (-22円)

06/09   2020円 (+27円)

06/08   1993円 (-27円)

06/07   2020円 (+27円)

06/06   1993円 (+38円)

06/03   1955円 (-54円)

06/02   2009円 (-38円)

06/01   2047円 (-38円)

6月現在のパラジウム相場平均価格:1,960円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:30現在の金相場は1トロイオンス1300.05ドル、パラジウムは553.90ドル、為替は1$102円01銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2016年06月24日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取り価格28,200円(+250円)、その他の12%金パラの買取り価格は27,900円(+250円)、開封品の金パラジウム買取り価格が862円(+7円)と、本日地金のパラジウムが上げ幅を拡大したほか、金が円安要因からプラスに転じた事から、12%金パラも続伸し上げ幅を拡大。直近高値を抜いて、およそ2週間ぶりの高値に値戻しました。

現在、日相場の価格変動が非常に激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2016年06月24日本日の地金価格-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,583円(+34円)、パラジウム1,987円(+21円)、銀62.54.円(+0.87円)、プラチナ3,528円(-12円)と、国内貴金属は海外相場の値動きや、為替がおよそ1ヶ月半ぶりの円安・ドル高水準に振れた事からプラチナを除いて堅調に推移。金はNY市場では引き続き軟調に推移するも、国内では円安要因から値を上げ4営業日ぶりに反発。また、銀も4営業日ぶりにプラスに転じたほか、パラジウムは海外相場が前日同様およそ5週間ぶりの高値を継続するなど、上値追いの展開となった事に加え、円安の進行から上げ幅を拡大し4営業日続伸。9日相場以来およそ2週間ぶりの高値に回復した一方、プラチナは前日の上げ幅をそのまま戻し本日は反落となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2016年06月24日23日 海外貴金属相場

【23日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1263.10ドル(-6.90ドル)

銀:1735.30セント(+4.10セント)

パラジウム:565.90ドル(+3.65ドル)

プラチナ:966.30ドル(-17.20ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4890件 1761~1765件目を表示