相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数7432件 961~965件目を表示

2019年03月20日国内金相場は約3週間ぶりの高値となったほか、パラジウムは連日で最高値記録を更新し一段高へ↑

【金相場】19日のNY金相場は、FOMC結果を控えて、ドル安が進んだ事が買い材料となり上昇。中心限月の4月限は1トロイオンス1306.50ドル(+5.00ドル)と、プラスサイドに転じて取引きを終了。この日から翌20日にわたって開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)結果を控えて、様子見ムードから相場は全体的に小動きな展開となるも、ハト派的なシグナルが発信されるとの観測が広がっていることから、外国為替市場ではドル売りが進行。ドル建ての金商品は割安感が意識され買いが先行した。その後、買いが一巡して徐々に上げ幅を縮小するも、プラス圏での推移を維持し買い優勢で取引きを終えた。

国内の金相場は、買い優勢となったNY相場を映して上伸。買取ベースでは1gあたり5,016円(+13円)と、3営業日続伸し、月初の1日相場以来およそ3週間ぶりの高値に値戻しました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

03/20  5016円 (+13円)

03/19  5003円 (+10円)

03/18  4993円 (+10円)

03/15  4983円 (-29円)

03/14  5012円 (+23円)

03/13  4989円 (+28円)

03/12  4961円 (-5円)

03/11  4966円 (+19円)

03/08  4947円 (-5円)

03/07  4952円 (-13円)

直近10日間の金相場平均価格:4,982円/g


【パラジウム相場】19日のNYパラジウム相場は、先行き供給不安を背景に買いが旺盛となり直近では最長の7営業日続伸。中心限月の6月限は1トロイオンス1551.90ドル(+12.20ドル)と、前日相場同様に史上最高値を記録して取引きを終了。この日のパラジウムは、急騰した前日相場の流れを引き継ぎ序盤より買いが先行した。また、厳格化される自動車排ガス基準に対応するため、自動車排ガス浄化触媒のメーカーがパラジウム確保を急いでいる一方、世界最大の産出国ロシアによるパラジウム・スクラップ輸出の一部制限検討がされるなど、需給バランスの観点から供給逼迫が意識され、一時1563.30ドルまで値を伸ばす展開となった。その後、一部で利益確定売りが出た事や、ドルの戻りを受けて買いも一巡するも、引き続き堅調地合いを維持し、この日も最高値を記録して取引きを終えた。
先行き供給不安や、米中通商協議への楽観的見方、米連邦準備理事会(FRB)のハト派シグナルなどを背景に、このところ価格水準を切り上げているパラジウムは、年初来では+354.70ドル(+22.8%)となり、金との価格差は245.40ドル(パラジウム高)と過去最大となった。
なお、ロンドン市場のパラジウムスポット価格は前日比1.4%高の1オンス1601.52ドルと、史上初めて1オンス1600ドルを突破。年初からの上昇率は27%に達し、バンク・オブ・アメリカ(BofA)メリルリンチは今年の平均価格予想を1800ドルに引き上げ、場合によっては2000ドルを付ける可能性もあると示唆した。

国内のパラジウムは、一代高値更新となった海外相場を映して上伸。買取では1gあたり6,097円(+71円)と、6,100円台に迫るなど過去最高値を記録し、一段高の相場展開となりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

03/20  6097円 (+71円)

03/19  6026円 (+91円)

03/18  5935円 (-27円)

03/15  5962円 (+38円)

03/14  5924円 (+27円)

03/13  5897円 (±0円)

03/12  5897円 (+103円)

03/11  5794円 (-76円)

03/08  5870円 (-43円)

03/07  5913円 (+70円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:5,932円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:15現在の金相場は1トロイオンス1308.45ドル、パラジウムは1560.20ドル、為替は1$111円58銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年03月20日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取価格52,350円(+450円)、その他の12%金パラの買取り価格は52,150円(+450円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1334円(+13円)と、本日金が3日続伸し約3週間ぶりの高値に値戻したほか、パラジウムが前日に続いて急伸し連日で史上最高値を記録した事から、金パラも堅調地合いが継続し一段高へ。前日相場同様に最高値記録を更新し、初の52,000円台乗せとなりました。

パラジウムの高騰を背景に現在価格水準を切り上げている金パラは、年初来では本日までに1個あたり+8,350円(+15.9%)となっております。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年03月20日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金5,016円(+13円)、パラジウム6,097円(+71円)、銀58.43円(+0.21円)、プラチナ3,284円(+72円)と、国内貴金属は買い優勢となったNY相場を映して、軒並み堅調地合いが継続。金はNY相場がプラス圏に転じ反発したことを受け、国内でも堅調に推移し3営業日続伸。月初の1日相場以来およそ3週間ぶりの高値に戻したほか、銀も上昇し3日続伸。また、パラジウムは供給逼迫への先行き不安が意識され、海外・国内とも上げ幅を拡大。NY相場が7連騰し連日で史上最高値を更新するなど一段高で推移したことから、国内相場も6,100円台に迫るなど過去最高値を記録し価格水準を切り上げる展開となりました。プラチナは3日続伸し、2日相場(約3週間ぶり)の高値に回復。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年03月20日19日 海外貴金属相場

【19日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1306.50ドル(+5.00ドル)

銀:1537.20セント(+5.00セント)

パラジウム:1551.90ドル(+12.20ドル)

プラチナ:852.60ドル(+18.60ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年03月19日国内貴金属は軒並み値を上げ上昇↑金は続伸し、パラジウムは大台の6,000円台に浮上し過去最高値を更新。

【金相場】週明け18日のNY金相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)による連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて様子見ムードが広がり、小動きな展開に。中心限月の4月限は1トロイオンス1301.50ドル(-1.40ドル)と、横ばい圏ながら小反落して取引きを終了。新規の手掛かり材料に乏しい中、外国為替市場ではドルがユーロに対して軟化したことが金商品への割安感につながり、相場は未明ごろに一度プラス圏に浮上した。ただ、昼ごろにかけて為替相場が反転すると金相場の上値も重くなり、ジリジリと上げ幅を縮小。マイナスサイド転じた後は、売り買いが交錯し小動きな相場展開となった。市場は、翌19日から2日間の日程で開催されるFOMCに注目。今会合では政策金利の据え置き決定がほぼ確実視されている一方、会合後に公表される金利見通しでは年内の利上げ想定回数が従来の2回から1回以下に下方修正されるのではないかとの見方が優勢となっている。また、資産圧縮策の終了時期に関する判断にも注目が集まっている。

国内の金相場は、週明けのNY相場では小幅安に振れるも、引け後の戻りを映して、国内でもプラスサイドに転じ上昇。買取ベースでは1gあたり5,003円(+10円)と、前日の上げ幅と同額を値上げ、節目の5,000円台に再浮上しました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

03/19  5003円 (+10円)

03/18  4993円 (+10円)

03/15  4983円 (-29円)

03/14  5012円 (+23円)

03/13  4989円 (+28円)

03/12  4961円 (-5円)

03/11  4966円 (+19円)

03/08  4947円 (-5円)

03/07  4952円 (-13円)

03/06  4965円 (+14円)

直近10日間の金相場平均価格:4,977円/g


【パラジウム相場】週明け18日のNYパラジウム相場は、中国の景気刺激策による好感や、米国株の上昇を背景に買い地合いが強まり急伸。中心限月の6月限は1トロイオンス1539.70ドル(+21.20ドル)と、これまでの歴代高値2月26日相場(1519.70ドル)を抜いて、史上最高値を更新して取引きを終了。中国による景気刺激策への期待などを背景に同国株価が上昇した事が材料となり、この日のパラジウムは序盤より買いが旺盛となり上昇。また、翌19日から開催予定の米連邦公開市場委員会(FOMC)が、ハト派寄りの内容になるとの見方から買いの勢いが加速。ドル安やテクニカルな買いも巻き込み、相場は一時1541.80ドルと1540ドル台に浮上した。その後、ドル安一服や一部で利益確定売りが出るも、米国株の上昇が支援材料となり、そのまま高値で取引きを終えた。
先行き供給不安や、米中通商協議への楽観的見方、米連邦準備理事会(FRB)のハト派シグナルなどを背景に、このところ価格水準を切り上げているパラジウムは、年初来では+342.50ドル(+22.2%)となり、金との価格差は238.20ドル(パラジウム高)と過去最大となった。

国内のパラジウムは、史上最高値を更新するなど一段高となった週明けのNY相場を映して急騰。買取では1gあたり6,026円(+91円)と、初の6,000円台にのせるなど、4日に付けたこれまでの高値を抜いて、過去最高値を更新しました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

03/19  6026円 (+91円)

03/18  5935円 (-27円)

03/15  5962円 (+38円)

03/14  5924円 (+27円)

03/13  5897円 (±0円)

03/12  5897円 (+103円)

03/11  5794円 (-76円)

03/08  5870円 (-43円)

03/07  5913円 (+70円)

03/06  5843円 (-59円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:5,913円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。12:15現在の金相場は1トロイオンス1309.55ドル、パラジウムは1547.10ドル、為替は1$111円19銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7432件 961~965件目を表示