相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数7338件 6771~6775件目を表示

2014年07月15日国内金が大きく値を下げ4営業日ぶりに反落↓パラジウムは変わらずの横ばい。

《金相場》週明け14日のNY金相場は、最近の上昇を受けた高値反動から大きく値を下げ続落。中心の8限月は1トロイオンス1306.70ドル(-30.70ドル)と、中心限月の終値では6月18日以来およそ3週間半ぶりの安値で取引きを終了。ポルトガルの銀行不安が和らいだ事や、欧米の株式相場の上昇を背景に、最近の上昇を受けた高値反動から利益確定を目的とした調整売りが出た事で、金相場は大きく値を下げた形に。売り一巡後は、15日・16日とイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言を控え、市場では様子見ムードが広がり小動きな展開となった。

国内の金も海外相場の下落を映し反落。買取ベースでは1gあたり4,563円(-96円)と、4営業日ぶりに下げに転じ7月に入って初めて4,600円を割れとなりました。金は昨日国内では3月18日相場以来およそ4カ月ぶりの高値圏で推移するなど、上昇していた反動から値を下げた形に。直近10日間の値動きでは最高値(7/14相場):4,659円、最安値(7/15相場):4,563円、平均価格:4,623円/gとなっております。

【直近10日間の金相場価格推移(買取ベース)】

07/15 4563円 (-96円)

07/14 4659円 (+5円)

07/11 4654円 (+19円)

07/10 4635円 (+34円)

07/09 4601円 (-6円)

07/08 4607円 (-18円)

07/07 4625円 (-1円)

07/04 4626円 (-7円)

07/03 4633円 (+11円)

07/02 4622円 (+8円)

10日間の金相場の平均価格:4,623円

 

 
《パラジウム相場》週明け14日のNYパラジウム相場は小幅に値を下げ反落。中心限月の9月物は1トロイオンス872.00ドル(-3.30ドル)と、3営業日ぶりに反落となった。この日、金相場が大きく下落するなど貴金属は総じて軟調に推移。白金も大きく値を下げた事で、パラジウムも連られる形で小幅ながら値を下げマイナス圏でこの日の取引きを終了した。ただ、依然として南アフリカ情勢や、ウクライナ情勢不安を背景に相場を下支えしている模様で、他貴金属が大きく下落した中、パラジウムの下値は抑えられた形に。

国内のパラジウムは為替が円安・ドル高に振れた事で前営業日と変わらずの横ばい。買取では3,029円(±0円)と7連日で3,000円台で推移するなど高値水準を維持。南アで新たなストの懸念や、ウクライナ情勢が先行き不透明な事で7月に入り価格水準を一段切り上げているパラジウムは月初来より本日までに1gあたり+113円と、率では+3.7%の上伸。直近10日間の値動きでは、最高値:3,035円(7/10相場)、最安値:2,965円(7/2相場)、平均では3,013円となっております。

【直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取ベース)】

07/15 3029円 (±0円)

07/14 3029円 (+5円)

07/11 3024円 (-11円)

07/10 3035円 (±0円)

07/09 3035円 (+16円)

07/08 3019円 (-5円)

07/07 3024円 (+32円)

07/04 2992円 (+17円)

07/03 2975円 (+10円)

07/02 2965円 (+38円)

10日間のパラジウム相場の平均価格:3,013円


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:10現在の金は1トロイオンス1307.40ドル、パラジウムは871.90ドル、為替は1$101円61銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年07月15日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,563円(-96円)、パラジウム3,029円(±0円)、銀72.69円(-1.83円)、プラチナ5,200円(-44円)と、金はここ最近の高値反動から大きく値を下げ4営業日ぶりに反落し、銀も軟調に推移。白金族のプラチナも、金・銀に連られる形で値を下げる中、パラジウムのみ為替が円安に振れた事で、国内では前日比変わらずの横ばいとなりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年07月15日今日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取り価格33,150円(-250円)、その他の歯科用12%金パラの買取り価格は32,750円(-250円)、開封品の金パラジウム買取り価格が1,017円(-8円)と、本日地金のパラジウムは前日比変わらずの横ばいだったものの、金・銀が大きく値を下げた事で、歯科用金パラも反落。5営業日ぶりに値を下げ、8日相場に次いで今月では2度目の下げとなりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年07月14日18:10 現在の金・パラジウム・為替相場

18:10現在の金相場は1トロイオンス1321.55ドル、パラジウムは872.60ドル、為替は1$101円48銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年07月14日国内金は3日続伸し高値圏で推移。パラジウムは3営業日ぶり反発↑

《金相場》先週末11日のNY金相場は反落。中心の8月物では1337.40ドル(-1.80ドル)と、小幅に値を下げ3営業日ぶりに反落した。

ポルトガルの大手銀バンコ・エスピリトサント(BES)の経営不安を受けた欧米の株価下落は一服。投資家心理の悪化に歯止めが掛かっため、安全資産としての金は前営業日までにおよそ4ヶ月ぶりの高値(3月19日相場来)をつけた反動から売りが優勢となり、3日ぶりにマイナス圏で取引を終了。一方、中東やウクライナ情勢の先行き不透明感も根強く、地政学リスクを意識した事で金を買う動きもあり、引き続き相場を下支えした形に。今週のNY金相場は先週末終値比1トロイオンス+16.80ドル(+1.25%)と、前週に続きプラスで越週。

【NY金相場 先週の値動き(7月7日~7月11日)】 

7/7 1317.00ドル (-3.60ドル)

7/8 1316.50ドル (-0.50ドル)

7/9 1324.30ドル (+7.80ドル)

7/10 1339.20ドル (+14.90ドル)

7/11 1337.40ドル (-1.80ドル) 

※先週末比:1トロイオンス+16.80ドル(+1.25%) 


国内の金相場は為替との兼ね合いから小幅に値を伸ばし3日続伸。買取りベースでは1gあたり4,659円(+5円)と、前営業日に続き3月18日相場(4,662円/g)以来およそ4ヶ月ぶりの高値を継続。7月に入り堅調に推移している金相場は、月初来よりgあたり+83円と、率では+1.7%の上伸となっております。

 

 

《パラジウム相場》先週末11日のNYパラジウム相場は続伸。中心の9限月は1トロイオンス875.30ドル(+1.70ドル)と、前日に続き2001年2月以来およそ13年5ヶ月ぶりの高値水準で推移。

依然として、供給不足が強く意識されている事に加え、大幅な需要増加が重なり儒供逼迫の懸念からプラス圏でこの日の取引を終了。また、ウクライナで政府軍と、親ロシア派の対立が再び激化。政府側に23人の死者を出した事や、前日に行われた空爆で武装勢力の50人余りが死亡するなど情勢不安が続いている。欧州連合(EU)はロシアに対する制裁リストに新たに11人を追加する決定をし、12日に氏名を公表すると報じられた事で、パラジウムは供給警戒から値を伸ばした形に。今週のNYパラジウムは先週末(3日相場)終値比1トロイオンス+13.40ドル(+1.5%)と、前週に続きプラスで越週した。

【NYパラジウム相場 先週の値動き(7月7日~7月11日)】

7/7 868.95ドル (+7.05ドル)

7/8 872.90ドル (+3.95ドル)

7/9 872.70ドル (-0.20ドル)

7/10 873.60ドル (+0.90ドル)

7/11 875.30ドル (+1.70ドル) 

※先週末比:1トロイオンス+13.40ドル(+1.5%) 

 
国内のパラジウムは小幅に値を上げ反発。買取では1gあたり3,029円(+5円)と、3営業日ぶりにプラスに転じました。先月末より上伸し、価格水準を切り上げているパラジウムは7月初来より本日までに1gあたり+113円(+3.7%)と、一段高で推移しております。


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:05現在の金は1トロイオンス1337.05ドル、パラジウムは873.30ドル、為替は1$101円38銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7338件 6771~6775件目を表示