相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数6479件 1176~1180件目を表示

2018年03月28日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格39,850円(-100円)、その他の12%金パラの買取り価格は39,650円(-100円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1,151円(-4円)と、本日地金のパラジウムは値動きなしの横ばいとなった一方、金が前日付けた約1ヵ月ぶりの高値から後退し3営業日ぶりに反落した事から、金パラもマイナスに転じ反落となりました。

現在、日相場の価格変動が激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年03月28日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,889円(-22円)、パラジウム3,505円(±0円)、銀59.51円(-0.65円)、プラチナ3,437円(-26円)と、国内貴金属はパラジウムを除いて反落。金はリスク回避姿勢が一服し、利益確定売りに押されたNY相場を映して、国内でもマイナスサイドに転じ3営業日ぶりに反落。前日に付けた約1ヵ月ぶり(2月27日相場来)の高値から値を落としたほか、銀も3営業日ぶりに反落し、プラチナもマイナス圏へ反転。一方、パラジウムは円高基調に圧迫されるも、NY相場が安値を拾われ上昇に転じた事で、本日は値動きなしの横ばい推移となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年03月28日27日 海外貴金属相場

【27日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1342.00ドル(-13.00ドル)

銀:1654.10セント(-14.30セント)

パラジウム:971.80ドル(+4.95ドル)

プラチナ:946.70ドル(-3.70ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年03月27日18:00現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1354.15ドル、パラジウムは973.90ドル、為替は1$105円58銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年03月27日国内貴金属は総じて値を上げ上昇↑金は約1ヵ月ぶりの高値となったほか、パラジウムは3営業日ぶりに反発。

【金相場】週明け26日のNY金相場は、米国・ロシア間での緊張の高まりや、ドル安・ユーロ高に振れた事も買いを誘い4営業日続伸。中心限月の4月限は1トロイオンス1355.00ドル(+5.10ドル)と、前週末に付けた約5週間(2月16日相場)ぶりの高値を再更新して取引きを終了。米国や欧州連合(EU)各国は26日、英国で起きた神経剤による元ロシア情報員暗殺未遂事件への対抗措置として、ロシア外交官を追放する方針を決定した。米政府はロシア外交官60人を追放し、シアトルのロシア総領事館を閉鎖すると発表。ロシアが報復措置を取るのは必至で、米欧との対立がさらに深まるのではないかとの懸念が強まったことから、安全資産としての金を買う動きが広がった。また、外国為替市場ではドル安・ユーロ高基調が続いたこともドル建てで取引される金商品に割安感をもたらし相場を押し上げる要因となった。もっとも、米中貿易摩擦への警戒感がやや後退し米国株式相場が大幅高となった事で、買い一巡後は上値を抑えられる展開となった。

国内の金相場は、堅調地合いが継続し上伸した週明けのNY市場を映してプラス圏で推移。買取ベースでは1gあたり4,911円(+42円)と、2月27日相場以来およそ1ヵ月ぶりの高値を更新し、同日ぶりに4,900円台に値戻す展開となりました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

03/27   4911円 (+42円)

03/26   4869円 (+48円)

03/23   4821円 (-38円)

03/22   4859円 (+50円)

03/20   4809円 (+17円)

03/19   4792円 (-19円)

03/16   4811円 (-32円)

03/15   4843円 (-22円)

03/14   4865円 (+14円)

03/13   4851円 (-18円)

直近10日間の金相場平均価格:4,843円/g


【パラジウム相場】週明け26日のNYパラジウム相場は、ドル安や米国株の急反発に下値を支えられるも、米ロ関係悪化が警戒され軟調地合いが継続。中心限月の6月限は1トロイオンス966.85ドル(-4.70ドル)と、3営業日続落して取引きを終了。この日のパラジウムは、売りが優った前週末相場の流れを引き継ぎ時間外取引より安寄りした。その後、通常取引きがスタートすると、ドル安・ユーロ高が意識される中、割安感による買いが入って反発。加えて、米中貿易摩擦への警戒感がやや後退し、米国株式相場が大幅高となった事で、パラジウムもプラス圏に浮上し一時980ドル超まで値を上げる場面もあった。ただ、その後は米国・ロシア間での緊張の強まりを受け先行きを警戒した動きや、一部で持ち高調整売りが出た事で、結局マイナスサイドで取引きを終えた。

国内のパラジウムは、NY市場では引き続き軟調な展開に振れたものの、未明に進んだ円安・ドル高の流れを受けてプラス圏に浮上。買取では1gあたり3,505円(+17円)と値を上げ、3営業日ぶりに反発しました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

03/27   3505円 (+17円)

03/26   3488円 (-44円)

03/23   3532円 (-48円)

03/22   3580円 (+11円)

03/20   3569円 (-22円)

03/19   3591円 (+16円)

03/16   3575円 (-11円)

03/15   3586円 (-21円)

03/14   3607円 (+59円)

03/13   3548円 (-81円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:3,558円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:50現在の金相場は1トロイオンス1354.75ドル、パラジウムは976.10ドル、為替は1$105円67銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6479件 1176~1180件目を表示