相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数4769件 3991~3995件目を表示

2014年09月10日地金流通協会発表-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,581円(-3円)、パラジウム3,132円(-86円)、銀69.23円(+0.11円)、プラチナ5,062円(-34円)と、国内の貴金属は銀を除いて軟調に推移。金は昨日と同額を値下げ小幅続落。銀は唯一値を伸ばし、3営業日続伸。パラジウムは海外相場の下落を映して大きく反落。先月22相場以来およそ3週間ぶりの安値へ。プラチナも4営業日ぶりに下げに転じました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年09月10日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取り価格34,000円(-400円)、その他の歯科用12%金パラの買取り価格は33,600円(-400円)、開封品の金パラジウム買取り価格が1,043円(-12円)と、本日地金が揃って値を下げた事で、歯科用金パラも4営業日ぶりに反落しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年09月10日9日 海外貴金属相場

【9日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1248.50ドル(-5.80ドル)

銀:1892.0セント(-4.10セント)

パラジウム:860.45ドル(-25.70ドル)

プラチナ:1385.80ドル(-11.70ドル)


この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年09月09日18:00 現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1255.90ドル、パラジウムは882.55ドル、為替は1$106円34銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年09月09日為替がドル高・円安に振れた事で、国内パラジウムは反発↑

週明け8日のニューヨークパラジウム相場は反落。中心の12月限は1トロイオンス886.15ドル(-5.30ドル)と、3営業日ぶりに値を下げて取引きを終了。この日は貴金属市場全般が軟調に推移。パラジウムは一時前日高値を上回って推移したが、上昇は続かず反転。ウクライナ政府と、親ロシア派による停戦の合意が結ばれた事から、緊迫していた供給不安が緩和された事や、他貴金属の動向を伺う形でパラジウムも値を下げ、結局マイナス圏でこの日は引けた。欧州連合(EU)は8日、ロシアへの追加制裁の発動を突如延期。ロシアから報復の措置をさらに招かぬよう、出来れば追加制裁を発動せずにウクライナの停戦を持続させたいという思惑。欧州連合(EU)は追加制裁を原則承認し、近く官報で発表・実施の予定だったが、ウクライナ政府と親ロシア派の5日の合意により、停戦が持続する可能性が出てきた為、8日に延期を決めた。


国内パラジウムは週明けの海外相場は軟調に推移しましたが、為替がドル高・円安に振れた事で値を上げ反発。買取では3,218円(+16円)と、3営業日連日で3,200円台で推移するなど高値圏推移。為替相場は円対ドルでは一時106円09銭と2008年10月3日以来およそ5年11カ月ぶりの安値を付けるなど、ドル高・円安が進行。

【直近10営業日のパラジウム価格相場推移(買取ベース)】

09/09 3218円 (+16円)

09/08 3202円 (-6円)

09/05 3208円 (+60円)

09/04 3148円 (-38円) ※最安値

09/03 3186円 (-59円)

09/02 3245円 (+5円) ※最高値

09/01 3240円 (+54円)

08/29 3186円 (+11円)

08/28 3175円 (+11円)

08/27 3164円 (±0円)

直近10営業日のパラジウム平均価格相場:3,197円/g(買取)


11:00現在のパラジウムは1トロイオンス886.90ドル前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4769件 3991~3995件目を表示