相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数7950件 561~565件目を表示

2020年02月07日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金6,035円(+40円)、パラジウム9,092円(-231円)、銀68.09円(+0.88円)、プラチナ3,716円(-76円)と、国内貴金属はNY相場を映してまちまちな展開に。金は買い優勢で引けたNY相場高を映し、国内でも堅調に推移し上伸。6,000円台に戻し、3日に付けた直近高値水準まで再浮上したほか、銀も値を伸ばし3営業日続伸。一方、白金族のパラジウム・プラチナはこのところの高値推移が意識され利確売り優勢に。それぞれ4営業日ぶりに値を下げ、上値追い一服となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年02月07日6日 海外貴金属相場

【6日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1570.00ドル(+7.20ドル)

銀:1781.80セント(+21.60セント)

パラジウム:2237.20ドル(-89.50ドル)

プラチナ:967.40ドル(+21.00ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年02月06日14:55現在の金・パラジウム・為替相場

14:55現在の金相場は1トロイオンス1557.80ドル、パラジウムは2359.45ドル、為替は1$109円97銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年02月06日国内貴金属は軒並み上昇↑金は3営業日ぶりに反発し、パラジウムは3日上伸。

【金相場】5日のNY金相場は、安値拾いの買いが旺盛となり4営業日ぶりに反発。中心限月の4月限は1トロイオンス1562.80ドル(+7.30ドル)と、買い優勢で取引きを終了。英スカイニューズ・テレビは5日、中国を中心に感染が拡大する新型コロナウイルスのワクチン開発について、英研究者チームが「大幅な前進」を遂げたことを明らかにしたと報道。4日には、中国の浙江大学の研究チームが新型肺炎治療に有効な薬剤を発見したと伝わり、早期封じ込めに対する期待が浮上した。これをきっかけに、市場のリスク回避ムードは後退。世界的に株価が持ち直したほか、外国為替市場ではドル買いが進行し金商品の割高感につながった事に加え、オートマティック・データ・プロセッシング(ADP)が朝方発表した1月の米民間就業者数が大幅に増加したことも、売り材料となり軟調となった。しかし、売り一巡後は安値拾いや、買い戻しの動きから相場はプラス圏に回復し、結局この日は4営業日ぶりに反発して引けた。

国内の金相場は、買い優勢となったNY相場を映して上昇。買取ベースでは1gあたり5,995円(+36円)と、値を上げ3営業日ぶりに反発しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

02/06  5995円 (+36円)

02/05  5959円 (-44円)

02/04  6003円 (-33円)

02/03  6036円 (+27円)

01/31  6009円 (-14円)

01/30  6023円 (+26円)

01/29  5997円 (-35円)

01/28  6032円 (+11円)

01/27  6021円 (+39円)

01/24  5982円 (-19円)

10日間の金相場平均価格:6,006円/g


【パラジウム相場】5日のNYパラジウム相場は、買いが膨らみ一代高値を記録した後、利確売りに押され7営業日ぶりにマイナス圏へ。中心限月の3月限は1トロイオンス2326.70ドル(-8.90ドル)と、反落して取引きを終了。前日には急騰し1月22日の歴代高値と並ぶなど買い優勢となった流れを引き継ぎ、この日のパラジウムは時間外取引きより堅調に推移。供給逼迫への警戒やテクニカルな買いが入ったほか、投資家心理の改善から株高に連れて相場は一時大台の2400ドル超まで上げ幅をする場面もあった。しかし、外国為替市場ではドル高が進んだ事や、目先の利益を確定する売りに押され次第に売り優勢に反転。午後に入ると前日終値水準まで値を戻し、結局この日はマイナス圏で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、海外相場の引け後の戻り屋円安要因からプラス圏で推移し3日上伸。買取では1gあたり9,323円(+66円)と、前日同様に1月24日相場(9,455円)以来およそ2週間ぶりの高値に値戻しました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

02/06  9323円 (+66円)

02/05  9257円 (+446円)

02/04  8811円 (+192円)

02/03  8619円 (-135円)

01/31  8754円 (-38円)

01/30  8792円 (+30円)

01/29  8762円 (-5円)

01/28  8767円 (-292円)

01/27  9059円 (-396円)

01/24  9455円 (-335円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,960円/g


11:55現在の金相場は1トロイオンス1558.45ドル、パラジウムは2350.70ドル、為替は1$109円92銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年02月06日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格74,100円(+500円)、その他の12%金パラの買取り価格は73,900円(+500円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1727円(+17円)と、本日地金が軒並み値を上げ堅調に推移した事から、金パラも値を伸ばし3営業日続伸。キャストウェルでは74,000円台に値戻し、過去最高値を記録した1月23日相場(約2週間)ぶりの高値に値戻しました。

金やパラジウムの急騰を背景に、昨年末27日から価格水準を切り上げて推移している金パラは、本日までに1個あたり+12,050円(+16.2%)となっております。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7950件 561~565件目を表示