相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数6732件 111~115件目を表示

2019年05月14日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金4,905円(+37円)、パラジウム5,000円(-87円)、銀55.19円(-0.11円)、プラチナ3,239円(-3円)と、国内貴金属は金を除いてマイナス圏へ。リスクオフの流れから金は週明けのNY相場が上伸した事を映して、国内でもプラス圏で推移し3日続伸。4月26日相場以来およそ3週間ぶりの高値に戻した一方、銀は軟調地合いが継続し7日続落。また、本日はパラジウムも値を下げ反落となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年05月14日週明け13日 海外貴金属相場

【13日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1301.80ドル(+14.40ドル)

銀:1477.70セント(-1.30セント)

パラジウム:1316.80ドル(-33.90ドル)

プラチナ:854.90ドル(-10.70ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年05月13日17:15現在の金・パラジウム・為替相場

17:15現在の金相場は1トロイオンス1286.90ドル、パラジウムは1331.45ドル、為替は1$109円66銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年05月13日国内金相場は小幅続伸したほか、パラジウムもNY相場の急騰を映して6営業日ぶりに反発↑

【金相場】週末10日のNY金相場は、米中貿易戦争の行方に注目が集まる中、ドル安進行による割安感や、逃避目的から買いを集め上昇。中心限月の6月限は1トロイオンス1287.40ドル(+2.20ドル)と、小幅続伸して取引きを終了。米中両国は前日に続きこの日も閣僚級貿易協議を行った。ただ、米メディアは9日の協議では「ほとんど進展が見られなかった」と報道。また、トランプ米政権は予定通り10日に中国からの輸入品2000億ドル(約22兆円)相当に課している追加関税を10%から25%へ引き上げを実施し、中国側も報復措置を発動する構えを見せているため、投資家のリスク回避姿勢が強まる中、この日は未明から安全資産とされる金買いが優勢となった。さらに、外国為替市場でドル安・ユーロ高が先行したこともドル建てで取引される金の割安感につながり相場の押し上げ要因となった。ただ、トランプ大統領は10日のツイッターで、対中協議に関し「急ぐ必要は全くない」と表明。米中貿易交渉の行方を慎重に見極めたいとの思惑が広がったため、買い一巡後は上値は抑えられる展開となり、結局小幅高で引けた。

国内の金相場は、小幅続伸した週末のNY相場を映して上伸。買取ベースでは1gあたり4,868円(+3円)と、横ばい圏ながらプラス圏で推移し続伸しました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

05/13  4868円 (+3円)

05/10  4865円 (+2円)

05/09  4863円 (-20円)

05/08  4883円 (-16円)

05/07  4899円 (-10円)

04/26  4909円 (-20円)

04/25  4929円 (+30円)

04/24  4899円 (-10円)

04/23  4909円 (-16円)

04/22  4925円 (+9円)

直近10日間の金相場平均価格:4,895円/g


【パラジウム相場】週末10日のNYパラジウム相場は、このところの下げに対する値ごろ感や、株高が意識され急反発。中心限月の6月限は1トロイオンス1350.70ドル(+67.70ドル)と、5営業日ぶりに大きく値を上げて取引きを終了。米中の通商協議の1日目が終了し、リスク回避の動きが一服したことを受けて、この日は時間外取引きより堅調に推移し上昇した。また、このところの売り過剰感から安値拾いの買い戻しや、ドル安の進行、株価持ち直しが好材料となり上げ幅を拡大。加えて、米中の通商協議が建設的とされ、テクニカルな買いも入り相場は一気に1353.90ドルの高値まで急騰した。その後、週末を控えた持ち高調整から上値追いは一服するも、堅調な株価や他貴金属の値動きが意識され、そのまま高値圏で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、値ごろ感から急反発した週末のNY相場を映して急騰。買取では1gあたり5,087円(+119円)と、このところの調整地合いが一服し、6営業日ぶりに反発しました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

05/13  5,087円 (+119円)

05/10  4968円 (-38円)

05/09  5006円 (-27円)

05/08  5033円 (-81円)

05/07  5114円 (-318円)

04/26  5432円 (-27円)

04/25  5459円 (+97円)

04/24  5362円 (+11円)

04/23  5351円 (-119円)

04/22  5470円 (-43円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:5,228円/g


11:40現在の金相場は1トロイオンス1287.65ドル、パラジウムは1331.50ドル、為替は1$109円75銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年05月13日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格48,600円(+300円)、その他の12%金パラの買取り価格は48,400円(+300円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1072円(+11円)と、本日地金の金が小幅続伸したほか、パラジウムが6営業日ぶりに急反発し大幅高となった事から、金パラも大きく上昇し6営業日ぶりに反発しました。

現在、日相場の価格変動が激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6732件 111~115件目を表示