相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5610件 366~370件目を表示

2018年03月12日本日の地金価格-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,869円(+26円)、パラジウム3,629円(+92円)、銀60.48円(+0.64円)、プラチナ3,557円(+61円)と、国内貴金属は堅調となった週末のNY相場を映して、軒並みプラス圏で推移。金は小幅ながら3営業日ぶりに値を上げた9日のNY相場を受けて、国内でも上昇し3営業日ぶりに反発。また、銀・パラジウム・プラチナもそれぞれ堅調地合いを維持し続伸。パラジウム・プラチナはNY相場高や円安要因も加わり、共に月初1日(約2週間)ぶりの高値に値戻す展開となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年03月10日週末9日 海外貴金属相場

【9日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1324.00ドル(+2.40ドル)

銀:1660.80セント(+10.80セント)

パラジウム:986.50ドル(+21.25ドル)

プラチナ:964.20ドル(+11.90ドル)

本日は当社定休日の為、通常業務は行っておりません。お休み中に頂きました各お問い合わせは、週明け月曜日に順次ご対応させて頂きます。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年03月09日18:05現在の金・パラジウム・為替相場

18:05現在の金相場は1トロイオンス1321.75ドル、パラジウムは971.05ドル、為替は1$106円73銭前後の値動きで推移しております。

明日土曜日は当社定休日のため休業となります。また、今夜は米国の2月雇用統計発表が控えており、内容によっては貴金属・為替相場共に大きく値動く場合が御座いますので、週明けの相場動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年03月09日歯科用12%金パラ-今週5営業日の値動き

本日地金の金は横ばいながら小幅に値を下げたものの、パラジウムがプラスサイドに転じ調整地合いが一服した事から、金パラも上昇し3営業日ぶりに反発。GC キャストウェル M.C.の買取り価格40,150円(+150円)、その他の12%金パラの買取り価格は39,950円(+150円)

今週5営業日の金パラは、金やパラジウムの値動きを受けて、金パラもまちまちの展開となりレンジ内で推移。週前半は横ばいからプラス圏に振れた後、半ば以降2日間にわたっては、パラジウムの軟化を受けて、金パラもマイナス圏に反転。週末の本日は、パラジウムが値を上げた事から金パラも上昇に転じ、3営業日ぶりに反発しました。

週間5日間では値を上げた日が2日(6日・9日相場)、値を下げた日が2日(7日・8日相場)と、変わらなかった日が1日(5日相場)となり、週間高値は40,300円(6日相場:キャストウェルベース)、安値は40,000円(8日相場)。平均価格40,170円/個では、前週平均40,980円/個に対して-810円/個と、3週ぶりにマイナス推移となりました。5日間の値動きは以下の通り。

《今週5営業日の12%金パラ価格推移(キャストウェルベース)》

03/09   40150円 (+150円)

03/08   40000円 (-200円)

03/07   40200円 (-100円)

03/06   40300円 (+100円)

03/05   40200円 (±0円)

5営業日の金パラ相場(平均):40,170円
前週平均比:-810円/個



2017年1月~2018年3月現在までの値動きは以下の通り。※キャストウェルベース

(2017年 1月)
最高値:34,500円(01/23相場)
最安値:32,900円(01/27相場)
平均価格:33,778円


(2017年 2月)
最高値:34,750円(02/16相場)
最安値:33,350円(02/06相場)
平均価格:34,070円


(2017年 3月)
最高値:34,600円(03/02相場)
最安値:33,400円(03/15相場)
平均価格:34,075円


(2017年 4月)
最高値:34,750円(04/28相場)
最安値:33,500円(04/19相場)
平均価格:34,228円


(2017年 5月)
最高値:34,800円(05/16相場)
最安値:33,650円(05/19相場)
平均価格:34,325円


(2017年 6月)
最高値:36,050円(06/23相場)
最安値:34,800円(06/01相場)
平均価格:35,566円


(2017年 7月)
最高値:36,400円(07/31相場)
最安値:35,350円(07/07相場)
平均価格:35,880円


(2017年 8月)
最高値:37,800円(08/31相場)
最安値:36,250円(08/07相場)
平均価格:36,900円


(2017年 9月)
最高値:39,000円(09/04相場)
最安値:37,700円(09/11相場)
平均価格:38,265円


(2017年 10月)
最高値:39,800円(10/16相場)
最安値:38,050円(10/03相場)
平均価格:39,160円


(2017年 11月)
最高値:41,200円(11/29相場)
最安値:40,000円(11/01相場)
平均価格:40,750円


(2017年 12月)
最高値:42,150円(12/29相場)
最安値:40,600円(12/06相場)
平均価格:41,455円


(2018年 1月)
最高値:43,050円(01/16相場)
最安値:41,200円(01/31相場)
平均価格:42,425円


(2018年 2月)
最高値:41,500円(02/27相場)
最安値:39,650円(02/09相場)
平均価格:40,655円


(2018年 3月 ※7営業日現在)
最高値:40,900円(03/01相場)
最安値:40,000円(03/08相場)
平均価格:40,279円


現在、日相場の価格変動が激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年03月09日円建ての金相場は小幅安に振れ続落↓一方、パラジウムは8営業日ぶりにプラスに転じ軟調地合いが一服。

【金相場】8日のNY金相場は、翌日に発表される2月の米国雇用統計を控え様子見姿勢が広がる中、為替相場がドル高方向に振れたことや、米国の株高を意識され売り優勢の展開に。中心限月の4月限は1トロイオンス1321.70ドル(-5.90ドル)と、続落して取引きを終了。欧州中央銀行(ECB)は8日の定例理事会で大方の予想通り、金融政策の現状維持を決定した。ただ、ドラギECB総裁は会見で量的緩和は少なくとも9月末まで継続し、終了後も政策金利は一定期間据え置くとの見解を示すなど、予想されていたほどタカ派的ではなく慎重だったと受け止められ、外国為替市場ではユーロ売り・ドル買いが進行。ドル建てで取引される金商品に割高感が生じ、金は相場を圧迫された。ただ、トランプ米大統領が8日午後にも鉄鋼とアルミニウムの輸入制限措置の発動を命じる文書に署名するとみられていたことから、最終的な決定内容を見極めたいとの見方や、翌日9日に発表される2月の米雇用統計を控えた様子見ムードから、相場の値動きは限定的となった。市場では9日発表の米雇用統計結果が、今後の利上げペース加速の論拠を強めるものになるとの観測が広がっている。

国内の金相場は、売り優勢となったNY相場安を映すも、為替が円安に傾斜した事で、下げは小幅となり横ばい推移。買取ベースでは1gあたり4,843円(-3円)と、小幅ながら値を下げる展開となりました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

03/09   4843円 (-3円)

03/08   4846円 (-25円)

03/07   4871円 (+22円)

03/06   4849円 (+27円)

03/05   4822円 (-4円)

03/02   4826円 (-16円)

03/01   4842円 (-37円)

02/28   4879円 (-42円)

02/27   4921円 (+19円)

02/26   4902円 (+2円)

直近10日間の金相場平均価格:4,860円/g


【パラジウム相場】8日のNYパラジウム相場は、ドル高の進行に上値を抑えられるも、安値拾いの買い戻しや、米国株高が支援材料となり上昇。中心限月の6月限は1トロイオンス965.60ドル(+6.55ドル)と反発し、買い優勢で取引きを終了。この日のパラジウムは、売りが優った前日相場の流れを引き継ぎ、序盤は前日終値をやや下回って推移した。ただ、その後は売り過剰感から安値拾いの買いが入ると、相場は次第にプラス圏に反転。ECB総裁のドラギ発言により、外国為替市場ではユーロ安・ドル高が進んだ事で上値を抑えられるも、米国が鉄鋼などの輸入関税の適用に除外国を設けるなど柔軟な姿勢を示したため、米国株が上昇した事や、押し目買いが入り、この日はプラス圏で取引きを終えた。

国内のパラジウムはプラス圏に転じたNY相場高を映して上昇。買取では1gあたり3,537円(+27円)と、8営業日ぶりに値を上げ、軟調地合いが一服する展開となりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

03/09   3537円 (+27円)

03/08   3510円 (-38円)

03/07   3548円 (-38円)

03/06   3586円 (±0円)

03/05   3586円 (±0円)

03/02   3586円 (-210円)

03/01   3796円 (-27円)

02/28   3823円 (-54円)

02/27   3877円 (+43円)

02/26   3834円 (+38円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:3,668円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:35現在の金相場は1トロイオンス1320.15ドル、パラジウムは972.05ドル、為替は1$106円74銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5610件 366~370件目を表示