相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数6003件 366~370件目を表示

2018年07月02日堅調に推移した週末のNY相場高を映して、国内貴金属は軒並み上昇↑

【金相場】週末29日のNY金相場は、ドルがユーロに対して軟調に推移したほか、このところの安値反動から買いが入り上昇。中心限月の8月限は1トロイオンス1254.50ドル(+3.50ドル)と、プラスサイドに転じ5営業日ぶりに反発して取引きを終了。難民問題を巡り欧州連合(EU)首脳会議で合意に至ったことから、外国為替市場ではユーロがドルに対して1カ月ぶりの大幅高となるなど堅調に推移。ドル建ての金商品は割安感から買いが入ったほか、このところの安値反動から買い戻しも手伝って、序盤より堅調に推移した。また、ECB(欧州連合)のドラギ総裁が、貿易戦争がエスカレートすれば、予想よりも大きな影響が及ぶ可能性があると警告した事も、安全資産としての金買いを後押しする形となった。一方、トランプ米大統領が税制改革第2弾として、法人税率を20ー21%に下げる方向で検討していると明らかにした事で、米国株が上昇する場面では金は上値を抑えられ、小幅高となった。

国内の金相場は、堅調に推移した週末のNY市場を映して上昇。買取ベースでは1gあたり4,778円(+29円)と、5営業日ぶりに反発し、26日(1週間)ぶりの高値に値戻しました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

07/02   4749円 (-8円)

06/29   4749円 (-8円)

06/28   4757円 (-16円)

06/27   4773円 (-6円)

06/26   4779円 (-32円)

06/25   4811円 (-21円)

06/22   4809円 (-23円)

06/21   4832円 (±0円)

06/20   4832円 (-32円)

06/19   4864円 (-16円)

直近10日間の金相場平均価格:4,798円/g



【パラジウム相場】週末29日のNYパラジウム相場は、対ユーロでのドル安進行や、堅調な米国経済指標、株高が支援材料となり急反発。中心限月の9月限は1トロイオンス950.90ドル(+20.00ドル)と、3営業日ぶりに反発して取引きを終了。欧州連合(EU)首脳会議で、難民問題を巡って合意に至ったことから、外国為替市場ではユーロ高・ドル安が進行。ドル建てのパラジウムは、金やプラチナなど他貴金属同様に割安感が意識され序盤より買いが先行した。また、発表された米国経済指標が概ね良好な内容となったほか、堅調な株式市場も追い風となり一段と上げ幅を拡大。加えて、トランプ米大統領による法人税率引き下げの声明も支援材料となり、この日は大幅高となった。

国内のパラジウムは、急反発した週末のNY相場高を映して上昇。買取では1gあたり3,618円(+43円)と、3営業日ぶりに値を上げ、21日相場(約1週間半)ぶりの高値となりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

07/02  3618円 (+43円)

06/29  3575円 (-11円)

06/28  3586円 (-27円)

06/27  3613円 (+92円)

06/26  3521円 (-65円)

06/25  3586円 (±0円)

06/22  3586円 (-59円)

06/21  3645円 (±0円)

06/20  3645円 (-81円)

06/19  3726円 (-5円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:3,610円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。10:50現在の金相場は1トロイオンス1253.15ドル、パラジウムは951.35ドル、為替は1$111円01銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年07月02日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格37,550円(+250円)、その他の12%金パラの買取り価格は37,350円(+250円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1,042円(+8円)と、本日地金が揃って値を上げ反発した事から、金パラもプラス圏で推移し上昇。3営業日ぶりに値を上げ、21日相場以来およそ1週間半ぶりの高値に値戻しました。

現在、日相場の価格変動が激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年07月02日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金4,778円(+29円)、パラジウム3,618円(+43円)、銀60.81円(+0.43円)、プラチナ3,258円(+21円)と、国内貴金属は堅調に推移した週明けのNY市場を映して軒並みプラス圏で推移し上昇。金はドル安要因やこのところの売り過剰感から買い戻されたNY相場を受けて、国内でもプラス圏に転じ5営業日ぶりに反発。最近の連続安が一服し、先週26日相場(1週間)ぶりの高値戻したほか、銀も値を上げ3営業日ぶりに上昇。また、本日は白金族のパラジウム・プラチナも共に3営業日ぶりに値を上げ、パラジウムは21日相場(約2週間)ぶりの高値に値戻す展開となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年06月30日週末29日 海外貴金属相場

【29日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1254.50ドル(+3.50ドル)

銀:1619.80セント(+15.70セント)

パラジウム:950.90ドル(+20.00ドル)

プラチナ:857.70ドル(+2.50ドル)

本日は当社定休日の為、通常業務は行っておりません。お休み中に頂きました各お問い合わせは、週明け月曜日に順次ご対応させて頂きます。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年06月29日19:10現在の金・パラジウム・為替相場

19:10現在の金相場は1トロイオンス1254.65ドル、パラジウムは946.50ドル、為替は1$110円68銭前後の値動きで推移しております。

明日土曜日は当社定休日のため休業となります。週明け月曜日の相場動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6003件 366~370件目を表示