相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数7558件 216~220件目を表示

2020年01月23日18:45現在の金・パラジウム・為替相場

18:45現在の金相場は1トロイオンス1559.70ドル、パラジウムは2388.15ドル、為替は1$109円55銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年01月23日国内貴金属は軒並み反発↑パラジウムは前日の下げを埋め最高値水準に再浮上。

【金相場】22日のNY金相場は、売りが先行するも通常取引で買い戻され下げ幅を縮小。中心限月の2月限は1トロイオンス1556.70ドル(-1.20ドル)と、小幅続落して取引きを終了。中国国家衛生健康委員会はこの日、新型のコロナウイルスによる肺炎について記者会見を開き、「ヒトからヒトに感染している」ことを確認。その上で、24日からの春節(旧正月)連休に備え、多くの人が集まる場所での換気や消毒、体温チェックなどを通じて拡散を抑制する対策を発表した。これを受けてリスク警戒ムードが和らぎ、中国市場では株価が下げ渋り、通貨人民元も落ち着いた値動きとなった。こうした中、時間外取引では安全資産とされる金商品への売りが先行したが、売り一巡後は安値拾いや新型肺炎による影響を見極めたいとの見方から、前日終値付近まで回復。その後は、今年最初の欧州中央銀行(ECB)の定例理事会を翌23日に控え、小幅な値動きでもみ合う展開となった。

国内の金相場は、プラス圏で推移し上昇。買取ベースでは1gあたり6,001円(+14円)と、反発し再度6,000円台に浮上しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

01/23  6001円 (+14円)

01/22  5987円 (-33円)

01/21  6020円 (+14円)

01/20  6006円 (+19円)

01/17  5987円 (-8円)

01/16  5995円 (+35円)

01/15  5960円 (+14円)

01/14  5946円 (-9円)

01/10  5955円 (±0円)

01/09  5955円 (-106円)

10日間の金相場平均価格:5,981円/g


【パラジウム相場】22日のNYパラジウム相場は、リスク選好意欲の高まりやテクニカルな買いが入り大幅高に。中心限月の3月限は1トロイオンス2335.60ドル(+102.90ドル)と、1日の上げ幅では過去最大となり、終値では史上初の2300ドルを突破して取引きを終了。中国の新型肺炎に対する警戒感が一服した事から、投資家のリスク選好意欲が高まりパラジウムは時間外取引きより買いが先行した。また、米国株が上昇スタートとなったほか、テクニカルな買いが入った事で相場は上げ幅を拡大。大台の2300ドル台にのせると一段と買いの勢いが増し、相場は一時2370ドル超まで急騰するなど価格水準を大幅に切り上げた。なお、通常取引終了後の時間外取引きでは一層上値追いの様相となり、相場は一時2420ドル超を記録した。
現在パラジウムは連日で史上最高値を更新するなど高騰中。昨年12月からの上げ幅では+510.90ドル(+21.8%)と、急速に価格水準を切り上げる展開となった。

国内のパラジウムは、大幅高となったNY相場を映し急反発。買取では1gあたり9,790円(+434円)と、前日の下げをほほ埋め戻し、再度最高値水準に切り返す展開となりました。昨年末から急速に上げ幅を拡大したパラジウムは、現在10,000円圏内で推移するなど高騰中。年初来の上げ幅は本日までに+2,475円(+25.2%)と、大幅に価格水準を切り上げる展開となっております。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

01/23  9790円 (+434円)

01/22  9356円 (-462円)

01/21  9818円 (+127円)

01/20  9691円 (+742円)

01/17  8949円 (+171円)

01/16  8778円 (+357円)

01/15  8421円 (+215円)

01/14  8206円 (+115円)

01/10  8091円 (+39円)

01/09  8052円 (+346円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,915円/g


12:15現在の金相場は1トロイオンス1560.25ドル、パラジウムは2406.80ドル、為替は1$109円65銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年01月23日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格74,900円(+1700円)、その他の12%金パラの買取り価格は74,700円(+1700円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1825円(+70円)と、本日地金が軒並み反発し、中でもパラジウムが前日の下げを埋め戻し大幅反発した事から、金パラも大幅高となり反発。前日の下げをそのまま戻し、最高値に再浮上しました。

金やパラジウムの急騰を背景に、昨年末27日から大幅に価格水準を切り上げて推移している金パラは、本日までに1個あたり+12,850円(+17.1%)となっております。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年01月23日地金流通協会発表-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金6,001円(+14円)、パラジウム9,790円(+434円)、銀68.31円(+0.33円)、プラチナ3,887円(+60円)と、国内貴金属は前日相場とは反転し軒並み上昇。金はNY市場では小幅安に引けるも、国内ではプラス圏に反転し上昇したほか、銀も値を上げ反発。また、白金族のパラジウム・プラチナも共に値を上げ、パラジウムは前日の下げをほほ埋め戻し大幅反発。再度最高値水準に切り返す展開となりました。昨年末から急速に上げ幅を拡大したパラジウムは、現在10,000円圏内で推移するなど高騰中。年初来の上げ幅は本日までに+2,475円(+25.2%)と、大幅に価格水準を切り上げる展開となっております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年01月23日22日 海外貴金属相場

【22日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1556.70ドル(-1.20ドル)

銀:1782.80セント(+2.00セント)

パラジウム:2335.60ドル(+102.90ドル)

プラチナ:1021.30ドル(+13.80ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7558件 216~220件目を表示