相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数4890件 2766~2770件目を表示

2015年09月04日本日の地金価格-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,653円(-49円)、パラジウム2,354円(-44円)、銀60.38円(-0.1円)、プラチナ4,171円(-41円)と、国内貴金属は売りが優った海外相場の値動きや、円高要因から総じて軟調に推移。金は引き続き売り地合いとなったNY市場を映し、国内でも軟調に推移し3日続落し、銀は海外相場では小高く推移するも為替要因から値を下げ反落。また、白金族のパラジウム・プラチナも共に昨日の上げ幅をそのまま戻し、本日はマイナス圏での推移となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年09月04日3日 海外貴金属相場

【3日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1124.50ドル(-9.10ドル)

銀:1470.70セント(+4.00セント)

パラジウム:581.55ドル(-1.80ドル)

プラチナ:1010.10ドル(-3.50ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年09月03日18:00現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1134.30ドル、パラジウムは588.15ドル、為替は1$120円30銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年09月03日ほぼ横ばいながら国内金相場は続落↓一方、パラジウムは上振れたNY相場を映して反発↑

【金相場】2日のNY金相場は、世界的な株安拡大の不安が一服し、リスク回避姿勢の後退から売りが優勢となった。中心限月の12月限は1トロイオンス1133.60ドル(-6.20ドル)と、マイナスに転じて取引きを終了。前日は中国の景気指標の悪化を背景に、世界的に景気先行き不安が広がり株安連鎖が再燃。安全資産として金は買われ上昇したが、この日は世界的な株安拡大の不安がやや弱まり、米欧で株高となったことを受けて、金は序盤より売りが先行した。また、この日発表された8月の米ADP雇用報告が、市場予想には届かなかったものの、前月比では伸びが加速したほか、4-6月期非農業部門労働生産性(確定値)が上方修正され、3四半期ぶりのプラスに改善するなど、良好な内容となった事から外為市場ではドルが堅調に推移。ドル建ての金は割高感にも相場を圧迫され売りが広がった。途中、原油相場がマイナス圏から切り返し、上昇したことを眺めた買い戻しもあったが、米の株価が終盤にかけて上げ幅を拡大した事が相場の重しとなり、結局この日は売りが優勢で取引きを終えた。

国内の金相場はマイナスに転じた海外相場安を映し値を下げるも、為替が円安に振れた事を受け下げ幅を縮小し小幅安。買取ベースでは1gあたり4,702円(-3円)と、ほぼ横ばい圏ながら小幅に値を下げ続落となりました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

09/03   4702円 (-3円)

09/02   4705円 (-30円)

09/01   4734円 (+10円)

08/31   4724円 (+30円)

08/28   4694円 (+41円)

08/27   4653円 (-31円) ※最安値

08/26   4684円 (-43円)

08/25   4727円 (-127円)

08/24   4854円 (-46円)

08/21   4900円 (+62円) ※最高値

直近10日間の金相場平均価格:4,738円/g





【パラジウム相場】2日のNYパラジウム相場は、前日の大幅安による反動買いや、世界的な株安連鎖の一服を受けた安心感から買い戻され反発。中心限月の12月限は1トロイオンス583.35ドル(+4.15ドル)と、小幅ながらプラスに転じて取引きを終了。序盤のパラジウムは、急落した前日相場の流れを引き継ぎ売りが先行した。しかしその後は、中国を起点とした世界的な株安の流れが一服し、米欧の株式相場が上昇した事による安心感からプラチナ同様、パラジウムも買い戻され相場はプラス圏に浮上。また、発表された米の経済指標が概ね良好な内容となり、中でも地区連銀経済報告(ベージュブック)で、景気拡大が示されたことをきっかけに上げ幅を拡大し、一時この日の高値587.65ドルまで上昇した。一方、外為市場ではドルが堅調に推移した事による割高感に相場を押される場面もあったが、米の株価が終盤にかけて上げ幅を伸ばした事が支援材料となり、この日はプラス圏で取引きを終えた。
ここ最近の相場動向の中心として注視されている中国では、3日-4日に渡り「抗日戦争勝利70年」の休日の為、金融取引きは休場。その後は週末に入る為、取引きは週明け7日に再開される。

国内のパラジウムは買い戻された海外相場高や、為替が円安に振れた事を受けて反発。買取では1gあたり2,398円(+44円)と、昨日の下げをやや戻し、本日はプラス圏での推移となりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

09/03   2398円 (+44円)

09/02   2354円 (-92円)

09/01   2446円 (+48円)

08/31   2398円 (+11円)

08/28   2387円 (+200円)

08/27   2187円 (+11円)

08/26   2176円 (-130円) ※最安値

08/25   2306円 (-194円)

08/24   2500円 (-119円)

08/21   2619円 (+38円) ※最高値

08/20   2581円 (+43円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:2,377円/g



現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:20現在の金相場は1トロイオンス1134.35ドル、パラジウムは581.80ドル、為替は1$120円51銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年09月03日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取り価格30,400円(+200円)、その他の12%金パラの買取り価格は30,000円(+200円)、開封品の金パラジウム買取り価格が938円(+7円)と、本日地金の金はほぼ横ばいながら小安く推移したものの、銀・パラジウムが共にプラスに転じた事から、12%金パラも値を上げ反発。昨日の下げ幅をやや戻し、本日はプラス圏での推移となりました。

現在、日相場の価格変動が非常に激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4890件 2766~2770件目を表示