相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数7244件 671~675件目を表示

2019年04月20日週末19日 海外貴金属相場

グッドフライデー(聖金曜日)のため休場。

本日は当社定休日のため通常業務は行なっておりません。お休み中に頂きました各お問い合わせは、週明け月曜日に順次ご対応させて頂きます。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年04月19日18:30現在の金・パラジウム・為替相場

18:30現在の金相場は1トロイオンス1278.95ドル、パラジウムは1413.20ドル、為替は1$111円93銭前後の値動きで推移しております。

明日土曜日は当社定休日のため休業となります。週明け月曜日の相場動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年04月19日国内貴金属は金を除いて上昇↑金は小幅安に振れた一方、パラジウムは一段高へ。

【金相場】18日のNY金相場は、ユーロ安・ドル高が重しとなり小幅安の展開に。中心限月の6月限は1トロイオンス1276.00ドル(-0.80ドル)と、ほぼ横ばいながら小幅に値を下げ、4営業日続落して取引きを終了。この日発表された4月のユーロ圏総合PMI(購買担当者景況指数)は前月から低下し、3カ月ぶりの低水準となった。この低調な指標を受けて欧州経済の先行き懸念が再燃、安全資産とされる金は未明から買いが優勢となり一時プラス圏に浮上した。しかしその後は、外国為替市場では低調なユーロ圏経済指標と堅調な米経済指標を背景にユーロ安・ドル高が進行。ドル建てで取引される金に割高感が生じたほか、米国と中国が通商協議で合意に近づきつつあるとの観測が広がっている事も圧迫材料となり、次第に相場はマイナス圏に沈下した。ただ、聖金曜日の祝日を前に持ち高調整目的の買い戻しが入った事で下値は底堅く、下げ渋って取引きを終えた。

国内の金相場は、NY相場の値動きを映して小幅安。買取ベースでは1gあたり4,916円(-2円)と、横ばいながら小安く推移し4日続落となりました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

04/19  4916円 (-2円)

04/18  4918円 (-11円)

04/17  4929円 (-36円)

04/16  4965円 (-5円)

04/15  4970円 (-2円)

04/12  4972円 (-33円)

04/11  5005円 (+4円)

04/10  5001円 (+9円)

04/09  4992円 (+17円)

04/08  4975円 (-1円)

直近10日間の金相場平均価格:4,964円/g


【パラジウム相場】18日のNYパラジウム相場は、ユーロ圏の景気減速懸念を受けて戻りを売られる場面も見られたが、株高などを背景に押し目を買われて急伸。中心限月の6月限は1トロイオンス1398.50ドル(+19.90ドル)と、2日相場(約2週間)ぶりの高値に戻し、1400ドル圏内に再浮上して取引きを終了。この日のパラジウムは、急騰した前日相場の反動から序盤は利確売りが先行し安寄りした。また、4月のユーロ圏総合PMI(購買担当者景況指数)や、独製造業購買担当者景気指数(PMI)が冴えない結果となった事から、景気減速懸念が意識されたほか、外国為替市場ではユーロ安・ドル高が進んだ事も圧迫材料となった。ただ、売りが一巡すると買い戻しに反転。米中貿易協議に対する楽観的見方が広がってる事や、堅調な米国株が意識されプラス圏に浮上すると、押し目買いも入って一時1410.40ドルまで急騰するなど上げ幅を拡大した。

国内のパラジウムは、引き続き堅調となったNY相場を映して急伸。買取では1gあたり5,513円(+116円)と、上げ幅を拡大。月初来高値を抜いて、先月27日相場以来およそ3週間ぶりの高値に値戻しました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

04/19  5513円 (+116円)

04/18  5384円 (+162円)

04/17  5222円 (-32円)

04/16  5254円 (-33円)

04/15  5287円 (+22円)

04/12  5264円 (-43円)

04/11  5308円 (+21円)

04/10  5287円 (-21円)

04/09  5308円 (+21円)

04/08  5287円 (±0円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:5,312円/g


13:00現在の金相場は1トロイオンス1279.55ドル、パラジウムは1412.80ドル、為替は1$111円95銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年04月19日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格50,950円(+750円)、その他の12%金パラの買取り価格は50,750円(+750円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1189円(+23円)と、本日地金の金は横ばいながら小幅安で推移したものの、パラジウムが前日同様に大きく値を伸ばし一段高となった事から、金パラも上げ幅を拡大し急伸。連日で月初来高値を抜いて、前日同様3月27日相場(約3週間)ぶりの高値となり、キャストウェルでは51,000円圏内に浮上しました。

現在、日相場の価格変動が激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年04月19日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金4,916円(-2円)、パラジウム5,513円(+129円)、銀57.46円(+0.22円)、プラチナ3,488円(+59円)と、国内貴金属は金を除いて堅調に推移。金は小幅安となったNY相場を映して、国内でも横ばい圏ながら小幅に値を下げ5日続落。一方、銀は値を上げ前日の下げを戻すなど反発したほか、白金族のパラジウム・プラチナもそれぞれプラス圏で推移し上伸。パラジウムは前日に続きNY相場が堅調となった事を映して、国内でも連日で大幅高となり上げ幅を拡大。月初来高値を抜いて、先月27日相場以来およそ3週間ぶりの高値となり、プラチナは昨年5月11日相場以来(約1年)ぶりの高値更新となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7244件 671~675件目を表示