相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数4669件 206~210件目を表示

2017年07月25日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取り価格35,800円(+250円)、その他の12%金パラの買取り価格は35,600円(+250円)、開封品の金パラジウム買取り価格が1,115円(+8円)と、本日金が前日同様に小幅高に振れたほか、パラジウムが5営業日ぶりに反発した事から、12%金パラも5営業日ぶりに値を上げプラス圏に転じました。

現在、日相場の価格変動が非常に激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2017年07月25日本日の地金価格-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,801円(+3円)、パラジウム3,229円(+43円)、銀62.54円(±0円)、プラチナ3,574円(-10円)と、国内貴金属は金・パラジウムが値を上げ、プラチナが下げるなどまちまちの展開に。金はNY市場では上値追いが一服し7営業日ぶりに小反落したものの、国内では前日に続き小幅高に振れ3営業日続伸。月初来高値を抜いて、先月30日相場以来およそ4週間ぶりの高値に回復したほか、パラジウムもプラス圏で推移し上昇。前日までの連続安が一服し、5営業日ぶりに反発しました。一方、プラチナは唯一の下げとなり3営業日ぶりに反落、銀は値動きなしの横ばいとなっております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2017年07月25日週明け24日 海外貴金属相場

【24日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1254.30ドル(-0.60ドル)

銀:1644.30セント(-1.40セント)

パラジウム:849.05ドル(+4.70ドル)

プラチナ:932.30ドル(-5.10ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2017年07月24日18:00現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1257.65ドル、パラジウムは842.10ドル、為替は1$110円78銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2017年07月24日週末のNY市場を映して、国内貴金属はパラジウムを除いて堅調に推移↑

【金相場】週末21日のNY金相場は、対ユーロでのドル安に伴う割安感から買いが継続し上値追いの展開に。中心限月の8月限は1トロイオンス1254.90ドル(+9.40ドル)と、6営業日続伸し、中心終値では6月23日相場以来およそ1ヵ月ぶりの高値で取引きを終了。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が20日、資産購入計画の縮小を急がないと言明した後、ドル安が進んだ事から金商品は割安感が意識され時間外取引きより堅調な動きとなった。また、昼ごろにはスパイサー米大統領報道官が辞任したと伝わるなど、トランプ大統領の政権運営能力に一段と懐疑的な見方が広がったことから、安全資産とされる金に買いが入り上げ幅を拡大。ドル安の加速も押し上げ要因となり、相場は一時1255.90ドルまで上昇した。その後、週末を控えた持ち高調整からやや上値を重くするも、軟調となった株式市場眺めてしっかりとした動きを維持し、この日は一段高となった。

国内の金相場は、堅調となった週末のNY相場を映して買いが優るも、円高の進行を受けて上げは小幅にとどまり横ばいの展開に。買取ベースでは1gあたり4,798円(+1円)と続伸し、前営業日同様に3日相場以来およそ3週間ぶりの高値で推移しております。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

07/24   4798円 (+1円)

07/21   4797円 (+11円)

07/20   4786円 (-11円)

07/19   4797円 (+14円)

07/18   4783円 (+26円)

07/14   4757円 (-5円)

07/13   4762円 (-9円)

07/12   4771円 (-6円)

07/11   4777円 (+7円)

07/10   4770円 (±0円)

直近10日間の金相場平均価格:4,780円/g


【パラジウム相場】週末21日のNYパラジウム相場は、ドル安による買いも見られたが、原油安や株安などリスクオフの流れに押され売りが継続。中心限月の9月限は1トロイオンス844.35ドル(-3.25ドル)と、4営業日続落し、本日貴金属市場では唯一値を下げて取引きを終了。この日のパラジウムは、前日のECBドラギ総裁の発言を受けて進んだドル安の流れが支援材料となったほか、安値拾いの買いが入り序盤は小高く推移した。その後、米大統領報道官の辞任を受けてトランプ政権に対する懸念が再燃。市場ではリスクオフが台頭し、株式市場が軟調となった事や、原油安が進んだ事も下押し要因となり、パラジウムはマイナスサイドに反転する展開となった。

国内のパラジウムは、売りが優ったNY相場を映して軟調地合いが継続。買取では1gあたり3,186円(-27円)と、マイナス圏で推移し3日続落となりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

07/24   3186円 (-27円)

07/21   3213円 (-49円)

07/20   3262円 (-27円)

07/19   3289円 (-32円)

07/18   3321円 (+5円)

07/14   3316円 (-16円)

07/13   3332円 (+22円)

07/12   3310円 (+27円)

07/11   3283円 (+16円)

07/10   3267円 (+65円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:3,278円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。12:20現在の金相場は1トロイオンス1256.75ドル、パラジウムは845.90ドル、為替は1$110円98銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4669件 206~210件目を表示