相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数7865件 206~210件目を表示

2020年05月07日地金流通協会発表-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金6,300円(-129円)、パラジウム6,815円(-473円)、銀54.67円(-1.43円)、プラチナ2,831円(-64円)と、連休明けの国内貴金属は総じて軟調地合いが継続しマイナス圏での値動きに。金は連休中にNY相場が軟調に振れた事を映し、国内でもマイナス圏で推移し3日続落したほか、銀も値を下げ3日続落。また、白金族のパラジウム・プラチナもそれぞれ軟調となり、それぞれ続落する展開となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年05月07日4月28日ー5月6日 海外貴金属相場

【6日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1688.50ドル(-22.10ドル)

銀:1501.50セント(-9.50セント)

パラジウム:1758.90ドル(+2.40ドル)

プラチナ:765.50ドル(-19.20ドル)



【5日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1710.60ドル(-2.70ドル)

銀:1511.00セント(+31.40セント)

パラジウム:1756.50ドル(-78.80ドル)

プラチナ:784.70ドル(+6.20ドル)



【4日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1713.30ドル(+12.40ドル)

銀:1497.60セント(-14.20セント)

パラジウム:1835.30ドル(-52.50ドル)

プラチナ:778.50ドル(+4.60ドル)



【2日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1700.90ドル(+6.70ドル)

銀:1493.80セント(-3.50セント)

パラジウム:1887.80ドル(-68.20ドル)

プラチナ:773.90ドル(-39.10ドル)



【30日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1694.20ドル(-19.20ドル)

銀:1497.30セント(-34.20セント)

パラジウム:1956.00ドル(+38.60ドル)

プラチナ:813.00ドル(+13.40ドル)



【29日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1713.40ドル(-8.80ドル)

銀:1531.50セント(+14.40セント)

パラジウム:1917.40ドル(+38.70ドル)

プラチナ:799.60ドル(+4.00ドル)



【28日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1722.20ドル(-1.60ドル)

銀:1517.10セント(-3.90セント)

パラジウム:1878.70ドル(-16.10ドル)

プラチナ:795.0ドル(+18.60ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年04月28日17:30現在の金・パラジウム・為替相場

17:30現在の金相場は1トロイオンス1722.40ドル、パラジウムは1919.85ドル、為替は1$107円06銭前後の値動きで推移しております。

明日29日(水)から5月7日(水)まで、ゴールデンウィーク休業の為お休みとなります。連休明けの相場動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年04月28日国内金相場は続落したほか、パラジウムも3営業日ぶりにマイナス圏へ反転↓

【金相場】週明け27日のNY金相場は、欧米での経済活動の正常化が進むとの期待感から株式相場が上昇する中で圧迫され続落。中心限月の6月限は1トロイオンス1723.80ドル(-11.80ドル)と、売り優勢で取引きを終了。米国では新型コロナウイルスが猛威を振るう中、ジョージア、オクラホマ、アラスカ各州などが経済活動の制限措置を一部緩和。ニューヨーク州も地域・業種別に経済活動再開の是非を判断するほか、欧州でも、イタリアやスペイン、フランスで企業の操業停止や外出制限などの措置を緩和する動きが出始めた。これを受け、市場では投資家のリスク選好意欲が改善し、株式などが堅調に推移する中で金は相場を圧迫され軟調となった。一方、今週は米連邦公開市場委員会(FOMC)や、欧州中央銀行(ECB)理事会が予定されており、様子見ムードも強かった。

国内の金相場は、売り優勢となった週明けのNY相場を映して続落。買取ベースでは1gあたり6,429円(-75円)と、マイナス圏での値動きとなりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

04/27  6504円 (-12円)

04/24  6516円 (+46円)

04/23  6470円 (+105円)

04/22  6365円 (+3円)

04/21  6362円 (+45円)

04/20  6317円 (-124円)

04/17  6441円 (-13円)

04/16  6454円 (+6円)

04/15  6448円 (-14円)

04/14  6462円 (+69円)

10日間の金相場平均価格:6,434円/g


【パラジウム相場】週明け27日のNYパラジウム相場は、原油安を背景とした商品全般の軟調さを受け続落。中心限月の6月限は1トロイオンス1894.80ドル(-90.50ドル)と、売り優勢で取引きを終了。この日のパラジウムは、アジア市場(時間外取引)では買いが先行し、相場は一時2029ドル超まで上昇するなど堅調に推移した。しかし、米国原油の貯蔵余地の限界が意識され原油相場が下落すると、パラジウムも売り優勢に反転。ユーロ安・ドル高基調にも圧迫され下押される展開となった。途中、欧米の経済活動の正常化が進むとの期待などから、投資家心理が改善し株高に支えられるも、利確を目的とした売りも出やすかった事から、そのまま売り優勢で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、売り優勢となったNY相場を映し反落。買取では1gあたり7,288円(-385円)と、3営業日ぶりにマイナスサイドに転じました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

04/28  8371円 (-209円)

04/27  7673円 (+176円)

04/24  7497円 (+44円)

04/23  7453円 (-33円)

04/22  7486円 (-814円)

04/21  8300円 (-33円)

04/20  8333円 (±0円)

04/17  8333円 (+44円)

04/16  8289円 (-22円)

04/15  8311円 (-60円)

10日間のパラジウム相場平均価格:7,896円/g


12:35現在の金相場は1トロイオンス1718.15ドル、パラジウムは1923.05ドル、為替は1$107円29銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年04月28日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格69,000円(-1800円)、その他の12%金パラの買取り価格は68,800円(-1800円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1,569円(-71円)と、本日地金の金が続落したほか、パラジウムが3営業日ぶりに反落した事で、金パラもマイナス圏に転じ4営業日ぶりに反落しました。

現在、貴金属は世界情勢や為替動向など様々な要因から価格変動が激しくなっており、金パラ相場も値動きが荒く乱高下する場合が御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7865件 206~210件目を表示