相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数4763件 3031~3035件目を表示

2015年05月20日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取り価格35,600円(±0円)、その他の歯科用12%金パラの買取り価格は35,200円(±0円)、開封品の金パラジウム買取り価格が1,108円(±0円)と、本日地金の金・銀は共に6営業日ぶりに値を下げたものの、パラジウムが昨日の下げ幅を値戻した事から、12%金パラは変わらずの横ばい。昨日同様に、3月10日相場以来およそ2ヵ月ぶりの価格水準で高止まりとなりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年05月20日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金5,011円(-28円)、パラジウム3,224円(+11円)、銀70.74円(-1.95円)、プラチナ4,796円(-46円)と、国内貴金属は最近の上昇を受けた高値反動からパラジウムを除いて、それぞれ6営業日ぶりに反落。金は利益確定売りに押されマイナスに転じた海外相場を映して、国内でも6営業日ぶりに反落。銀も連日上昇するなど一段高を付けた調整から、本日はマイナスに転じており、プラチナも過熱感が一服。一方、パラジウムは海外相場では値を下げたものの、国内では円安・ドル高が進行した事で昨日の下げ幅を戻しプラスに転じました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年05月20日19日 海外貴金属相場

【19日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1206.70ドル(-20.90ドル)

銀:1707.10セント(-66.10セント)

パラジウム:775.15ドル(-17.85ドル)

プラチナ:1150.90ドル(-27.60ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年05月19日18:00 現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1221.25ドル、パラジウムは785.05ドル、為替は1$120円04銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年05月19日国内金相場は5日続伸↑2月10日相場以来およそ3か月ぶりの高値を付け一段高へ。

【金相場】週明け18日のNY金相場は、米国の利上げ時期の先送り観測や、ギリシャの債務問題をめぐる不透明感に支えられ、小幅ながら5営業日続伸。中心限月の6月限は1トロイオンス1227.60ドル(+2.30ドル)と、中心終値では2月10日相場以来およそ3カ月ぶりの高値を付けて取引きを終了した。この日の金相場は売り買いが交錯した中、序盤は前日まで4日連続高と最近の上昇を受けた利益確定売りに相場を圧迫されたほか、外為市場ではドルが上昇した事も割高感につながり売りが先行した。しかしその後は、ギリシャと国際通貨基金(IMF)や、欧州連合(EU)との金融支援交渉は依然として難航しているとの見方から、債務減免を求めるIMFに対しEU側は難色を示しており、ギリシャの財政破綻に対する警戒感の強まりが金への支援材料となり買いを促した。また、このところの弱い米経済指標を映し、連邦準備理事会(FRB)は利上げを急がないとの観測からも金は買われ相場は反転。上値は重かったものの、そのままプラス圏を維持して取引きを終えた。5営業日連続高となったこの日の金相場は、2月10日相場(1232.20ドル)以来およそ3カ月ぶりの高値となり、5日連続高は3月中旬以降では最長となった。

国内の金相場は上値追いとなった海外相場を映して5日続伸。買取ベースでは1gあたり5,039円(+24円)と、2月10日相場以来およそ3ヵ月ぶりの高値を更新し、価格水準を一段切り上げました。

《5月現在の金相場価格推移(買取)》

05/19   5039円 (+24円) ※最高値

05/18   5015円 (+9円)

05/15   5006円 (+29円)

05/14   4977円 (+55円)

05/13   4922円 (+23円)

05/12   4899円 (-10円)

05/11   4909円 (+30円)

05/08   4879円 (-20円)

05/07   4899円 (+24円)

05/01   4875円 (-57円) ※最安値

本日まで5月の金相場平均価格:4942円/g






【パラジウム相場】週明け18日のNYパラジウム相場は反落。中心限月の6月限は1トロイオンス793.00ドル(-1.95ドル)と、小幅ながら値を下げて取引きを終了。この日のパラジウム相場は、先週末に急反発した反動から売りが先行し序盤より軟調に推移。また、外為市場ではドルが上昇した事も割高感につながり相場を圧迫された。途中、金やプラチナなど他貴金属の切り返しや、株式相場の上昇を眺めてパラジウムも買い戻される場面もあったが、長期化しているギリシャの財政問題への不安要因や、最近の弱い米経済指標を受けた売りに押され、結局この日は小幅安で取引きを終えた。

国内のパラジウム相場は売りが優勢となった海外相場を映して反落。買取では1gあたり3,213円(-11円)と、前日の急反発から一服し本日はマイナスに転じました。

《5月現在のパラジウム相場価格推移(買取)》

05/19   3213円 (-11円)

05/18   3224円 (+38円)

05/15   3186円 (-22円)

05/14   3208円 (-10円)

05/13   3218円 (+5円)

05/12   3213円 (-59円)

05/11   3272円 (+75円) ※最高値

05/08   3197円 (-38円)

05/07   3235円 (+54円)

05/01   3181円 (±0円) ※最安値

本日までの5月のパラジウム相場平均価格:3215円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:10現在の金相場は1トロイオンス1222.55ドル、パラジウムは784.10ドル、為替は1$119円99銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4763件 3031~3035件目を表示