相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数4763件 4561~4565件目を表示

2014年03月31日為替が円安に推移した事で、国内の金・パラジウムが大幅反発↑

先週末28日の金は、米の経済指標が材料となり売り買いが交錯した後、結局3日小幅続落し、6月限は1オンス1294.30ドルと、前日比-0.50ドルで取引を終了。2月の米の個人所得・個人消費支出が堅調に伸びた事や、米の株高を眺め、投資家がリスク選好姿勢を強め為、マイナス圏に転じる格好に。ただ、その後発表された3月の米ミシガン大学消費者信頼感指数・確定値がやや弱い内容となった事などから、プラス圏に浮上しながらも、終盤にかけては前日終値付近を推移し、最終的には小幅ながら値を下げ取引を終了。市場では、米の金利先高観の懸念が引き続き金相場の圧迫要因となっている模様。

国内の金は為替が円安・ドル高に振れた事で3営業日ぶりに値を上げ反発↑買取りでは4,484円と、1g+50円値を上げ大幅反発となりました。3月の金相場はウクライナの情勢懸念により安全資産として買われた事で、初旬~中旬まで急騰。3月17日には、昨年6月4日相場以来およそ9ヶ月半ぶりの高値を更新。その後、ウクライナ情勢の緊張が多少和らいだ事や、米のFRBが量的緩和策の早期終了・早期利上げが強く意識された事で、金は高値反動から利益確定売りが進み、終盤にかけ水準を切り下げた形に。3月の最高値は4,708円(3/17)、最安値4,434円(3/28)、平均では4,585円。先月2月の金価格は最高値4,570円(2/26)、最安値4,266円(2/3)、平均では4,438円と、3月は一段高で推移し、平均では+147円(+3.2%)。

パラジウム6月きりは773.70ドルと、前日比+13.20ドル(1.7%)と大きく値を上げ反発。国内のパラジウムも為替が円安に推移した事もあり5営業日ぶりに反発し、買取りでは2,641円(+58円)。再び2,600円台へ価格をのせております。3月のパラジウム相場はウクライナの情勢懸念や、南アの供給懸念観測から強気相場で推移し、3月24日には2001年5月9日以来およそ12年ぶりの高値(2,699円)を記録するなど高騰。3月の最高値は2,699円(3/24)、最安値2,510円(3/3)、平均では2,627円。先月2月のパラジウム価格は最高値2,520円(2/25)、最安値2,352円(2/4)、平均では2,457円と、3月は金同様にパラジウムも一段高で推移。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年03月31日歯科用12%金パラ-3月の価格推移

本日国内の地金が揃って値を上げ反発した事で、歯科用金パラジウムも1個あたり+400円と反発し、大幅高↑GCキャストウェルM.C.の買取り価格は30,500円/個、その他の12%金パラの買取り価格は30,100円/個(共に前日比+400円)。先週は金・銀・パラジウム地金が軟調に推移した事で、金パラも弱気で推移しましたが、本日は安値反動や、為替が円安に振れた事で地金が大幅に値戻した事により、金パラも5営業日ぶりに反発となりました↑

3月の金パラの値動きはウクライナ情勢の緊迫化を背景に金・パラジウム共に値を上げ、金は3月17日には、昨年6月4日相場以来およそ9ヶ月半ぶりの高値を更新、パラジウムは3月24日に2001年5月9日以来およそ12年ぶりの高値(2,699円)を記録し高騰した事で、12%金パラも、3月7日にはキャストウェルで31,000円台へ価格をのせるなど、昨年2013年の最高値(3月12日:30700円)を更新し、過去最高値を記録しました。 

3月はキャストウェルで30,000円台を全日維持し、最高値は31,200円(3/7)、最安値30,100円(3/3・28)、平均では30,753円。先月2月の金パラ価格は最高値30,200円(2/25)、最安値28,250円(2/4)、平均では29,413円と、2月に対し3月では平均で+1,340円(+4.3%)値を上げるなど一段高となり、過去最高値圏で推移となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年03月31日本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金4,484円(+50円)、パラジウム2,641円(+58円)、銀68.04円 (+0.84円)、プラチナ4,869円(+78円)と、本日地金は揃って反発し、金・銀は3営業日ぶり、パラジウムは5営業日ぶりに反発し再び2,600円台へ。プラチナも本日大幅に値を上げております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年03月31日今日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取り価格30,500円(+400円)、その他の歯科用12%金パラの買取り価格は30,100円(+400円)、開封品の金パラジウム買取り価格が930円(+12円)と、本日国内の地金が揃って反発し値を上げた事で、歯科用金パラも5営業日ぶりに値を上げ、1個あたり+400円と大幅高となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年03月28日18:00 現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金は1トロイオンス1295.75ドル、パラジウムは765.35ドル、為替は1$102円17銭前後の値動きで推移。週明けの相場動向にご注視ください。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4763件 4561~4565件目を表示