相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5709件 106~110件目を表示

2018年06月21日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金4,832円(±0円)、パラジウム3,645円(±0円)、銀61.46円(+0.22円)、プラチナ3,314円(+24円)と、国内貴金属はまちまちの展開に。金はNY市場では小安く推移したものの、為替が円安に傾斜した事から下げを埋めて横ばい。また、パラジウムも同様に前日比変わらずの展開となり横ばいで推移した一方、銀・プラチナはそれぞれ4営業日ぶりに反発し、安値一服となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年06月21日20日 海外貴金属相場

【20日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1274.50ドル(-4.10ドル)

銀:1630.90セント(-1.40セント)

パラジウム:957.20ドル(-3.10ドル)

プラチナ:874.10ドル(+9.20ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年06月20日18:00現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1275.85ドル、パラジウムは969.70ドル、為替は1$110円12銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年06月20日NY市場の値動きや為替要因から、国内貴金属は総じて軟調地合いが継続。

【金相場】19日のNY金相場は、米中貿易戦争激化を警戒して買われた一方、ユーロ安・ドル高要因から相場を圧迫され小反落。中心限月の8月限は1トロイオンス1278.60ドル(-1.50ドル)と、前日の上げを戻してマイナス圏に転じて取引きを終了。トランプ米大統領が中国からの輸入品に対し、追加制裁措置の発動を検討すると発表し、対する中国は報復する構えを示した。こうした米中貿易戦争激化を警戒して、世界的にリスクオフが進み金は安全逃避的な買いが観測されたが、外国為替市場ではユーロ安・ドル高の相場展開となったことから相場を圧迫され、結局小幅安で取引きを終えた。

国内の金相場は、小幅ながら値を落としたNY市場の値動きや為替要因から軟調な展開に。買取ベースでは1gあたり4,832円(-32円)と、マイナス圏で推移し3日続落となりました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

06/20   4832円 (-32円)

06/19   4864円 (-16円)

06/18   4880円 (-77円)

06/15   4957円 (+30円)

06/14   4927円 (+2円)

06/13   4925円 (-8円)

06/12   4933円 (+39円)

06/11   4894円 (-5円)

06/08   4899円 (-19円)

06/07   4918円 (+6円)

直近10日間の金相場平均価格:4,903円/g


【パラジウム相場】19日のNYパラジウム相場は、米中の貿易戦争に対する懸念から投資家心理が冷え込む中、株安・ドル高が圧迫材料となり反落。中心限月の9月限は1トロイオンス960.30ドル(-22.60ドル)と、売り優勢で取引きを終了。この日は、米中貿易摩擦への警戒感から日本やアジア株が軒並み値を下げたほか、商品市場も全般的に売りが進んだ事もあって、パラジウムも時間外取引より売りが先行し小安く推移した。また、日中取引きでは欧州株や米国株も軟調となるなど世界的に株安が進み、投資家心理が後退。リスクオフの流れが台頭した事や、ユーロ安・ドル高が進んだ事も相場の圧迫材料となり、パラジウムも下げ幅を広げる展開となった。

国内のパラジウムは、軟調な展開となったNY相場や円高要因から値を落とし売り優勢の展開に。買取では1gあたり3,645円(-81円)と、3営業日続落し調整地合いとなりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

06/20  3645円 (-81円)

06/19  3726円 (-5円)

06/18  3731円 (-81円)

06/15  3812円 (+16円)

06/14  3796円 (-60円)

06/13  3856円 (+6円)

06/12  3850円 (+65円)

06/11   3785円 (-6円)

06/08   3791円 (-38円)

06/07   3829円 (+92円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:3,782円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。14:50現在の金相場は1トロイオンス1278.90ドル、パラジウムは968.05ドル、為替は1$110円22銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年06月20日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取価格37,750円(-600円)、その他の12%金パラの買取り価格は37,550円(-600円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1,054円(-20円)と、本日地金がそれぞれ値を下げ軟調な展開となった事から、金パラもマイナス圏で推移し3営業日続落となりました。

現在、日相場の価格変動が激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5709件 106~110件目を表示