相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数4884件 4431~4435件目を表示

2014年06月13日金相場-今週5営業日の値動き

《金相場》12日のNY金相場は、イラク情勢不安の強まりから買われ4営業日続伸。中心の8月物は1トロイオンス1274.00ドル(+12.80ドル)と、およそ3週間ぶりの高値で取引きを終了。イラク情勢の悪化を手掛かりに、市場では情勢悪化を懸念したリスク回避姿勢が高まり、この日の米株式相場は下落。リスク資産の受け皿となりやすい金がヘッジ目的で買われ、値を伸ばした形に。日中の上げ幅としては5週間ぶりの上げ幅。

国内の金相場は反発。買取ベースでは1gあたり4,461円(+27円)と、先月27日相場以来およそ2週間半ぶりの高値へ。

今週5営業日(9日~13日)の金の値動きは、値を上げた日が3日、下げた日が2日となり、週明けの9日は前営業日比でほぼ横ばいながら値を上げ続伸。翌営業日10日は、海外相場は値を上げたものの国内では為替が円高・ドル安に推移した事で1gあたり-5円と小反落。11日は海外相場が最近の値を下げた反動から買われた事や、中国のCPIが市場予想を大きく上回った事で、期待感から金相場の支援材料になり1トロイオンス1260ドル台まで値を上げ続伸。国内の金相場も反発し、先月27日相場以来およそ2週間ぶりの高値となりました。昨日12日は世界銀行が世界成長率の見通しを下方修正した事を受け、安全資産としての金は買われ海外相場では3日続伸したものの、国内では円高・ドル安が進んだ事でgあたり-7円と小反落。本日はイラク情勢の悪化を受け、リスク回避姿勢が強まったことで金は買われ、海外相場では1270ドルを超え、およそ3週間ぶりの高値をつけるなど4営業日続伸。国内の金も為替が円高に推移しながらも値を上げ、先月27日相場以降およそ2週間半ぶりの高値となりました。

5営業日の金平均は4,437円と、先週の5営業日平均(4404.4円)に対し1g+32.6円(+0.7%)と、4週間ぶりに前週比プラスとなりました。

【今週5営業日 金の値動き(買取ベース)】

06/13 4461円 (+27円)

06/12 4434円 (-7円)

06/11 4441円 (+19円)

06/10 4422円 (-5円)

06/09 4427円 (+1円)

今週5日間の金平均相場:4,437円(買取)   

 

12:10現在の金は1トロイオンス1272.95ドル前後の値動きで推移しております。

 

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年06月13日本日の地金相場ー金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金4,461円(+27円)、パラジウム2,889円(-113円)、銀68.15円(+0.97円)、プラチナ5,066円(-91円)と、金は反発し先月27日相場以来およそ2週間半ぶりの高値へ。銀も値を上げており月初来の高値を更新。一方、白金族のパラジウム・プラチナは共に大きく値を崩し下落。パラジウムは昨日記録した過去13年来(2001年4月18日相場以降)の高値反動から値を下げ、先月22日相場以来およそ3週間ぶりの安値へ。プラチナは2日続落し、先週6日相場以来およそ1週間ぶりの安値となっております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年06月13日今日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取り価格32,050円(-400円)、その他の歯科用12%金パラの買取り価格は31,650円(-400円)、開封品の金パラジウム買取り価格が981円(-14円)と、本日地金の金・銀は値を上げ反発したものの、パラジウムが大きく反落した事で、歯科用金パラも3営業日ぶりに反落しており、先週6日相場と並びおよそ1週間ぶりの安値となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年06月12日18:00 現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1261.90ドル、パラジウムは859.85ドル、為替は1$102円06銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年06月12日パラジウムが高騰↑直近高値を再び更新し、買取では3,000円台へ上伸。

《金相場》11日のNY金相場は、小幅ながら値を上げ3日続伸。中心限月の8月物は1トロイオンス1261.20ドル(+1.10ドル)で取引き終了。世界銀行は世界成長率見通しを下方修正。これを受けこの日の米株式相場が下落。投資家が運用リスクを回避する姿勢を強めた事で、安全資産としての金は買われ小幅ながら値を伸ばした形に。3連日の上昇は4月相場以来およそ2ヶ月ぶり。

国内の金は為替が円高・ドル安に推移した事で小反落。買取ベースでは1gあたり4,434円(-7円)となっております。直近10営業日の金の値動きは、最高値:4,441円(6/11相場)、最安値:4,389円(6/2相場)、平均では4,416円。

 

《パラジウム相場》NYパラジウム相場は、供給への懸念が一層強まっている事を受けて続伸。取引き中心の9限月は前日比+5.60ドル値を伸ばし、1トロイオンス860.15ドルで取引きを終了。世界最大のパラジウム産出国の2国(ロシア・南アフリカ)からの供給不足が深刻化。市場在庫も危機的水準にまで低下している事で、取引時間中にパラジウムは一時864ドル超まで買い進められる場面も(2001年2月以来)。長期化している南アの鉱山ストを巡り、先日9日に同国政府が間に入る形で話し合いがもたれたものの、労働者側と会社側との折り合いがつかず交渉は終了。当面先行きが不透明な事でパラジウムは買われた形に。値を上げた2日間の上げ幅は1トロイオンスあたり+18.55ドルと、率では+2.1%上伸し、節目の860ドルを超えた事で更に上値を目指す可能性があるものの、最近の高騰による反動から一時的な調整が入る場合も。

国内のパラジウムは為替が円高に振れながらも値を上げ続伸。買取では3,002円(+16円)と、昨日記録した直近高値を再び上抜き、過去13年来(2001年4月18日相場以降)の高値を更新。買取りでパラジウムが3,000円を超えたのも同年同日(2001年4月18日)以来となり、現在高騰中。


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:20現在の金は1トロイオンス1260.80ドル、パラジウムは860.75ドル、為替は1$102円10銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4884件 4431~4435件目を表示