相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数4674件 3261~3265件目を表示

2015年02月25日18:00 現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1208.75ドル、パラジウムは802.05ドル、為替は1$118円83銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年02月25日海外相場高を映して、国内パラジウムは続伸↑月初来高値を上抜き、およそ1か月半ぶりの高値圏へ。

24日のNYパラジウム相場は続伸。中心限月の3月限は1トロイオンス790.00ドル(+4.05ドル)と、ギリシャ不安の緩和や、米の景気拡大観測から買われ、この日も他貴金属が軟調に推移した中、パラジウムは堅調に推移し13日相場以来の高値を付けた。序盤のパラジウムは、ギリシャが提出した改革案をユーロ財務相が承認したとの報が好感され買いが先行。その後、強弱まちまちとなった米の経済指標(12月S&Pケース・シラー住宅価格指数・2月の消費者信頼感指数・リッチモンド連銀製造業指数)を映し、ドル高にやや押された事や、軟調に推移している他貴金属を眺め上げ幅を削る場面もあったが、この日のイエレン議長の議会証言内容を受けて、株式相場が上昇したほか、力強い米の経済情勢観測からも買いが入り、結局この日は790ドルにのせるなど、終値では13日相場以来の高値を付けて取引きを終えた。

国内のパラジウムは上昇した前日の海外相場や、為替要因から値を伸ばし続伸。買取では1gあたり3,229円(+32円)と、月初来高値を更新し、先月14日相場以来およそ1か月半ぶりの高値となりました。

《本日までの2月パラジウム相場価格推移(買取)》

02/25   3229円 (+32円) ※最高値

02/24   3197円 (+16円)

02/23   3181円 (-16円)

02/20   3197円 (+38円)

02/19   3159円 (-32円)

02/18   3191円 (+5円)

02/17   3186円 (-22円)

02/16   3208円 (+54円)

02/13   3154円 (-5円)

02/12   3159円 (-5円)

02/10   3164円 (-17円)

02/09   3181円 (+11円)

02/06   3170円 (-11円)

02/05   3181円 (+27円)

02/04   3154円 (-5円)

02/03   3159円 (+70円)

02/02   3089円 (-32円) ※最安値

2月現在までのパラジウム平均価格:3,174円/g



現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:30現在のパラジウム相場は800.05ドル前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年02月25日海外相場は下振れるも、国内金相場は為替要因から7営業日ぶりに小反発↑

24日のNY金相場は続落。中心限月の4月限は1トロイオンス1197.30ドル(-3.50ドル)と、小幅ながら値を下げ3営業日続落して取引きを終了。序盤の金相場は、イエレン議長の声明待ちから様子見姿勢が強かった中、良好な内容となった米国の経済指標(12月S&Pケース・シラー住宅価格指数)を背景に外為市場ではドルが上昇。ドル建ての金は割高感から相場を圧迫され売りが先行したほか、ギリシャ債務問題を巡り、一先ずの安心感からも売りを誘い相場は下押された。しかしその後発表された、2月の消費者信頼感指数や、リッチモンド連銀製造業指数が、それぞれ前回値・市場予想を共に下振れ低調な内容となった事からドル高が一服。相対的に金は買われ、売りが優勢の弱地合いから切り返した。ただ、その後もドルの値動きに振られる展開となり、前日終値近辺(1200ドル)でもみ合う中、この日のイエレン議長の議会証言内容が全体的にややハト派寄りなトーンだった事を受けて株式相場が上昇。株高に押されたほか、この日まで中国勢が大型連休の為不在だった事からも下支えの勢いが弱く金は徐々に売りが優勢となり、結局マイナス圏で取引きを終えた。ただ、イエレン議長の声明が概ね想定の範囲内との受け止めから、引けにかけてやや持ち直し下げ幅は小幅となった。

米連邦準備理事会のイエレン議長は24日午前、上院の銀行委員会で半期に1度の議会証言に臨み「少なくともあと数回」の米連邦公開市場委員会(FOMC)では利上げを想定しにくいとの考えを表明した。利上げに先だち、まず事実上のゼロ金利政策の時間軸を示すフォワードガイダンスの「忍耐強くいられる」との文言を削除する一方で、指標を変えても「必ずしもその直後に利上げすると理解すべきでない」とクギを刺し、利上げ時期は従来通り雇用や経済情勢の改善次第との認識も強調した。米経済については個人消費と生産が「底堅い」と評価し、現状の成長が続けば失業率がさらに下がる見通しにも触れた。大幅な原油安は家計の購買力の向上などを通じて「全体的に著しいプラス」になると説明した。



国内の金相場は海外相場では値を下げたものの、為替がドル高に振れた事を受けて小反発。買取ベースでは1gあたり4,938円(+4円)と、ほぼ横ばいながら小幅に値を上げ、7営業日ぶりにプラスに転じました。

《本日までの2月金相場価格推移(買取)》

02/25   4938円 (+4円)

02/24   4934円 (-9円) ※最安値

02/23   4943円 (-18円)

02/20   4961円 (-4円)

02/19   4965円 (-1円)

02/18   4966円 (-54円)

02/17   5020円 (-9円)

02/16   5029円 (+12円)

02/13   5017円 (-38円)

02/12   5055円 (-6円)

02/10   5061円 (+3円)

02/09   5058円 (-56円)

02/06   5114円 (-22円)

02/05   5136円 (+31円)

02/04   5105円 (-42円)

02/03   5147円 (-21円)

02/02   5168円 (+42円) ※最高値

2月現在までの金平均価格:5,036円/g



現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:30現在の金相場は1トロイオンス1209.85ドル前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年02月25日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取り価格35,000円(+200円)、その他の歯科用12%金パラの買取り価格は34,600円(+200円)、開封品の金パラジウム買取り価格が1,088円(+6円)と、本日地金が揃って値を上げた中、パラジウムが直近高値を上抜きおよそ1か月半ぶりの高値を付けた事から、歯科用金パラは続伸。先週17日相場以来およそ2週間ぶりの高値を付け、キャストウェルでは再び35,000円台へ値戻しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年02月25日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,938円(+4円)、パラジウム3,229円(+32円)、銀66.96円(+0.32円)、プラチナ4,799円(+21円)と、国内貴金属は為替がドル高に振れた事から総じて堅調に推移。金は海外相場では小幅安となったものの、国内相場では小幅に値を上げ7営業日ぶりに反発し、銀は2日続伸。パラジウムは前日の海外相場高や為替要因から大きく値を伸ばし2日続伸。3,200円台に価格をのせるなど16日に付けた月初来高値を上抜き、直近高値圏となる1月初旬の価格水準まで上伸しました。プラチナは7営業日ぶりにプラスに転じ、最近の軟調地合いが一服しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4674件 3261~3265件目を表示