相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数7338件 1856~1860件目を表示

2018年05月18日国内貴金属はパラジウムを除いて上昇↑金は5営業日ぶりに値を上げ、パラジウムは反落。

【金相場】17日のNY金相場は、途中リスク回避目的から買われる場面もあったが、ドル高進行に相場を圧迫され売り優勢に。中心限月の6月限は1トロイオンス1289.40ドル(-2.10ドル)と、マイナス圏に転じ反落して取引きを終了。イタリア政局に対する先行き不透明感などを背景に、この日は外国為替市場では早朝よりドル高・ユーロ安が進行。ドル建てで取引される金商品に割高感が生じたほか、米長期金利の指標である10年債利回りが、約7年ぶりの高水準で推移していた事も材料となり、序盤より売りが先行した。ただ、売り一巡後は安値を拾われ下げ幅を縮小。17、18両日にワシントンで開かれる米中間の貿易摩擦解消に向けた協議の行方を見極めたいとの思惑が広がった事や、米朝首脳会談の開催が危ぶまれていることから、金には安全逃避的な買いも見られ、下値は限定的となった。

国内の金相場は、NY市場では売り優勢となったものの、為替が円安に傾斜した事からプラスサイドに転じ上昇。買取ベースでは1gあたり4,929円(+19円)と、5営業日ぶりに値を上げ反発しました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

05/18   4929円 (+19円)

05/17   4910円 (-3円)

05/16   4913円 (-50円)

05/15   4963円 (-5円)

05/14   4968円 (-16円)

05/11   4984円 (+14円)

05/10   4940円 (+23円)

05/09   4947円 (+7円)

05/08   4940円 (-1円)

05/07   4941円 (±0円)

直近10日間の金相場平均価格:4,947円/g


【パラジウム相場】17日のNYパラジウムは、ドル高や株安が材料となり3営業日続落。中心限月の6月限は1トロイオンス977.50ドル(-5.00ドル)と、売り優勢で取引きを終了。この日のパラジウムは、イタリア政局に対する先行き不安から、外国為替市場ではユーロ安・ドル高が進行した事で、序盤より相場を圧迫された。また、米朝首脳会談の開催が危ぶまれている事や、ワシントンで開かれる米中間の貿易摩擦解消に向けた協議の行方を見極めたいとの思惑もあって、投資家のリスク意欲が後退。米国株も軟調となる中、パラジウムも売りが優りマイナス圏で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、売り優勢となったNY相場を映して反落。買取では1gあたり3,699円(-16円)と、前日の上げをそのまま戻し、マイナス圏に転じました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

05/18   3699円 (-16円)

05/17   3715円 (+16円)

05/16   3699円 (-27円)

05/15   3726円 (+16円)

05/14   3710円 (-27円)

05/11   3737円 (+60円)

05/10   3677円 (+43円)

05/09   3634円 (+5円)

05/08   3629円 (-11円)

05/07   3640円 (+76円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:3,687円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。12:00現在の金相場は1トロイオンス1290.35ドル、パラジウムは979.10ドル、為替は1$110円99銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年05月18日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格38,650円(±0円)、その他の12%金パラの買取り価格は38,450円(±0円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1,103円(±0円)と、本日地金のパラジウムは前日の上げを戻して反落したものの、金がプラス圏に転じ反発した事で、金パラは値動きなしの横ばい推移となりました。

現在、日相場の価格変動が激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年05月18日本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金4,929円(+19円)、パラジウム3,699円(-16円)、銀62.21円(+0.54円)、プラチナ3,401円(+13円)と、国内貴金属はパラジウムを除いて堅調に推移。金はNY市場では小幅安に振れるも、国内では円安要因からプラス圏に転じ5営業日ぶりに反発。また、銀も値を上げ続伸したほか、プラチナも値を上げ金同様に5営業日ぶりに上昇。一方、本日パラジウムは前日の上げを戻すなどマイナス圏に転じ、反落となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年05月18日17日 海外貴金属相場

【17日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1289.40ドル(-2.10ドル)

銀:1648.10セント(+11.00セント)

パラジウム:977.50ドル(-5.00ドル)

プラチナ:892.10ドル(+2.30ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年05月17日18:00現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1291.60ドル、パラジウムは979.85ドル、為替は1$110円73銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数7338件 1856~1860件目を表示