相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数4884件 3551~3555件目を表示

2015年02月04日18:00 現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1266.25ドル、パラジウムは791.10ドル、為替は1$117円33銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年02月04日金・パラジウムが共に値を下げた事から、歯科用金パラも反落↓

本日地金の金・パラジウムがそれぞれ値を下げた事から、歯科用金パラは反落。GCキャストウェルM.C.の買取り価格は35,050円/個、その他の12%金パラの買取り価格は34,650円/個(共に前日比-150円)。

前日の海外相場ではリスク回避姿勢がやや緩和された事を背景に、金が2営業日続落するなど軟調に推移した事から国内相場も2日続落。また、パラジウムもgあたり-5円と小幅ながら値を下げた事を受けて、金パラもマイナスに転じました。最近の金相場高騰が一服した事を受けて金パラも高値圏ながらほぼレンジ内で推移しており、キャストウェルでは35,000円前後の価格水準で推移。直近10日間の金パラ(キャストウェル)相場は、最高値:35,550円(1月23日)、最安値:34,950円(2月2日)、平均では35,230円となっております。

【直近10日間の金パラ相場価格推移】※キャストウェルベース

02/04   35050円 (-150円)

02/03   35200円 (+250円)

02/02   34950円 (-50円) ※最安値

01/30   35000円 (-550円)

01/29   35550円 (+200円)

01/28   35350円 (+100円)

01/27   35250円 (-50円)

01/26   35300円 (-250円)

01/23   35550円 (+450円) ※最高値

01/22   35100円 (-300円)

直近10営業日の金パラ平均価格(キャストウェル):35,230円


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、相場が大幅に値動く場合が御座います。為替相場との兼ね合いからも日相場の価格変動が非常に激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年02月04日海外相場が軟調に推移した事を映し国内金相場は続落↓パラジウムはほぼ横ばいながら小反落。

【金相場】3日のNY金相場は続落。中心限月の4月限は1トロイオンス1260.30ドル(-16.60ドル)と、ギリシャ不安が緩和された事を受けて、リスク回避の動きが後退したことから2営業日続落して取引きを終了。この日の金相場は、2月末に期限を迎えるギリシャへの金融支援を巡り、同国の新政権が欧州連合(EU)などと本格的な交渉を始める見通しとなった事を受けて過度な警戒感が後退。金融市場の混乱が回避できるとの安心感が広がり株式相場が上昇する中、相対的に安全資産とされる金は売りが優勢となった。

国内の金相場は軟調に推移した海外相場を映して続落。買取ベースでは1gあたり5,105円(-42円)と、先月16日相場以来およそ2週間ぶりの安値へ軟化しました。

《直近10営業日の金相場価格推移》

02/04    5105円 (-42円) ※最安値

02/03    5147円 (-21円)

02/02    5168円 (+42円)

01/30    5126円 (-68円)

01/29    5194円 (-42円)

01/28    5236円 (+34円)

01/27    5202円 (-35円)

01/26    5237円 (-61円)

01/23    5298円 (+66円) ※最高値

01/22    5232円 (-27円)

10日間の金平均価格相場:5,195円/g



【パラジウム相場】3日のNYパラジウム相場は反落。中心限月の3月限は1トロイオンス786.00ドル(-2.00ドル)と、小幅ながら3営業日ぶりに値を下げて取引きを終了。この日の貴金属市場は金・パラジウムが値を下げ、銀・プラチナが上昇するなど売り買いまちまち。パラジウムは序盤、前日上伸した流れを引き継ぎ買いが先行。また、この日発表された独の1月自動車販売数が前年同月比で+2.4%増加した事や、外為市場ではドルがユーロに対して軟調に推移した事からも割安感から買われ上げ幅を拡大した。しかしその後は、ギリシャ債務に関する懸念がやや緩和した事を背景に金や、プラチナなど他貴金属が軟調に推移。パラジウムもつられる形で上げ幅を縮小したほか、米製造業受注指数が低水準な内容となった事が相場の重しとなり売りが優勢となった。ただ、依然としてウクライナ情勢の先行き懸念から、買い戻す動きも見られ下げ幅は小幅となった。

国内のパラジウム相場は海外相場が小幅ながらマイナスに転じた事を受けて反落。買取では1gあたり3,154円(-5円)と、小幅に値を下げ反落となりました。

《直近10営業日のパラジウム相場価格推移》

02/04   3154円 (-5円)

02/03   3159円 (+70円)

02/02   3089円 (-32円) ※最安値

01/30   3121円 (-70円)

01/29   3191円 (+54円) ※最高値

01/28   3137円 (0円)

01/27   3137円 (+10円)

01/26   3127円 (-16円)

01/23   3143円 (+43円)

01/22   3100円 (-48円)

10日間のパラジウム平均価格相場:3,136円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:15現在の金相場は1トロイオンス1261.85ドル、パラジウムは788.40ドル、為替は1$117円90銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年02月04日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取り価格35,050円(-150円)、その他の歯科用12%金パラの買取り価格は34,650円(-150円)、開封品の金パラジウム買取り価格が1,092円(-5円)と、本日地金の金・パラジウムが共に値を下げた事から金パラも反落し、マイナスに転じました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年02月04日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金5,105円(-42円)、パラジウム3,154円(-5円)、銀69.66円(+0.43円)、プラチナ4,977円(+21円)と、国内貴金属はまちまち。金は前日の海外相場安を映して続落し、先月16日相場以来およそ2週間ぶりの安値へ。パラジウムは前日急伸した反動から小幅に値を下げマイナスに転じました。一方、銀・プラチナは堅調に推移し、銀は3営業日続伸。再び70円圏内まで値を伸ばすなど上伸し、プラチナも昨日の下げ幅をほぼ値戻しプラスに転じました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4884件 3551~3555件目を表示