相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5713件 351~355件目を表示

2018年04月12日18:05現在の金・パラジウム・為替相場

18:05現在の金相場は1トロイオンス1348.90ドル、パラジウムは942.75ドル、為替は1$106円89銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年04月12日リスク回避姿勢の高まりから金は一段高へ↑また、パラジウムも堅調地合いを維持し3日上伸。

【金相場】11日のNY金相場は、米国がシリアへのミサイル攻撃を計画しているとロシアに警告したことから地政学的緊張が高まり買いが活発化。中心限月の6月限は1トロイオンス1360.00ドル(+14.10ドル)と、4営業日続伸し、中心終値では1月下旬以来およそ2ヶ月半ぶりの高値で取引きを終了。また、4日間の上げ幅は+31.50ドル(+2.3%)となった。米国などによるシリアへの武力行使の可能性が高まっており、中東地域における地政学的リスクの増大や、ロシアとの対立懸念を意識して安全逃避の買いが活発となり、金は序盤より買いが先行した。また、ドルが軟調となったほか、米国株の反落や、米長期金利の低下も金相場の上昇を後押し。買いが進んだ金商品は一時1369.40ドルと、16年8月上旬以来(約1年8ヶ月ぶり)の高値まで値を伸ばす場面もあった。なお、通常取引き終了後に公表された、米FRBの3月米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では「今後数年、財政政策が成長を大きく促進する」、「ほぼ全ての金融当局者が漸進的な利上げが適切と判断している」との記述が含まれており、利上げ継続の方針が再確認されているとされ、時間外取引では金買いは一服する展開となった。

国内の金相場は、リスクオフの流れから強気地合いを維持したNY相場を映して上伸。買取ベースでは1gあたり4,970円(+22円)と、3営業日続伸し上げ幅を拡大。連日で直近高値を上抜き、2月15日相場以来およそ2ヶ月ぶりの高値に値戻しました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

04/12   4970円 (+22円)

04/11   4948円 (+34円)

04/10   4914円 (+6円)

04/09   4908円 (-1円)

04/06   4909円 (+12円)

04/05   4897円 (+14円)

04/04   4883円 (-2円)

04/03   4885円 (+32円)

04/02   4853円 (-10円)

03/30   4863円 (-18円)

直近10日間の金相場平均価格:4,903円/g


【パラジウム相場】11日のNYパラジウム相場は、米国とロシア間を巡って対立の深刻化が意識されたほか、ドル安進行や、金の急騰につられ買いが活発化。中心限月の6月限は1トロイオンス960.95ドル(+11.20ドル)と、3営業日続伸し、中心終値では3月28日相場(約2週間)ぶりの高値に戻して取引きを終了。なお、3日間の上げ幅では65.80ドル(+7.35%)に達した。この日のパラジウムは、急伸した前日相場の流れを引き継いで、序盤より買いが先行した。また、米国が6日、ロシアに対して追加制裁措置を発動したことを受け、テクニカル要因による買いが活発化。ドル安や他貴金属の上昇に加えて、米国がシリアへのミサイル攻撃を計画しているとロシアに警告したことから、益々両国の溝が深まるとの警戒感が買いを促し、相場は一時964ドル超まで値を伸ばす場面もあった。その後、米国株が下げ幅を広げた事で上値を重くするも概ね強地合いを維持し、そのまま高値圏で引けた。パラジウム供給の4割強がロシアで生産されている事から、市場では今後の供給不安が懸念視されている。

国内のパラジウムは、供給先行き懸念を背景にNY相場が一段高に振れた事を映して上伸。買取では1gあたり3,515円(+32円)と、3営業日続伸し、3日間の上げ幅は+210円(+6%)と、上げ幅を拡大。前日同様に3月29日相場(約2週間)ぶりの高値回復となりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

04/12   3515円 (+32円)

04/11   3483円 (+86円)

04/10   3397円 (+92円)

04/09   3305円 (-11円)

04/05   3316円 (-59円)

04/05   3375円 (±0円)

04/04   3375円 (+5円)

04/03   3370円 (-86円)

04/02   3456円 (±0円)

03/30   3456円 (-70円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:3,405円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。12:15現在の金相場は1トロイオンス1353.15ドル、パラジウムは957.20ドル、為替は1$106円89銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年04月12日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取価格39,200円(+100円)、その他の12%金パラの買取り価格は39,000円(+100円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1,134円(+12円)と、本日地金の金が上伸し連日で直近高値(約2ヶ月ぶり)を上抜いたほか、パラジウムがテクニカル要因から上げ幅を拡大した事で、金パラも3営業日続伸と堅調地合いが継続。前日同様に月初の2日相場(およそ1週間半)ぶりの高値となりました。

現在、日相場の価格変動が激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年04月12日本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金4,970円(+22円)、パラジウム3,515円(+32円)、銀60.70円(+0.11円)、プラチナ3,436円(-11円)と、国内貴金属はプラチナを除いて堅調地合いが継続。金はドル安や、リスクオフの流れを受けてNY相場が約2ヶ月半ぶりの高値となった事を映し、国内でも3営業日続伸し上げ幅を拡大。連日で直近高値を上抜き、2月15日相場以来およそ2ヶ月ぶりの高値となったほか、銀も3日上伸し2月27日(約6週間)ぶりの高値に回復。また、パラジウムも一段高となったNY相場高を受けて、国内でも堅調地合いを維持し3日続伸。前日同様に3月29日相場(約2週間)ぶりの高値となり、上げ幅を拡大する展開となりました。一方、プラチナは小幅安に転じ、5営業日ぶりに反落しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年04月12日11日 海外貴金属相場

【11日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1360.00ドル(+14.10ドル)

銀:1676.80セント(+17.20セント)

パラジウム:960.95ドル(+11.20ドル)

プラチナ:934.30ドル(+1.20ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5713件 351~355件目を表示