相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5922件 56~60件目を表示

2018年09月07日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取価格37,300円(-300円)、その他の12%金パラの買取り価格は37,100円(-300円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が976円(-12円)と、本日地金が揃って値を下げた事から、金パラも週間では初のマイナス圏に転じ反落。前日までの高値(7月13日相場以来およそ1ヶ月半ぶり)から値を落とし、5営業日ぶりに反落となりました。

現在、日相場の価格変動が激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年09月07日本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金4,572円(-30円)、パラジウム3,661円(-43円)、銀53.25円(-0.75円)、プラチナ3,019円(-9円)と、国内貴金属は総じて値を下げマイナス圏へ。金はNY相場では引き続き堅調に推移するも、為替が円高に傾斜した事を受けて国内では値を落とし反落。また、銀やパラジウム、プラチナもそれぞれ値を下げ、本日はマイナス圏での値動きとなりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年09月07日6日 海外貴金属相場

【6日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1204.30ドル(+3.00ドル)

銀:1418.10セント(-3.90セント)

パラジウム:962.10ドル(+0.90ドル)

プラチナ:790.90ドル(+6.60ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年09月06日18:55現在の金・パラジウム・為替相場

18:55現在の金相場は1トロイオンス1206.15ドル、パラジウムは971.55ドル、為替は1$111円32銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年09月06日国内金相場は反発し約1週間ぶりの高値に回復↑一方、パラジウムは利確売りに押されマイナス圏へ↓

【金相場】5日のNY金相場は、ドル安による割安感や金消費大国であるインドで需要増加の兆しを背景に買いが優り上昇。中心限月の12月限は1トロイオンス1201.30ドル(+2.20ドル)と小幅ながら反発し、1200ドル台に戻して取引きを終了。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る報道を受けて、外国為替市場ではポンド主導でドル安に振れたことが金に割安感を与え買いが先行した。また、ショートカバーや安値拾いの買いが入ったほか、インドの祝祭日(ディワリ)を意識した実需層からの買いもあって、相場は一時1204ドル超まで値を伸ばした。その後、ドル高一服を受けて上値を重くするも、世界的な貿易摩擦問題への警戒感が下支えとなり、この日はプラス圏で取引きを終えた。

国内の金相場は、買い優勢となったNY市場を映して上昇。買取ベースでは1gあたり4,602円(+27円)と、8月30日相場以来およそ1週間ぶりの高値に戻し、同日ぶりに4,600円台へ回復しました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

09/06  4602円 (+27円)

09/05  4575円 (-12円)

09/04  4587円 (+1円)

09/03  4586円 (+5円)

08/31  4581円 (-53円)

08/30  4634円 (+35円)

08/29  4599円 (-35円)

08/28  4634円 (+15円)

08/27  4619円 (+78円)

08/24  4541円 (-12円)

直近10日間の金相場平均価格:4,596円/g


【パラジウム相場】5日のNYパラジウム相場は、ドル安による買いも見られたが、利益確定売りが出た事で続落。中心限月の12月限は1トロイオンス961.20ドル(-6.30ドル)と、マイナス圏で取引きを終了。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る報道を受けて、外国為替市場ではポンド主導でドル安に振れたことが割安感につながり序盤は買いが先行した。ただ、世界的な貿易摩擦問題の行方は依然予断を許さず、警戒ムードも漂っていたため、積極的な上値追いとはならず次第に勢いは失速。加えて、このところの高値推移(6月中旬相場以来およそ2ヶ月半ぶり)から、利益確定を目的とした売りも見られ、相場はマイナス圏に沈下した。
北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉をめぐり、米国とカナダは5日に2国間協議を再開。週内にはトランプ米政権が中国からの輸入品2000億ドル相当に第3弾の追加関税を発動する構えを見せている事から、警戒様子見ムードが広がった。

国内のパラジウムは、利確売りに押されたNY相場を映して反落。買取では1gあたり3,704円(-17円)と、前日の高値(6月19日相場およそ2ヶ月半)から一服となりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

09/06  3704円 (-17円)

09/05  3721円 (+22円)

09/04  3699円 (-5円)

09/03  3704円 (+32円)

08/31  3672円 (+22円)

08/30  3650円 (+91円)

08/29  3559円 (-32円)

08/28  3591円 (+38円)

08/27  3553円 (+92円)

08/24  3461円 (-17円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:3,631円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。14;10現在の金相場は1トロイオンス1199.20ドル、パラジウムは965.70ドル、為替は1$111円37銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5922件 56~60件目を表示