相場情報 金パラ買取.com

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5795件 261~265件目を表示

2018年06月01日歯科用12%金パラ-今週5営業日の値動き

本日地金の金は小幅安に振れ反落したものの、パラジウムが上昇し続伸した事から、金パラもプラス圏で推移し上伸。GC キャストウェル M.C.の買取り価格38,200円(+100円)、その他の12%金パラの買取り価格は38,000円(+100円)

今週5営業日の金パラは、週初め28日はパラジウムが3営業日ぶりに反発したことから、金パラもプラスに転じ4営業日ぶりに反発してスタート。翌29日と30日には海外相場の値動きや、為替動向から下げに転じ、週末にかけて再度プラス圏に転じるなど、値動きの荒い展開となりました。

週間5日間では値を上げた日が3日(28日・31日・1日相場)、下げた日が2日(29日・30日相場)となり、週間高値は38,300円(28日:キャストウェルベース)、安値は37,900円(30日相場)となり、平均価格は38,150円/個と、前週平均38,520円に対して-370円/個と、2週連続マイナス推移となりました。5日間の値動きは以下の通り。

《今週5営業日の12%金パラ価格推移(キャストウェルベース)》

06/01   38200円 (+100円)

05/31   38100円 (+200円)

05/30   37900円 (-350円)

05/29   38250円 (-50円)

05/28   38300円 (+100円)

5営業日の金パラ相場(平均):38,150円
前週平均比:-370円/個


2017年1月~2018年6月現在までの値動きは以下の通り。※キャストウェルベース

(2017年 1月)
最高値:34,500円(01/23相場)
最安値:32,900円(01/27相場)
平均価格:33,778円


(2017年 2月)
最高値:34,750円(02/16相場)
最安値:33,350円(02/06相場)
平均価格:34,070円


(2017年 3月)
最高値:34,600円(03/02相場)
最安値:33,400円(03/15相場)
平均価格:34,075円


(2017年 4月)
最高値:34,750円(04/28相場)
最安値:33,500円(04/19相場)
平均価格:34,228円


(2017年 5月)
最高値:34,800円(05/16相場)
最安値:33,650円(05/19相場)
平均価格:34,325円


(2017年 6月)
最高値:36,050円(06/23相場)
最安値:34,800円(06/01相場)
平均価格:35,566円


(2017年 7月)
最高値:36,400円(07/31相場)
最安値:35,350円(07/07相場)
平均価格:35,880円


(2017年 8月)
最高値:37,800円(08/31相場)
最安値:36,250円(08/07相場)
平均価格:36,900円


(2017年 9月)
最高値:39,000円(09/04相場)
最安値:37,700円(09/11相場)
平均価格:38,265円


(2017年 10月)
最高値:39,800円(10/16相場)
最安値:38,050円(10/03相場)
平均価格:39,160円


(2017年 11月)
最高値:41,200円(11/29相場)
最安値:40,000円(11/01相場)
平均価格:40,750円


(2017年 12月)
最高値:42,150円(12/29相場)
最安値:40,600円(12/06相場)
平均価格:41,455円


(2018年 1月)
最高値:43,050円(01/16相場)
最安値:41,200円(01/31相場)
平均価格:42,425円


(2018年 2月)
最高値:41,500円(02/27相場)
最安値:39,650円(02/09相場)
平均価格:40,655円


(2018年 3月)
最高値:40,900円(03/01相場)
最安値:39,350円(03/30相場)
平均価格:40,145円


(2018年 4月)
最高値:40,000円(04/19相場)
最安値:38,400円(04/09相場)
平均価格:39,155円


(2018年 5月)
最高値:39,100円(05/11相場)
最安値:37,900円(05/30相場)
平均価格:38,526円

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年06月01日NY市場の値動きを映して、国内貴金属はまちまちの展開に↑↓

【金相場】31日のNY金相場は、イタリア政局混乱への過度な警戒感が後退する中、安全資産としての需要は後退し小反落。中心限月の8月限は1トロイオンス1304.70ドル(-1.80ドル)と、マイナスサイドに転じて取引きを終了。この日の金相場は、イタリアなどの政局不安が一先ず落ち着きを見せる中、安全資産として買われていた金は売りが先行し安寄りした。一方、外国為替市場ではユーロが反発し、ドルが下げた事で、金は割安感から買いが入り売り買いが交錯。通常取引開始直後はプラス圏に浮上する場面もあった。ただ、発表された4月の米個人消費支出(PCE)と、PCE物価指数の統計が、良好な結果となり6月の利上げを後押しする内容だったことから、金には圧迫材料となり、相場は一時売り優勢に傾いた。ただ、トランプ米政権はこの日午前、3月下旬に発動した鉄鋼とアルミニウムの輸入制限について、一時的に適用を除外していた欧州連合(EU)、カナダ、メキシコに対する追加関税の発動を6月1日以降に実施すると発表した事で、世界的な貿易摩擦に対する懸念が再燃したことから、安値では買い拾われ下値は限定的となった。

国内の金相場は、小幅安となったNY相場を映して小反落。買取ベースでは1gあたり4,872円(-5円)と、マイナス圏で推移し反落しました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

06/01   4872円 (-5円)

05/31   4877円 (+13円)

05/30   4864円 (-30円)

05/29   4894円 (-15円)

05/28   4909円 (-10円)

05/25   4919円 (+20円)

05/24   4899円 (-42円)

05/23   4941円 (+1円)

05/22   4940円 (+4円)

05/21   4936円 (+7円)

直近10日間の金相場平均価格:4,905円/g


【パラジウム相場】31日のNYパラジウム相場は、イタリアの政局不安の過度な警戒感緩和からかいが入り上伸。中心限月の9月限は1トロイオンス981.70ドル(+6.70ドル)と、プラス圏で推移し続伸して取引きを終了。イタリアで連立政権発足の可能性が再浮上し、再選挙を回避できるとの観測が広がった事で、過度な先行き不安が後退したほか、外国為替市場ではユーロ高・ドル安が進んだ事も買い材料となり、パラジウムは序盤より堅調に推移した。一方、米政府が「EU、カナダ、メキシコに鉄鋼・アルミに対する輸入関税を適用する」と発表し、米国通商問題を嫌気する形で、欧米株価が軒並み下落。パラジウムも一時売り戻しに転じる場面もあったが、押し目を買われプラスサイドで取引きを終えた。

国内のパラジウムは、堅調地合いが継続したNY相場高を映して上伸。買取では1gあたり3,677円(+21円)と、プラス圏で推移し続伸しました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

06/01   3677円 (+21円)

05/31   3656円 (+27円)

05/30   3629円 (-43円)

05/29   3672円 (±0円)

05/28   3672円 (+27円)

05/25   3645円 (-22円)

05/24   3667円 (-81円)

05/23   3748円 (+6円)

05/22   3742円 (+75円)

05/21   3667円 (-32円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:3,678円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。13:00現在の金相場は1トロイオンス1301.25ドル、パラジウムは981.65ドル、為替は1$109円16銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年06月01日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格38,200円(+100円)、その他の12%金パラの買取り価格は38,000円(+100円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1,082円(+3円)と、本日地金の金は小幅安に転じたものの、パラジウムが堅調に推移し上伸した事から、金パラもプラス圏で推移し続伸しました。

現在、日相場の価格変動が激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年06月01日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金4,872円(-5円)、パラジウム3,677円(+21円)、銀61.02円(-0.22円)、プラチナ3,408円(+10円)と、国内貴金属はNY市場の値動きを映して、まちまちの展開に。金はリスクオフ一服を受けてNY相場が小幅安に転じた事を映して、国内でも小反落したほか、銀もマイナスサイドに転じて反落。一方、白金族のパラジウム・プラチナはNY相場高を受け、それぞれ上伸し堅調に推移しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年06月01日31日 海外貴金属相場

【31日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1304.70ドル(-1.80ドル)

銀:1645.80セント(-8.60セント)

パラジウム:981.70ドル(+6.70ドル)

プラチナ:910.10ドル(+1.60ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5795件 261~265件目を表示