相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数4763件 3616~3620件目を表示

2014年12月10日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取り価格35,650円(+200円)、その他の歯科用12%金パラの買取り価格は35,250円(+200円)、開封品の金パラジウム買取り価格が1,109円(+7円)と、本日地金の金・銀・パラジウムが共に値を上げた事から、歯科用金パラも反発。昨日下げた値幅を戻し、再び直近高値と同額を付けました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年12月10日地金流通協会発表-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金5,039円(+54円)、パラジウム3,289円(+11円)、銀69.77円(+2.16円)、プラチナ5,092円(+7円)と、国内貴金属は前日の海外相場高を映して総じて上昇。金は海外相場がおよそ2か月半ぶり(10月22日来)の高値を付けた事を映して大幅続伸。3営業日続伸し、連日で直近高値を更新。昨日同様に昨年4月12日相場以来およそ1年8か月ぶりの高値を付け、買取では同日ぶりに大台の5,000円越え。銀も大幅に上値を伸ばし、70円圏内へ上伸しました。白金族のパラジウム・プラチナも共に堅調に推移し反発しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年12月10日9日 海外貴金属相場

【9日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1232.0ドル(+37.10ドル)

銀:1713.40セント(+85.80セント)

パラジウム:811.60ドル(+13.80ドル)

プラチナ:1246.80ドル(+17.40ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年12月09日パラジウムがマイナスに転じた事から、歯科用12%金パラも反落↓

本日地金の金は一段高を記録したものの、パラジウムが値を下げた事から、歯科用金パラは反落。GCキャストウェルM.C.の買取り価格は35,450円/個、その他の12%金パラの買取り価格は35,050円/個(共に前日比-200円)。

円安・ドル高の進行が一服した事や、前日の海外相場が値を下げた事を映し国内のパラジウム相場は反落。3営業日ぶりにマイナスに転じた事から、歯科用12%金パラも本日は値を下げており、昨日記録した過去最高値から反落となりました。
10月末より円安要因から地金が高騰しており、本日金はおよそ1年8か月ぶり(2013年4月12日相場来)の高値を更新、パラジウムは昨日およそ13年9か月ぶり(2001年2月23日来)の高値を上抜いた事から、金パラも高騰。昨日はキャストウェルでは35,650円を付けるなど過去最高値を更新しました。12月に入ってからも上昇ペースが一段と進み、月初来では本日までに1個当たり+900円と、率では+2.5%と、現在過去最高値水準で推移しております。

【12月現在の歯科用12%金パラの値動き(キャストウェルベース)】

12/09   35450円 -200円

12/08   35650円 +400円 ※最高値

12/05   35250円 -50円

12/04   35300円 +150円

12/03   35150円 +150円

12/02   35000円 +450円

12/01   34550円 -400円 ※最安値

12月現在の歯科用12%金パラ平均価格:35,193円/個


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年12月09日国内金相場は再び年初来高値を更新し一段高へ↑パラジウムは3営業日ぶりに反落↓

【金相場】週明け8日のNY金相場は反発。中心限月の2月限は1トロイオンス1194.90ドル(+4.50ドル)と、3営業日ぶりにプラスに転じて取引きを終了。アジア圏、ユーロ圏をはじめ世界的な景気減速懸念を背景に、この日の欧米株式相場が下落。投資家心理が弱気に傾いたとの見方から、安全資産として金に買いが入った。また、外為市場ではドルの上昇も一服した事から、金は割安感からも買われやすい地合いとなり、相場の支援材料となった。
10月のドイツ鉱工業生産指数は+0.2%と、前月値の+1.1%、予想の+0.4%を共に下回り低調な内容となった。また、中国税関総署が発表した11月の貿易統計では輸出が減速。このほか、日本の第3四半期実質GDP(国内総生産)の改定値が速報値から下方修正されたことも先行き不透明感を誘い、世界経済の成長減速が意識される内容となった。


国内の金相場は前日の海外相場高を映して続伸。買取ベースでは1gあたり4,985円(+18円)と2営業日値を伸ばし、最近付けた直近高値を更新。昨年4月12日相場以来およそ1年8か月ぶりの高値を付け、買取では5,000円圏内へ上伸しました。

《12月現在の金相場の値動き(買取ベース)》

12/09   4985円 (+18円) ※最高値

12/08   4967円 (+16円)

12/05   4951円 (-17円)

12/04   4968円 (+73円)

12/03   4895円 (+3円)

12/02   4892円 (+186円)

12/01   4706円 (-115円) ※最安値

12月現在の金平均価格:4,909円/g




【パラジウム相場】週明け8日のNYパラジウム相場は反落。中心限月の3月限は1トロイオンス797.80ドル(-4.90ドル)と、3営業日ぶりに売りが優勢となりマイナス圏で取引きを終了。この日の貴金属市場はドルの上昇が一服した事から、パラジウムを除いて堅調に推移。パラジウムは欧州の自動車販売台数の減少や、アジア圏、欧州圏をはじめ世界的な景気減速懸念が改めて意識された事から相場を圧迫。また、最近上昇した反動から利益確定売りが出た事も下押し材料となり、この日は3営業日ぶりにマイナス圏に沈んだ。
中国や、欧州圏の経済指標が共に低調な内容となった事や、日本の第3四半期実質GDPの改定値が下方修正された事を受け、世界経済の先行き不透明感が改めて意識された事から、この日は米欧の株式相場が下落した。
独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が8日に発表した11月の世界販売台数は前年同月比4%減と、単月では今年最大の減少幅を記録。販売減の主な理由は、東欧や中南米の販売不振に加え、今月末の新型モデル投入による買い控えなどが理由としている。前月の10月は0.4%減、8月・9月の両月がほぼ横ばいだった。


国内のパラジウム相場はマイナスに転じた海外相場や、円安・ドル高の流れが一服した事を映して反落。買取では1gあたり3,278円(-48円)と、3営業日ぶりにマイナスに転じ、昨日記録したおよそ13年9か月ぶりの高値から反落しました。

《12月現在のパラジウム相場の値動き(買取ベース)》

12/09   3278円 (-48円)

12/08   3326円 (+75円) ※最高値

12/05   3251円 (0円)

12/04   3251円 (-11円)

12/03   3262円 (+38円)

12/02   3224円 (0円)

12/01   3224円 (-5円) ※最安値

12月現在のパラジウム平均価格:3,259円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:30現在の金相場は1トロイオンス1202.80ドル、パラジウムは801.20ドル、為替は1$120円73銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4763件 3616~3620件目を表示