相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数4890件 196~200件目を表示

2017年09月29日18:05現在の金・パラジウム・為替相場

18:05現在の金相場は1トロイオンス1289.45ドル、パラジウムは937.20ドル、為替は1$112円55銭前後の値動きで推移しております。

明日土曜日は当社定休日の為、お休みとなります。週明け月曜日の相場動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2017年09月29日歯科用12%金パラ-今週5営業日の値動き

本日地金が全体的に小動きな展開となった事から、12%金パラは前日比変わらずの横ばい。GC キャストウェル M.C.の買取り価格38,500円(±0円)、その他の12%金パラの買取り価格は38,300円(±0円)

今週5営業日の金パラは、パラジウムが概ねしっかりした動きとなった事から堅調に推移し上昇。週明け25日より金やパラジウムが上昇した事で、金パラも反発してスタートし、翌26日はパラジウムが値を落としたことで、金パラも前日の上昇分を戻し一旦反落。半ば以降では再度上昇に転じ、昨日28日は1週間半ぶり(19日相場)の高値に戻す展開となりました。

週間5日間では値を上げた日が3日(25日・27日・28日)、値を下げた日が1日(26日)、変わらなかった日が1日(29日)となり、週間高値は38,500円(28日・29日同額:キャストウェルベース)、安値は38,100円(26日)。
平均価格38,310円/個では、前週平均38,237円/個に対して1個あたり+73円と、小幅ながら値を上げ2週連続プラス推移となりました。(2週の上げ幅+200円)
なお、供給逼迫の観点からパラジウムの価格水準が切り上がった事で、12%金パラも今月4日には39,000円(キャストウェル)を付けるなど過去最高値を記録。月間ベースでは前月比+1,365円/個(+3.5%)の伸びとなり、過去最高値水準で推移した金パラは、昨年11月以降(11ヵ月)連続の上昇を記録しました。5日間の値動きは以下の通り。

《今週5営業日の12%金パラ価格推移(キャストウェルベース)》

09/29   38,500円 (±0円)

09/28   38,500円 (+350円)

09/27   38,150円 (+50円)

09/26   38,100円 (-200円)

09/25   38,300円 (+200円)

5営業日の金パラ相場(平均):38,310円
前週平均比:+73円/個



2016年1月~2017年9月現在までの値動きは以下の通り。※キャストウェルベース

(2016年 1月)
最高値:28,100円(1/5相場)
最安値:26,400円(1/13相場)
平均価格:27,181円


(2016年 2月)
最高値:28,300円(2/15相場)
最安値:27,300円(2/25相場)
平均価格:27,888円


(2016年 3月)
最高値:30,000円(3/23相場)
最安値:27,700円(3/1相場)
平均価格:29,343円


(2016年 4月)
最高値:30,050円(4/28相場)
最安値:27,850円(4/8相場)
平均価格:28,765円


(2016年 5月)
最高値:29,600円(5/12相場)
最安値:27,850円(5/26相場)
平均価格:28,934円


(2016年 6月)
最高値:28,650円(6/30相場)
最安値:27,550円(6/3相場)
平均価格:28,007円


(2016年 7月)
最高値:31,600円(7/28相場)
最安値:29,050円(7/1相場)
平均価格:30,335円


(2016年 8月)
最高値:31,400円(8/2相場)
最安値:30,000円(8/26相場)
平均価格:30,589円


(2016年 9月)
最高値:30,900円(9/29相場)
最安値:30,050円(9/16相場)
平均価格:30,518円


(2016年 10月)
最高値:31,050円(10/3相場)
最安値:29,550円(10/12相場)
平均価格:29,978円


(2016年 11月)
最高値:33,450円(11/30相場)
最安値:29,800円(11/4相場)
平均価格:31,738円


(2016年 12月)
最高値:33,900円(12/1相場)
最安値:31,950円(12/29相場)
平均価格:32,815円


(2017年 1月)
最高値:34,500円(01/23相場)
最安値:32,900円(01/27相場)
平均価格:33,778円


(2017年 2月)
最高値:34,750円(02/16相場)
最安値:33,350円(02/06相場)
平均価格:34,070円


(2017年 3月)
最高値:34,600円(03/02相場)
最安値:33,400円(03/15相場)
平均価格:34,075円


(2017年 4月)
最高値:34,750円(04/28相場)
最安値:33,500円(04/19相場)
平均価格:34,228円


(2017年 5月)
最高値:34,800円(05/16相場)
最安値:33,650円(05/19相場)
平均価格:34,325円


(2017年 6月)
最高値:36,050円(06/23相場)
最安値:34,800円(06/01相場)
平均価格:35,566円


(2017年 7月)
最高値:36,400円(07/31相場)
最安値:35,350円(07/07相場)
平均価格:35,880円


(2017年 8月)
最高値:37,800円(08/31相場)
最安値:36,250円(08/07相場)
平均価格:36,900円


(2017年 9月)
最高値:39,000円(09/04相場)
最安値:37,700円(09/11相場)
平均価格:38,265円


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、相場が大幅に値動く場合が御座います。為替相場との兼ね合いからも日相場の価格変動が非常に激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2017年09月29日国内貴金属はまちまちの展開に↑↓金は小幅に値を下げ3日続落した一方、パラジウムは3営業日続伸し3週間ぶりの高値に回復。

【金相場】28日のNY金相場は、ドル高一服による値ごろ感や、安値を買われ小高く推移。中心限月の12月限は1トロイオンス1288.70ドル(+0.90ドル)と、ほぼ横ばい圏ながら小反発して取引きを終了。この日は、外国為替市場でドル買い・ユーロ売りが先行していたことから、早朝まではドル高に圧迫され金は軟調に推移していた。また、トランプ米大統領が前日、連邦法人税率の大幅な引き下げなどを盛り込んだ新たな税制改革案を発表。大型減税による景気浮揚への期待が台頭したことなども、安全資産とされる金には下押し圧力がかかった。しかし、その後はショートカバーや安値拾いの買いなどが入り、金相場は小幅ながらプラス圏に浮上。発表された雇用関連の指標がやや悪化したことで、外為市場では未明からドルが売り戻され、ドル建てで取引される金商品に割安感が生じたことも買い材料となったほか、北朝鮮や中東地域をめぐる地政学的リスクがくすぶっていることも安全資産とされる金買いを後押し、この日は小幅高で取引きを終えた。

国内の金相場は、NY市場では小幅ながら買われるも、為替要因から小幅に値を下げ3営業日続落。買取ベースでは1gあたり4,987円(-3円)と、小動きながらマイナス圏での値動きとなりました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

09/29   4987円 (-3円)

09/28   4990円 (-5円)

09/27   4995円 (-34円)

09/26   5029円 (+25円)

09/25   5004円 (+6円)

09/22   4998円 (-24円)

09/21   5022円 (-10円)

09/20   5032円 (+12円)

09/19   5020円 (-25円)

09/15   5045円 (+24円)

直近10日間の金相場平均価格:5,012円/g


【パラジウム相場】28日のNYパラジウム相場は、ドル高一服による割安感や、株高などが好材料となり上伸。中心限月の12月限は1トロイオンス927.85ドル(+2.35ドル)と、3営業日続伸して取引きを終了。この日のパラジウムは、買いが優勢となった前日までの堅調な流れを引き継ぎ序盤より買いが先行した。ただ、前日まで買いが続いていた事から一部で利益確定の売りが出た事や、ドル高要因に圧迫され高値では売りも出るなど、売り買いが交錯する展開となった。その後は発表された米国の経済指標が冴えない内容となった事で、外為市場ではドル買いが一服。ドル建てのパラジウムは他貴金属同様に買い戻しが入ったほか、堅調となった米国株を好感し、一時937.15ドルまで上げ幅を拡大する場面もあった。ただ、ドルの値動きや、引き続き地政学リスクが意識され、買い一巡後は上げ幅を縮小した。
この日のNYプラチナの清算値は925.70ドル(+0.20ドル)となり、パラジウム(927.85ドル)との価格差は2.15ドル。自動車販売のトレンドを反映し、主にガソリン車の排ガス浄化装置に利用されるパラジウムの供給が今後も逼迫すると予想される一方、ディーゼル車の排ガス低減に利用されるプラチナ需要が後退している事から27日のNYパラジウムと、NYプラチナの価格が約16年ぶり(2001年9月13日相場来)に逆転。パラジウムは今年に入って36%上昇した一方、プラチナは約2%の値上がりにとどまっている。

国内のパラジウムは、引き続き買いが優ったNY相場を映して上伸。買取では1gあたり3,586円(+6円)と3営業日続伸し、5日相場以来およそ3週間ぶりの高値に値戻しました。需給バランスの観点から清算値でのNY白金と、NYパラジウムの価格が16年ぶり(2001年9月13日相場来)に逆転。国内での両銘柄の価格も僅差となっており、本日時点で8円となっております。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

09/29   3586円 (+6円)

09/28   3580円 (+70円)

09/27   3510円 (+32円)

09/26   3478円 (-54円)

09/25   3532円 (+27円)

09/22   3505円 (±0円)

09/21   3505円 (+22円)

09/20   3483円 (-81円)

09/19   3564円 (+86円)

09/15   3478円 (-58円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:3,533円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:25現在の金相場は1トロイオンス1286.75ドル、パラジウムは937.05ドル、為替は1$112円59銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2017年09月29日本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格38,500円(±0円)、その他の12%金パラの買取り価格は38,200円(±0円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1,205円(±0円)と、本日地金が総じて小動きな展開となった事から、12%金パラも前日比変わらずの横ばいとなりました。

現在、日相場の価格変動が非常に激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2017年09月29日本日の地金価格-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,987円(-3円)、パラジウム3,586円(+6円)、銀64.80円(+0.10円)、プラチナ3,594円(-3円)と、国内貴金属は金・プラチナは小幅に値を下げた一方、銀・パラジウムは堅調地合いを維持し上伸するなどまちまち。。金はNY相場では小幅高に振れたものの、為替動向から国内ではマイナス圏で推移し3営業日続落。一方、銀やパラジウムはそれぞれ小動きながらプラス圏で推移し上伸し、パラジウムは3営業日続伸。本日プラチナは小幅に値を下げ、小反落となりました。需給バランスの観点から清算値でのNY白金と、NYパラジウムの価格が16年ぶり(2001年9月13日相場来)に逆転。国内での両銘柄の価格も僅差となっており、本日時点で8円となっております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4890件 196~200件目を表示