相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数4890件 3601~3605件目を表示

2015年01月26日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金5,237円(-61円)、パラジウム3,127円(-16円)、銀74.09円(-0.43円)、プラチナ5,136円(-57円)と、国内の貴金属は前日の海外相場に利益確定売りが出た事や、為替が円高に振れた事を映して反落。金・銀・パラジウム・プラチナがそれぞれ値を下げ、前営業日に付けた直近高値からマイナスに転じました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年01月26日先週末23日 海外貴金属相場

【23日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1292.60ドル(-8.10ドル)

銀:1830.0セント(-6.0セント)

パラジウム:774.10ドル(+1.80ドル)

プラチナ:1268.70ドル(-16.10ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年01月23日18:00 現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1296.20ドル、パラジウムは773.45ドル、為替は1$118円31銭前後の値動きで推移しております。

週明けの相場動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年01月23日歯科用12%金パラ-今週5営業日の値動き

本日地金が揃って値を上げ、中でも金が一段高を記録した事から歯科用金パラは急伸。GCキャストウェルM.C.の買取り価格は35,550円/個、その他の12%金パラの買取り価格は35,150円/個(共に前日比+450円)。

今週5営業日の金パラは、週初めより金相場が急騰した事から金パラも反発。前日まで2日続落し軟調に推移していた安値から値戻し3営業日ぶりにプラスに転じました。翌20日・21日も金やパラジウムが上伸した事を受けて金パラも3日続伸し、21日には金がおよそ1年9か月ぶり(2013年4月10日相場来)の価格水準まで高騰した事や、軟調に推移していたパラジウムが安値圏から持ち直した事を受けて金パラも急伸。最近の安値水準から相場は反転し、再び年初来高値を更新しました。昨日は週間では初めてマイナスに転じたものの、本日再び地金が高騰し金が過去20年来の高値を記録した事から金パラも急反発。先日21日に付けた年初来高値を再び上抜き、昨年末12月に記録した過去最高値圏内(キャストウェル:35,650円/個)まで価格水準を切り上げました。

週間では、値を上げた日が4日(19日・20日・21日・23日相場)、下げた日が1日(22日相場)となっており、金の急騰やパラジウムの地合い改善から12%金パラも安値圏から切り返し堅調に推移。5営業日の最高値は35,550円(23日相場:キャストウェルベース)、最安値は34,800円(19日相場)。5日間の平均価格では35,160円/個となっており、前週4日間の平均比(13日~16日:34,975円/個)では、1個あたり+185円(+0.5%)と、プラスで越週。また、先週末から本日までの上げ幅では1個当たり+1,000円と、率では2.8%高となっております。


《今週5営業日の12%金パラ価格推移(キャストウェルベース)》

01/23   35550円 (+450円)※最高値

01/22   35100円 (-300円)

01/21   35400円 (+450円)

01/20   34950円 (+150円)

01/19   34800円 +250円) ※最安値

5営業日の金パラ平均相場:35,160円/個
※前週平均比+185円/個(+0.5%)


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、相場が大幅に値動く場合が御座います。為替相場との兼ね合いからも日相場の価格変動が非常に激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年01月23日国内金相場が高騰↑直近高値を再び上抜き一段高へ。

【金相場】22日のNY金相場は反発。中心限月の2月限は1トロイオンス1300.70ドル(+7.00ドル)と、終値では昨年8月15日相場以来およそ5ヶ月ぶりの高値を更新して取引きを終了。序盤の金相場は欧州中央銀行(ECB)の政策決定発表を前に持ち高調整や、様子見ムードから売りが優勢となり軟調に推移。その後、ECBが市場予想を上回る規模の量的緩和(QE)を決定した事を好感され相場は一気に反転。弱基調で推移していた金は価値保存手段として買われプラス圏にのせた。また、外為市場ではおよそ11年ぶりの水準までドル高・ユーロ安が進行。ドル高にも関わらず金は上げ幅を伸ばし、しばらく抵抗値だった1300ドルを昨年8月15日相場ぶりに抜いてこの日の取引きを終えた。市場では25日に行われるギリシャ選挙の動向に関心が高まっている。
欧州中央銀行(ECB)は22日に開いた理事会で、国債を買い取る「量的金融緩和」に初めて踏み切る方針を決めた。3月から国債を含めたユーロ建ての資産の買い取りを月額600億ユーロ(約8兆円)の規模に拡大し、来年9月まで続ける見込み。ユーロ圏ではデフレ懸念が深まった事から景気と物価のテコ入れのために最後の切り札として温存してきた緩和策を今回初めて投入した。発表を受けて欧州株は7年ぶりの高値をつけたほか、ユーロ圏国債は軒並み利回りが過去最低を更新。また、外為市場ではユーロ安が進行。出口戦略を伺う米国との政策方針の違いから、対ドルではおよそ11年ぶりの安値を付けた。

国内の金相場は前日の海外相場高や、為替が円安に振れた事を映して反発。買取ベースでは1gあたり5,298円(+66円)と、先日21日に付けた直近高値(5,259円/g)を上抜いて過去20年来では最高値を記録しました。
ここ最近世界経済の先行き不安や、リスク回避姿勢の高まりを受けた逃避先需要として急騰している金は前日の海外相場では昨年8月15日相場以来およそ5ヶ月ぶりの高値を更新。海外相場が上昇している事に加え、国内では円安要因から金は年初来より上げ幅を拡大し、本日再び直近高値を上抜き買取では5,300円台圏内まで値を伸ばすなど過去20年来では最高値水準まで高騰しました。
今週5営業日では値を上げた日が3日(19日・21日・23日)、下げた日が2日(20日・22日)となっており、週初めから一段高を記録。途中、相場は上下したものの、上昇した日の上げ幅が大きく振れた事から価格水準を切り上げ、一段高で週間推移となりました。また、年初来では本日までに1gあたり+418円と、率では7.8%高で推移しております。

《本日までの1月金相場価格推移(買取)》

01/23  5298円(+66円) ※最高値

01/22  5232円(-27円)

01/21  5259円(+98円)

01/20  5161円(-3円)

01/19  5164円(+125円)

01/16  5039円(+63円)

01/15  4976円(-19円)

01/14  4995円(-18円)

01/13  5013円(+26円)

01/09  4987円(+8円)

01/08  4979円 (+11円)

01/07  4968円 (+21円)

01/06  4947円 (+40円)

01/05  4907円 (+27円) ※最安値

1月現在までの金平均価格:5,066円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:30現在の金相場は1トロイオンス1300.55ドル、為替は1$118円33銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4890件 3601~3605件目を表示