相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数8422件 1~5件目を表示

2021年01月26日16:35現在の金・パラジウム・為替相場

16:35現在の金相場は1トロイオンス1857.05ドル、パラジウムは2340.70ドル、為替は1$103円78銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年01月26日売り優勢となったNY相場を映し、国内貴金属は総じてマイナス圏での値動きに。

【金相場】週明け25日のNY金相場は、ドルの値動きを眺め売り買いが交錯するも3営業日続落。中心限月の2月限は1トロイオンス1855.20ドル(-1.00ドル)と、横ばい圏ながら小幅安で取引きを終了。外国為替市場ではドルが対ユーロで買われ、ドル建てで取引される金塊は割高感に圧迫された。ただ、26、27両日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて様子見ムードが広がっているほか、バイデン米政権と議会による1兆9000億ドル規模の新型コロナウイルス経済対策案をめぐる協議の行方を見極めたいとの思惑も強く、売り一巡後は買い戻す動きもあり、前日終値水準で引けた。

国内の金相場は、売り優勢となったNY相場を映し3日続落。買取ベースでは1gあたり6,753円(-14円)と、マイナス圏での値動きとなりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

01/26  6,753円 (-14円)

01/25  6,767円 (-30円)

01/22  6,797円 (-4円)

01/21  7,016円 (+1円)

01/20  6,725円 (+31円)

01/19  6,694円 (+69円)

01/18  6,625円 (-109円)

01/15  6,734円 (-3円)

01/14  6,737円 (-35円)

01/13  6,772円 (+24円)

10日間の金相場平均価格:6,741円/g



【パラジウム相場】週明け25日のNYパラジウム相場は、ドル高進行やリスク回避姿勢から売られ3日続落。中心限月の3月限は1トロイオンス2346.90ドル(-18.30ドル)と、マイナス圏で取引きを終了。民主党のシューマー上院院内総務がバイデン大統領の経済対策案について、議会通過は3月半ばまでを目指すとの考えを明らかにしたことや、米保健当局者が新型コロナウイルスワクチン接種の遅れについて懸念を表明したこともあって、市場ではリスク回避姿勢が台頭し株式相場が下落したほか、外国為替市場ではドル高が進んだ事も材料視され、パラジウムは序盤より軟調となった。一方、新型コロナウイルスワクチンの生産と効果的な供給を最重要事項と位置付けるバイデン新政権は24日に民主・共和両党の議員と電話会議を開催し、1.9兆ドル規模の追加経済対策を急ぐ方針で一致した。これを受けて過度なリスクオフムードが緩和し、やや買い戻されるも、翌26日から27日にかけて開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて様子見ムードから相場を重くし、結局マイナス圏で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、軟調となったNY相場を映し3日続落。買取では1gあたり8,470円(-61円)と、マイナス圏での値動きとなりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

01/26  8470円 (-61円)

01/25  8531円 (-110円)

01/22  8641円 (-22円)

01/21  8663円 (+39円)

01/20  8624円 (-22円)

01/19  8646円 (-22円)

01/18  8668円 (-143円)

01/15  8811円 (+104円)

01/14  8707円 (-5円)

01/13  8712円 (-6円)

01/12  8718円 (-66円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,647円/g


14:45現在の金相場は1トロイオンス1863.70ドル、パラジウムは2343.05ドル、為替は1$103円76銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年01月26日本日の金パラ価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格79,300円(-250円)、その他の12%金パラの買取り価格79,100円(-250円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が2,005円(-9円)と、本日地金が総じてマイナス圏で推移した事から、金パラも値を落とし3日続落となりました。

現在、貴金属は世界情勢や為替動向など様々な要因から価格変動が激しくなっており、金パラ相場も値動きが荒く乱高下する場合が御座います。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年01月26日本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金6,753円(-14円)、パラジウム8,470円(-61円)、銀91.30円(-0.55円)、プラチナ3,948円(-19円)と、国内貴金属は週明けのNY相場を映して、総じて軟調な展開が継続。金はNY相場が横ばい圏ながら小幅安で推移した事を映し、国内でも値を落とし3日続落したほか、銀も値を下げ続落。また、白金族のパラジウム・プラチナも共に値を落とし、パラジウムは3日続落、プラチナは続落する展開となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年01月26日週明け25日 海外貴金属相場

【25日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1855.20ドル(-1.00ドル)

銀:2548.40セント(-7.20セント)

パラジウム:2346.90ドル(-18.30ドル)

プラチナ:1104.70ドル(-6.90ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数8422件 1~5件目を表示